FC2ブログ


タイトル画像

香山リカのココロの万華鏡:情報から離れる勇気 

2019.08.07(08:00) 1760

次のような記事がありました。

その他 2019年7月24日 (水)配信毎日新聞社
香山リカのココロの万華鏡:情報から離れる勇気 /東京

 アニメを制作している京都の会社で火災が起き、たくさんの犠牲者が出た。原因は放火だという。あまりにひどい話だ。

 その夜、離れて住む私の母親が、電話で言った。「こわくてニュースが見られないの。見たほうがいいかしら」。私は、「お母さん、見なくていいよ」と答えた。

 災害や事件の衝撃的な映像や画像は、それだけで見る人に大きなショックを与える。とくに最近はスマホの普及などで生々しい動画が撮影されており、それがテレビのニュースで流れることもある。

 そういった映像のショックは、子どもや高齢者などでより大きくなると考えられる。私の母親は高齢のひとり暮らし、からだも弱ってきている。煙をあげて燃えるビルの映像を見てしまったら、恐ろしさのあまり何日も眠れなくなるかもしれない。

 そして、身内や友人でなくても、この会社が作ったアニメのファンの人たちは、強いダメージを心に受けていると思う。ニュースでも、取材に応えて「生きる意味を教えてくれた作品だったのに。残念です」と涙ぐむファンなどがいた。こういう人たちの心には、心の傷つまりトラウマが残るかもしれない。

 ネットで何人かの専門家が、「情報から離れる勇気を」と発信していた。本当にそうだと思う。好きなアニメの会社だからこそ、ニュースを追いかけ情報を集めなければと思う気持ちもあるだろうが、自分の心を少しでも守るためには、スマホを手放しテレビを切って、この火災のことから心身を離して休むことも忘れないでほしい。

 それは決して、事件から逃げているとか被害者のことを思っていない、ということにはならない。逆に「これからも良いアニメを大切にしたい」と思う人こそ、まずは自分を休ませ、心のダメージを少なくしておく必要があるのだ。

 それにしても、3年前には神奈川の施設に入所していた19人が殺害され、今度は34人の命が奪われた。「他人なんてどうなってもよい」と考えながら生きている人がいるのだとすれば、あまりに恐ろしく、そして悲しいことだ。

 今回の事件で犠牲になった人たちをいたみ、ご家族の気持ちが少しでもなぐさめられるよう祈りながら、「誰もが“生きててよかった”と思い、同時に他の人の命も大切にできるようにするには、どうすればいいのだろう」と答えの出ない問いを考え続けている。(精神科医)

640P8049579ムクゲ
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

「夏の体調トラブル 一挙解決!夜も警戒!熱中症」

2019.07.22(16:24) 1747

次のような記事がありました。

テレビ 2019年7月8日 (月)配信Live on TV
夜の熱中症
 テーマは夜「熱中症」。熱中症を発症した時刻を調べると、日が暮れた19時以降、明け方にも発症した人がいた。家の中が暑すぎて、夜の間も過ごして熱中症になっている。

 夜、熱中症を引き起こしたケースを紹介。昼間、日に当たった家の壁やベランダが熱を持ち、夜、室温を上げることがある。夜エアコンを使わない高齢者は多いが、夜中室温が高いケースも増えている。熱中症の症状には、軽症のめまい、立ちくらみなどの他、重症になると意識障害、ひきつけなどを引き起こす。去年は熱中症により、約1,500人が亡くなっており、約8割が高齢者だった。熱中症初期の症状には、めまい、立ちくらみなどがあるが、夏かぜ、疲れなどでも起こるため、見誤らず、早めに手を打つことが大事。夜、就寝中も脱水が進行している。

 熱中症になった時の対処法。寝ている時に症状を感じたら、失われた水分を補給し、熱くなった体を冷やすことがポイントとなる。もし日中、熱中症と思ったら、涼しい場所へ移動し安静にして、服を緩め、首筋など体を冷やし、経口補水液などで水分を取る。もし周りの人が熱中症になったら、まず意識があるかを確認、ない場合は早急に救急車を呼ぶ。救急車が10分以上来ないようなら、涼しい場所へ移動させる。意識がある場合、自分で水分を飲めない場合は医療機関を受診する。

 熱中症の予防。外出前に出先の気象情報をチェック、暑い時間帯の外出を避け、休憩時間を確保する。大事なのは水分、塩分をこまめに補給すること。病気で水分、塩分、糖分の摂取制限がある場合は、主治医に相談を。予防で一番大事なのはエアコンを利用すること。室温28℃、湿度70%を超えたら利用する。また窓際の日差しを遮るのも大切。

640P6158321n.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

良い眠りで認知症リスク減 自宅検査、生活改善も 「暮らしアイ」

2019.06.10(07:53) 1712

次のような記事がありました。

良い眠りで認知症リスク減 自宅検査、生活改善も 「暮らしアイ」
その他 2019年6月3日 (月)配信共同通信社
 良質な眠りで、認知症のリスクを減らそう―。就寝から入眠までの時間や睡眠中の心拍を自宅で手軽に測れる検査を、医療機関や薬局が始めた。睡眠障害は認知症の発症リスクを高めるとされている。検査結果をもとに治療を促したり、食事や運動など生活習慣の指導をしたりすることで睡眠の質改善につなげる。

 ▽寝言がやんだ

 「夫は認知症ではないでしょうか」。横浜市の「クリニック医庵」の診察室。妻が、傍らに座る70歳代の夫について医師に恐る恐る切り出した。

 不安の原因は、夫が大きな声で発する寝言だ。「レビー小体型」と呼ばれる認知症の初期症状の一つであることから、妻が疑いを持った。

 その後、画像診断で認知症ではないことが判明。だが、予防への意識が高く「今やれることはできるだけやりたい」と訴える夫妻に、医師は睡眠検査を提案した。

 検査は、センサーを内蔵した縦約30センチ、横幅約80センチのマットをクリニックが貸し出し、自宅のベッドに敷いて眠るだけ。自動で睡眠の長さや心拍、呼吸の回数など計11項目を計測してくれる。医療保険の適用はなく、1回約3500円だ。

 検査の結果、起床時刻に数時間の幅でばらつきがあり、就寝中に寝返りなど体を動かす回数も多かったことが分かった。睡眠のリズムを整えるため、看護師らが「毎朝同じ時間に起きる」「朝日を浴びながら15分ほど体を動かす」といった改善点を助言。睡眠の質が改善し、寝言もやんだ。

 ▽発症リスク2倍

 最新の研究によると、認知症発症の一因とされる脳の有害なタンパク質は、睡眠中に最も多く脳から排出されるという。

 一方、睡眠障害は認知症のリスクを高める。例えば、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は、発症率が2倍になるとの研究もある。無呼吸とは呼吸が10秒以上止まる状態で、一晩(7時間)に30回以上あるか、1時間に5回以上ある場合はSASと診断される。睡眠検査は、SASの補助診断としても有効だ。

 認知症に詳しい東京医科歯科大の朝田隆(あさだ・たかし)特任教授は「簡便な睡眠検査は、認知症予防の大きな武器となりうる。医師の指示を理解し、改善行動を実行できる年齢には限界があり、検査を受けるならなるべく早い時期が望ましい」と話す。

 ▽薬の飲み過ぎ抑制

 「睡眠検査のための通院はハードルが高い」という人向けに、かかりつけ薬局で同様の検査を実施する取り組みも始まる。

 中国地方を中心に展開する「オール薬局」(広島県呉市)は7月から、同市の薬局で検査を開始。広島市や岡山市内にある系列薬局のほか、投薬管理をしている島根県益田市のサービス付き高齢者住宅でも順次実施する。

 睡眠薬の中には、認知症状を助長する恐れのある成分を含む薬もあるため、同薬局の担当者は「睡眠検査を血液検査などと併用し不用意な投薬による認知症の悪化を防ぐとともに、薬の飲み過ぎの抑制にも役立てたい」としている。

参考文献
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36766690S8A021C1000000/

http://pha.medicalonline.jp/index/category?from=tmenu&catkind=0&catid=1-3-26-169

640IMG_3992nik_2019061006480099f.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 

2019.05.26(18:24) 1704

 次のような記事がありました。

肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 改善は運動、食事から「医療新世紀」
その他 2019年5月21日 (火)配信共同通信社
 生活習慣病である2型糖尿病は「太った人の病気」とのイメージが強いが、それは間違いらしい。日本を含むアジア人では、痩せた人でも欧米人より発症リスクが高いことが、各国の研究で分かってきた。体重や体格だけでは分からないリスクと、取るべき予防策について専門家に聞いた。

 ▽人種差

 2型糖尿病は進行はゆっくりだが、神経障害や腎臓病、目の網膜症など合併症が起きやすい。脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクも高まる。

 2型患者では、膵臓(すいぞう)から出て血糖値を下げるホルモン「インスリン」が不足したり、インスリンは出ているのに血糖値を下げる反応が悪くなる「インスリン抵抗性」が起こったりする。

 インスリン抵抗性は肥満や遺伝、運動不足、高脂肪食などによって高まるが、国立国際医療研究センターの植木浩二郎(うえき・こうじろう)糖尿病研究センター長は「そのメカニズムは複雑で、詳細はよく分かっていない」と言う。

 ただし、植木さんによると欧米人とアジア人で糖尿病発症率の違いが知られている。1960年代に米ハワイ州で白人より日系人の方が発症率が高いことが分かり、米本土の日系2世でも同様の傾向が明らかになった。

 脂肪のたまり方に差があるらしい。植木さんは「欧米人は皮下脂肪が厚いがインスリンの分泌も多く、多少太ってもインスリン抵抗性が低い人が多い。一方、アジア人は普通の体格や痩せた人でも同程度の体格の欧米人より発症リスクが高いとの見方が有力だ」と話す。

 ▽メタボ予備軍

 太っていない人の糖尿病の仕組みを研究している順天堂大代謝内分泌内科・スポートロジーセンターの田村好史(たむら・よしふみ)准教授らは、体格指数(BMI)が25未満である非肥満の日本人男性94人の協力を得て、全身のインスリンの効きを詳細に調べた。インスリンが正常に働けば、血液中の糖は筋肉に取り込まれて急減するが、健康と思われた人にもその働きが悪い人が多数いることが分かった。従来の「肥満によってインスリン抵抗性が表れる」という考え方とは異なる結果だ。

 効きの良い人と比べると、悪い人は「体脂肪率が高め」「皮下脂肪や肝臓の脂肪が多め」に加え「中性脂肪が多め」「脂肪を多く取る」「日常生活の活動量が少なめ」といった特徴が判明。肥満でなくても、メタボリック症候群の予備軍と言える状態になっていた。

 田村さんによると、近年はBMIに加えて、全身で筋肉や脂肪の割合を調べることが、糖尿病リスクを判断する上で重要だと指摘されている。

 ▽目指せ3キロ減量

 「運動不足などで血糖の多くを受け入れる筋肉に脂肪がたまると、インスリン抵抗性が起こる。これが続くと膵臓が酷使され、インスリンの分泌自体が悪くなる悪循環に陥りやすい」。こう話す田村さんは、太っていなくても筋肉に脂肪がたまった人は糖や脂質の代謝異常が起きやすいこと、痩せた女性では、筋肉が少なく脂肪がたまった人ほど高血糖のリスクが高いことなどの研究も発表している。

 植木さんは「親族に糖尿病の人がいるなど遺伝的背景がある人は特に気を付けたい。若い頃と比べて10キロ以上体重が増えた人も要注意」と話す。そういう人は、どう予防したらいいのか。植木さんが推奨するのは「まず3キロの減量を目指す」。若い頃の体重まで戻す必要はないそうだ。

 「皮下脂肪は"定期預金"、肝臓や筋肉の脂肪は"普通預金"です。たまりやすいが、取れやすい」。食事の改善と、日常の活動、運動を組み合わせるのが望ましい。歩数計の利用や、毎朝の体重測定も、やる気を維持するのに有効だという。

640P2143475.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発

2019.05.22(11:17) 1703

次のような記事がありました。

膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発 佐賀県工業大賞
大学 2019年5月21日 (火)配信佐賀新聞
 産業機械メーカーの大神(だいしん)(佐賀市)と佐賀大学が、特許技術を基に共同開発を進めてきた膝関節診断装置が第8回佐賀県工業大賞(県工業連合会主催)最高賞の知事賞を受賞した。屈伸時に軟骨が出すわずかな接触音を基に関節の不具合を数値化する新しい装置で、痛みが出る前に異常の進行具合が分かるなど活用が期待される。今後、医療や健康福祉分野での実用化を目指す。

 大神と佐賀大学の先端融合工学専攻のイスラム・カーン理工学部准教授、人工関節学の井手衆哉医学部准教授が研究を進めてきた。膝の周りに音を測るセンサーをつけて数回屈伸し、発生する音の大きさなどを数値化する。高齢化やスポーツで酷使して軟骨がすり減るなど異常が進むほどに数値が大きくなり、痛みを感じる前の初期段階でも“患者予備軍”が分かる。

 イスラム・カーン准教授は2012年から研究に取り組み、初期型に続き、県中小企業団体中央会の17年度補正ものづくり事業補助を活用して2号機を制作。角度をどれだけ曲げた部分で異常があるかや、センサーを6~8カ所につけて異常箇所を立体的につきとめる研究も進め、MRIやレントゲン画像と一致するまでに精度を上げることができたという。

 膝の診断には数億円のMRIなど高価な機材が必要だが、新技術の装置は1千万円程度で、さらに安価にできる見込み。放射線や電磁波を使わないため妊婦も診断でき、持ち運びして健診会場などでも使える。

 X線診断による膝関節症患者は2400万人といわれ、さらに増加が予想される。今後、医療用機器の認定を目指すと同時に、福祉施設やスポーツクラブなどでの幅広い活用を視野に入れている。大神の吉村正(ただし)社長は「痛みを感じる前に分かり、医療費削減にもつながるなど、社会貢献できるはず」と新技術に期待を寄せる。

640DSC_0971.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

こころの天気図:免疫と精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司

2019.02.20(21:53) 1640

次のような記事がありました。

こころの天気図:免疫と精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
その他 2019年2月20日 (水)配信毎日新聞社

 昨年の本庶佑(たすく)さんのノーベル医学生理学賞受賞で注目を集めた「免疫」は、精神不調との関わりも深い。その一つは精神不調がもたらす免疫機能への影響だ。うつ状態や疲労の蓄積は、免疫系の機能を低下させ抵抗力を落とすことが知られている。ストレスも免疫力を低下させる。

 このため、うつ状態では風邪をひきやすくなる。以前に感染し、普段は体の奥に潜んでおとなしくしているウイルスが悪さを始めることもある。例えば水ぼうそうウイルスは、強い神経痛を伴う帯状疱疹(ほうしん)という皮膚疾患を引き起こす。

 免疫機能低下は、がんのリスクも高める。普段なら体の細胞ががん細胞に変化しても免疫細胞が取り除いてくれるが、免疫機能が低下するとそれがうまくいかなくなる。

 また、緊張やストレスが高まると、それに負けないようもっと頑張ろうと体が自然と反応する。その際、コルチゾールなどのストレスホルモンの分泌が高まるが、これは免疫系の働きを抑制する作用がある。

 「頑張ろうとしているのに、何で?」と思うかもしれないが、免疫系は体と心がゆったりしている時にしっかりと働く。頑張りすぎて緊張している時は働きが鈍るのだ。ちなみにコルチゾールは皮脂を過剰に分泌させ吹き出物を増やすが、こういう時は免疫機能も落ちている。頑張りすぎは体にも心にも良くない。

 もう一つの大きな関わりは、感染やそれに伴う免疫反応が精神不調に影響する点だ。風邪をひいたり熱が出たりした時に眠たくなるのはその一例。感染への反応で免疫細胞の活動が高まり、免疫物質の分泌が増えることが原因だ。これは感染症を治すのに必要な反応であり、よく眠れば体の抵抗力も高まる。

 また、風邪やインフルエンザ感染では気分が落ち込みやすいが、これも免疫反応との関係である。風邪や感染が過労や疲労、うつ気分などで抵抗力が下がって起きている場合には、悪循環でうつ症状がより長引く可能性もある。無理せず予防に努めてほしい。

 特に注意が求められるのは妊娠中の女性だ。風疹で知られるように、妊娠中のウイルス感染は胎児の発達に影響する可能性も否定できない。本人だけでなく、感染源となり得る周りの人たちも、ワクチン接種を含めた注意が必要である。

 一部の精神疾患では、インフルエンザ大流行の年に生まれた子はわずかながらリスクが高まる可能性も報告されている。手洗いやうがいの励行など、予防の大切さを知っておこう。

640P2132608.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

香山リカのココロの万華鏡:最後に信じるのは自分 

2019.01.22(23:10) 1633

 次のような記事がありました。
2019年1月22日 (火)配信毎日新聞社

 ベテランの先生におもしろい話を聞いた。「家族が全員インフルエンザ。自分も寒気がして高熱が出てきた」とやって来た患者さんに「ああ、インフルエンザですね」と薬を出そうとしたら、「検査はしないのですか」と言われたというのだ。

 「症状や状況から考えて、インフルエンザにかかっていないとは思えないですよね」とそのドクターは笑っていた。私もそう思う。でも、いまは鼻の奥に綿棒を突っ込むあの検査がどこでもできるようになり、誰もが「検査で陽性が出て、初めてインフルエンザ」と思うようになってしまったのだろう。


 スマホでSNSを使っていてもそうだ。自分で「よく撮れたな」と思って写真を投稿しても、多くの人たちから「いいね」のボタンが押されるまで、本当に良い写真なのか、確信が持てない。50人から「いいね」がついて初めて、他の人にも「見て、この写真。なかなかすてきでしょう」などと自信を持って見せることができるようになる。我ながらおかしな話だな、と思う。


 検査で陽性が出るかどうかより、本人の症状や医者の経験のほうがまずは信用できるはず。SNSで多くの人から「いいね」がつくかどうかより、自分で「これはいい写真」「ぜひ伝えたい意見」と思えるほうが大切なはず。それなのにいつの間にか、私たちは「誰かからの承認」を求めるようになった。

 でも、いつもそういう「誰か」がいるわけではない。病気でも、周りに検査の設備などがなく、医者と患者で「こういう病気になっているかも」と考えて決めなければならない場面もある。

 絵や写真にしても、みんなが「これよりそっちのほうがいいよ」と言っても、「私が好きなのはこれ」と思うことはあるはずだ。もしかすると、周りの人たちに「それは違う」と言われても、「私はこうしたい」と自分の意見を主張しなければならないことだってあるかもしれない。

 誰かが「それで正解」「これでいいんですよ」と承認してくれなくても、私は私の思いを大切にしたい。いまの世の中、これは簡単なことではない。

 医者としてはもちろん検査などもきちんと行って、正しい診断をするようにするつもりだが、ひとりの人間として「最後に信じるのは自分」を忘れないようにしたい。そうは言いつつ、「外の天気は」と窓から空を見上げる前に、スマホで天気予報を調べてしまう私である。「自分で考える」のは本当にむずかしい。(精神科医)

     480P1142326.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

血液で早期大腸がん診断 島津製、19年開始目指す

2018.11.22(22:46) 1608

 次のような記事がありました。

血液で早期大腸がん診断 島津製、19年開始目指す
その他 2018年11月21日 (水)配信共同通信社
 島津製作所は、患者の血液を分析することで早期に大腸がんを見つける診断技術を開発した。10月から京都市の病院で試験的に導入を始めており、2019年にも検査サービスを始め、数年内の全国展開を目指す。

 新たな検査は同社の高精度の分析機器を使い、血液中のアミノ酸や脂肪酸など8種類の物質を測定。それらの含有量や構成比などから、がんの有無を判定する。費用は数万円となる見込み。

 現在の大腸がん検査は検便法が一般的で、痔(じ)などでも陽性と判定されることがあるが、同社の技術ではこれまで早期段階を含む大腸がんを96%の正確さで判定できたという。

 検査対象は今後、乳がんや膵臓(すいぞう)がんにも広げる方針で、島津製作所は「高齢化や医療費の増加で早期発見のニーズが高まっている。分析技術の強みを生かして貢献したい」としている。

 島津製作所は主力事業の研究機関向け分析機器で培った技術を先端医療にも活用することで、一段の収益拡大を目指す。尿や血液から早期にがんを見つける技術は日立製作所や東レも開発しており、新たな成長事業として注目されている。

PB201455 (3)aosagi

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

認知症予備軍 血液で検査 リスク軽減へ導入進む

2018.11.21(19:32) 1607

 次のような記事がありました。

認知症予備軍 血液で検査 リスク軽減へ導入進む
その他 2018年11月20日 (火)配信大分合同新聞
 認知症予備軍といわれる軽度認知障害(MCI)を血液で判別できる最新の検査法の導入が進んでいる。MCIの段階で生活習慣の改善をすることで、認知症リスクの軽減につながるとされていて、新たな検査法が早期発見につながると期待されている。

 認知症で最も多いアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドベータペプチド(タンパク質)が長時間かけて蓄積することで発症するとされる。患者数は2025年に700万人になるとみられ、65歳以上の5人に1人が発症するといわれている。薬で進行を遅らせることができるが根治的な治療法は確立してない。

 血液検査は筑波大学発ベンチャー企業「MCBI」が開発した「MCIスクリーニング検査」。少量の血液を採取し、アルツハイマー病の原因物質といわれているアミロイドベータペプチドを排除する働きを持つ三つのタンパク質の量を測定する。結果は2~3週間かかり、リスクを4段階で評価する。MCBIに出資している太陽生命によると、大分県内では九つの医療機関で受診でき、費用は2万円前後。

 MCIの段階では物忘れや判断力の低下は見られるが日常生活に支障がない。放置すると4年で約4割の人が認知症に進行するとされ、早期発見が重要。(1)1日7千~8千歩の歩行や1日20分以上の運動(2)料理やパズルなどの知的運動(3)社会での交流(4)規則正しい食生活と睡眠―など生活習慣の見直しで改善する例も報告されている。

640PA062695.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

週7回入浴で介護リスク減 千葉大、高齢者調査

2018.11.15(21:30) 1604

次のような記事がありました。

大学 2018年11月13日 (火)配信共同通信社
 1週間に7回以上湯船につかって入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて要介護認定のリスクが約3割減少するとの調査結果を千葉大などの研究グループが12日、発表した。入浴によるリラックス効果が認知機能低下や抑うつの予防につながっている可能性があるという。

 グループの近藤克則(こんどう・かつのり)千葉大教授は「長時間労働の人が多く、喫煙率の高い日本人が長寿であることは国際的に謎だと言われているが、入浴の文化が一つの要素として明らかになったのではないか」と話す。

 調査は2010年8月~12年1月、北海道や愛知県などの18自治体で要介護認定を受けていない65歳以上の男女計約1万4千人を対象に実施。夏と冬それぞれの入浴頻度や生活習慣を尋ね、約3年間の追跡調査でその後の状況を調べた。

 調査期間中に新たに要介護認定を受けた人は約1200人。夏に週7回以上入浴していた人は週0~2回の人より要介護認定のリスクが約28%減り、冬の入浴でも約29%減った。湯船につからず、シャワーを浴びるだけの場合は含めなかった。

640PB073124.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
健康
  1. 香山リカのココロの万華鏡:情報から離れる勇気 (08/07)
  2. 「夏の体調トラブル 一挙解決!夜も警戒!熱中症」(07/22)
  3. 良い眠りで認知症リスク減 自宅検査、生活改善も 「暮らしアイ」(06/10)
  4. 肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 (05/26)
  5. 膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発(05/22)
  6. こころの天気図:免疫と精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司(02/20)
  7. 香山リカのココロの万華鏡:最後に信じるのは自分 (01/22)
  8. 血液で早期大腸がん診断 島津製、19年開始目指す(11/22)
  9. 認知症予備軍 血液で検査 リスク軽減へ導入進む(11/21)
  10. 週7回入浴で介護リスク減 千葉大、高齢者調査(11/15)
次のページ
次のページ