FC2ブログ


タイトル画像

龍王峡ハイキング

2019.04.28(11:41) 1679

 龍王峡ハイキングに行ってきました。
いきがい大学ハイキングクラブのみなさんとご一緒です。 4/25(木)
小型貸切バスで南浦和を7時30分に出発。
天気予報は雨でしたが、ほとんど降られなかった。

前日の雨で足元が滑りやすくなっています。
思ったより歩き難い。登山靴ですが滑りそうでこわごわと慎重に進む。
途中にシースルーの階段や、谷側の急な斜面も見えスリル満点。
転ぶこともなく無事に出発点に戻ることができた。
歩数は14,000歩、疲れた。

龍王峡は、今から2200万年前、
海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食されて出来た。
龍がのたうつ姿を思わせる景観が、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3キロに渡って続く。

     480P4255044.jpg

     480P4255045 (2) 
      △ 水の色はエメラルドグリーン

     480P4255041.jpg

640P4255062.jpg

640P4255043nn.jpg

640P4255037n.jpg

640P4255036.jpg

640P4255029.jpg

640P4255156n.jpg

640P4255125n.jpg

640P4255134五光岩
 △ 五光岩

640P4255117.jpg

640P4255104 (2)n

640P4255094.jpg

640P4255091 (2)

640P4255074 (2)n

640P4255203.jpg

     480P4255140柱状節理
      △ 柱状節理  マグマが冷えて固まるときに柱のような形になる

     480P4255058.jpg

野の花名入り

640P4255194ヤマヒル
 △ ヤマヒル 
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

八王子城跡

2017.08.02(17:43) 1364

 八王子城跡にハイキングクラブの方々と行ってきました。7/20(木)
気温が30℃を超えています。
JR中央線高尾駅からバス。(今年は高尾駅に来るのは2度目。
桜の時期に一度来ています)
バスを降りてから20分ぐらいで八王子城跡に着きます。
立派なガイダンス施設がありました。

Aコースは本丸跡まで約40分のハイキング。
Bコースは周辺の散策です。
昼食後は案内人の説明で歴史の勉強。
一番見たかった「御主殿の滝」は水量が少なく迫力にかけました。

日本100名城、国史跡で北条氏照にまつわる話しが主でした。

バードウォッチングをしている人々がいて珍しい「三光鳥」の写真を見せてもらいました。

     480IMG_9991.jpg

     480IMG_0004.jpg

     480IMG_0037 (2)

     480IMG_0082 (2)s
      △ 御主殿の滝

     480IMG_9950s.jpg
      △ 北条氏照の墓

     480IMG_9963.jpg

     480IMG_9976 (2)
      △ 見る角度により植物に足があるような。

     480IMG_9999.jpg
      △ 竹の日よけの駐車場?

640IMG_9986.jpg
 △ 対比 働くときの車と遊びのときの車

     480WS000411s.jpg
      △ 三光鳥  Webより
     
640IMG_0025.jpg

640IMG_9924.jpg

640IMG_0072 (3)s
 △ 強い光を逆光で撮る

640IMG_0066.jpg

640IMG_0065.jpg

640IMG_0064.jpg

640IMG_0061.jpg
 △ 素朴な石組み

640IMG_0051.jpg

640IMG_0045.jpg

640IMG_0039 (2)

約、18,000歩、疲れました。Bコースにして良かった。

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

青木ケ原樹海ハイキング

2017.04.29(17:55) 1314

 いきがい大学ハイキングクラブで青木ケ原樹海に行ってきました。4/27(木)
朝家を出る時は小雨。南浦和駅では雨はやんでいました。
まあまあのお天気に恵まれました。
総勢27名、貸し切りバスで出発です。
樹海についた時は少し寒い。やはり関東南部との気温はマイナス5℃ぐらいです。

松本清張の「波の塔」などの影響もあり、昼なお暗いというイメージがありましたが、
散策路も整備され案内板もあり明るいイメージでした。

しかし常緑樹帯にもかかわらず小鳥の鳴き声は全くなく、やまびこのエコーもなく静かです。
音は岩などに吸収されてしまうそうです。
水の流れもなく、苔はありますが触ってみるとカサカサした感じでした。
昆虫や小鳥は生きていけません。

集団で歩いている時は良いのですが、一人で歩くのは勇気がいりそうです。
音がない世界は不気味です。

     480IMG_6885 (2)
     △ 富岳風穴  天然の氷

樹海1

640IMG_6874.jpg

     480IMG_6910.jpg

樹海6

640IMG_6881.jpg

640IMG_6981s.jpg
△ いやしの里 根場(ねんば) 茅葺屋根、水車などがあります

640IMG_6994.jpg

640IMG_7015.jpg

640IMG_7081ぼかし

640IMG_7087.jpg

640IMG_7088.jpg

640IMG_7143.jpg
△ 桜が満開でした

640IMG_7186 (2)
△ 鯉のぼりの向かう先には富士山  頂上は見えず

640IMG_7214.jpg


樹海2
△ 侍のコスプレ    ▽ 鯉のぼりと桜


ふじ9

樹海4

樹海5

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

富士山宝永火口ハイキング 

2016.08.03(15:03) 1188

いきがい大学蕨学園18期校友会ハイキングクラブで、富士山宝永火口に行ってきました。 7/28(木)
五合目の駐車場にバスで着いた時は霧で何も見えません。
濃霧の中、準備体操をしてから出発。
ひたすら黙々と歩きます。
やはり、最初の5分間は息苦しくゆっくりペースで歩きました。
霧があり身体も濡れます。写真を撮る気も失せました。

火口底で昼食。
暫くして「何も撮らないより標識でも撮っておきましょう…」と思い、カメラを取り出していると急に霧が晴れました。
雄大な景色に驚きました。
「え~、今までこんな素晴らしいところに居たんだ~」山のお天気は急変するといいますがびっくりです。
写真をたくさん撮りました。ついでに動画も。
霧の流れが面白かった。

帰りの五合目駐車場に下山したのは15時30分。
酸素不足にもならず無事下山する事が出来ました。
ハイキングクラブの皆さんとガイドさんのおかげです。お世話になりました。

歩数は約10,000歩。思ったより少ない歩数です。
下山の時、瓦礫をすり足で歩いたせいかもしれません。
次の日の疲れも少なかったです。
ただ、いつもとは違う場所に力を入れたせいか、膝の裏の傷みがありました。

憧れの富士山宝永火口に行くことができて幸せ。 \(^o^)/

640IMG_0404ssかすみ
      △ 宝永山を望む


   
640IMG_0321.jpg
     △ ここから登山開始

640IMG_0419 (2)

640IMG_0357ss.jpg

640IMG_0378s.jpg

640IMG_0448s.jpg

640IMG_0453 (2)

640IMG_0457s.jpg

640IMG_0478s (2)s

宝永火口1

640IMG_0469 オンタデ(2)
      △ オンタデが元気に咲いています

640IMG_0471 (2)

宝永火口2

宝永火口3
    
640IMG_0512 (2)
     △ 親子連れの鹿がいたとの情報あり

480IMG_0500 (2)
     △ 樹林帯を下山中

640IMG_0525 (2)
△ 荷物運び用ブルドーザー  ブル道をベテラン運転手が走るとのこと

480IMG_0536.jpg
△ 持ち帰った空のペットボトルが気圧の関係で凹んでいました

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

富士山宝永火口ハイキング 霧の動きのYoutube

2016.08.01(14:45) 1187

いきがい大学蕨学園18期校友会ハイキングクラブで、富士山宝永火口に行ってきました。7/28(木)
五合目の駐車場にバスで着いた時は霧で何も見えません。
宝永火口まで歩き火口底で昼食。
しばらくすると霧が晴れました。
あまりに雄大な景色に息を呑みました。
その時撮った霧の動画です。再生時間 3分49秒


りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

高尾山忘年登山

2015.12.29(18:26) 1093

高尾山に往復ケーブルカー利用で行ってきました。 12/24
前日までは午前中は雨、午後から曇りの予報。
担当者は「予定がつまっていて延期にすると参加できない方々が多い、なので一時間遅れで決行します」。
と、前日にメールがありました。
みなさんリタイアをしています。予定がつまっている?。
良いことですよね、予定がありそれに参加できるのは。
現代の高齢者の方々は元気いっぱいです。

雨は覚悟の上で、カッパ、雨除けズボン、リュックカバーを用意。
寒いし濡れるのは嫌だなーと思いながら就寝。
ところが朝起きてみたら雨は降っていません。ラッキー。
出発時から傘は必要ありません。

山頂に着いた時は薄日もさしていました。

今回の高尾山登山は健康登山21回登山者の満願達成のお祝いと、健康回復者のお祝いでした。
山頂で豚汁、お汁粉、高尾山カフェのコーヒーを楽しみました。
材料は分担してそれぞれが持参。
みんなで料理を作るのは楽しいですね。いつもは一人で作っていますので。
格別に美味しい豚汁でした。

お祝いのセレモニーは、21回登山満願達成者3人、健康回復者1人です。
それぞれ、レイを掛けたり賞状授与をしたりクラッカーを鳴らしてお祝いしました。
15人参加者全員が笑顔で楽しみました。

じつはもう一つの目的がありました。
それは、「シモバシラ」の氷のハナを撮ることでした。
残念ながら前夜は雨、気温も0℃以上でシモバシラのハナはできていませんでした。
昨年はちょうど綺麗な氷のハナができていました。その時の画像がありますので良しとしましょう。

640R6291918シモバシラのハナ
       △ 昨年のシモバシラのハナ

帰りはケーブルカーで降り、駅に向かう途中男性が両方の足が同時につり、手すりにつかまったまま動けなくなりました。
幸いなことに塩分を含んだ錠剤を持参していて水と一緒に服用。
しばらくしてから動けるようになりました。
「今日は水分は持参していましたが、朝から一滴も飲んでいませんでした」とのこと。
途中で一口ずつ水分補給をしながら駅に向かいました。
その後はお元気になり事なきを得ました。
低い山でもこのようなことがあるのですね。
心して塩分(ミネラル)と水分の補給をしましょう。塩と水は必携ですね。

       480R6298642s.jpg

       480R6298644s.jpg
            △ 紅葉模様のケーブルカー

       480R6298662s.jpg
            △ 名残りの紅葉

       480R6298691s.jpg

       480R6298692s.jpg

       480R6298836s.jpg

640R6298699s.jpg
       △ 板塀

640R6298710s.jpg
       △ 富士山がお顔を見せています

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

天覧山・多峯主山ハイキング

2015.12.14(14:40) 1086

天覧山・多峯主山(とうのすやま)にハイキングクラブのみなさんと行ってきました。12/10
お天気は晴れ時々くもり。暑くもなく寒くもないハイキング日和でした。
飯能駅から歩いていけます。
「駅からマップ」はあるのですが一人ではとても無理ですね。
リーダーに下見をしていただき迷うこともなくみんなで楽しんできました。
天覧山は195㍍、多峯主山は271㍍です。
低い山なので楽だと思っていたのですが、高低差がけっこうありました。
鎖場までありびっくりです。初体験。

今回はのんびりゆっくりのコースで周りの景色を楽しんだり写真を撮ったりできました。
ハイキングクラブの行動でこんなに多くの写真を撮ったのは初めてです。

今年最後になるかもしれない紅葉が思いがけず綺麗でした。
水音も心地よかった。久しぶりで聞いたような気がしました。

歩数は21,000歩、中程度の疲れあり。

      480R6298299.jpg

      480R6298249.jpg

      480R6298279s.jpg

      480R6298264.jpg

      480R6298272s.jpg

      480R6298278s.jpg


640R6298220s.jpg
      △ 皇帝ダリア

640R6298295s.jpg
      △ 飯能市街

640R6298306s.jpg
      △ 倒木と若い木

640R6298332s.jpg
      △ 参加者17名

640R6298356g.jpg

640R6298350.jpg
      △ ドレミファ橋

640R6298389.jpg

640R6298375s.jpg

天覧山2

天覧山3

天覧山1

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

飯盛山(長野)登山

2015.10.24(09:46) 1063

いきがい大学校友会ハイキングクラブの10月の行事で、信州の飯盛山(めしもりやま)に行きました。
お天気は晴れ、汗ばむ陽気です。
小型の貸切バスで南浦和を出発。19名の参加。
途中渋滞に巻き込まれ1時間遅れで登山口に到着。

準備体操をし靴の紐を結び直して登山開始。標高1,643m、高低差200メートル。
最初のペースが早く追いつくのがやっとです。
その後リーダーがペースを調整して、普通に登ることができました。
やはり息切れはあります。
小学生が団体で登っていました。元気元気です。

昼食、飯盛山カフェ(ホットコーヒーをお湯を沸かして作る)を開き、一休み後下山。
登るより下山するほうがしんどい。
滑って転ばないように慎重に降りる。登山用ポールが役に立った。
転んで捻挫などをし歩けなくなったら、みなさんに迷惑がかかるので気をつけて降りました。

頂上まで登れたので嬉しい。帰りのバスでは夢のなかでした。
歩数は11,000歩。疲れた~。

       480R6297350.jpg

       480R6297349.jpg

640R6297338.jpg
       △ところどころ紅葉していました

640R6297362s.jpg

640R6297369s.jpg

640R6297371.jpg

640R6297381.jpg
       △飯盛山が見えてきました

640R6297382s_edited-1.jpg

640R6297429s_edited-1.jpg
△権現岳、旭岳、牛首山、赤岳、横岳、硫黄岳が見えますと教えていただきました

640R6297430.jpg

640R6297431s_edited-1.jpg

       480R6297376.jpg

640R6297370g.jpg

640R6297389.jpg

R6297393頂上

飯盛山11

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

安達太良山登山

2015.10.02(16:01) 1054

9/24、 25日、福島県の安達太良山に行きました。
いきがい大学ハイキングクラブの行事です。
前日までは晴れの予報でしたが、当日の朝6時の予報は曇りから雨でしょうとのこと。
山の中の宿なので星空の撮影もしましょうとの予定でしたが、ダメになりました。

南浦和から貸切バスで出発。
車中ベテラン登山者の方が「明日は雨の予報なので今日登りましょう」と提案。
そのようにしました。
登山するには遅い時間の昼食後に出発。
安達太良山ケーブルカーの最終時間に合わせて下山予定。

登山道は石だらけで歩きにくかったです。
私は超初心者なので頂上までは登れません。
適切な判断をしていただき約7合目ぐらいで引き返しました。同行者3人。
下りも歩きにくいですね。登りより時間がかかりました。
木々は紅葉で真っ赤になっていました。頂上近くは鮮やかでした。

次の日は朝から本格的な雨。前日に登って良かった。
野口英世記念館に寄ったり、朝市で買い物をして帰路につきました。

640R6296400.jpg

       480R6296340.jpg

640R6296316.jpg

640R6296325gg.jpg

640R6296295g.jpg

640R6296312.jpg

640R6296369.jpg

640R6296266s.jpg

640R6296271g.jpg

640R6296261s.jpg

640R6296264s.jpg

安達太良21

       480R6296392ggこの上の空がほんとの空です
       「この上の空がほんとの空です」

640R6296445.jpg
640R6296434.jpg
640R6296423.jpg
       野口英世生家 

       480R6296475.jpg

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

富士山五合目ハイキング

2015.07.26(17:25) 1023

富士山五合目ハイキングに行ってきました。 7/23(木)
いきがい大学校友会ハイキングクラブの行事です。
クラブ員になってからの初めての参加。南浦和を7時30分に出発。

家をでるときは傘が必要なぐらいの雨、中型バスで富士山五合目に着いた時もやはり雨は降っています。
奥庭周遊コースを歩き始める頃には小雨になりました。

天狗様が天から降りてきて遊んだという「天狗岩」があり、夫婦円満のご利益があるとのこと。

640R6295092.jpg

640R6295208.jpg

五合目御中道探勝路をがイドさんとともに歩く。
上りはなく下りのみ。滑らないように踏み石を歩くが、とても歩きにくい。
やはり私は上り坂のほうがいいかも。

640R6295212昭和天皇皇后両陛下五合目登山記念
   昭和天皇皇后両陛下五合目登山記念 昭和32年7月10日

640R6295123g.jpg
   その時に整備された登山道  立派なふみ石が延々と続いています

     480R6295467g.jpg


640R6295187g.jpg
   富士山五合目駐車場付近  主に中国人が多かったです 銀座通り並みの混雑

富士山五合目1

富士山五合目3


640R6295114.jpg

640R6295262.jpg
     形の面白い木々があります

640R6295252.jpg

640R6295363.jpg
   ハクサンシャクナゲにとまる昆虫

640R6295489s.jpg

     480R6295273ベニバナイチヤクソウ
       ベニバナイチヤクソウ

       480R6295223サルオガセ
       サルオガセ   寄生植物

サルオガセ

富士山五合目2

640R6295500.jpg

640R6295318g.jpg

640R6295326g.jpg

640R6295333.jpg

雲海
うんかい3

640R6295513g.jpg

640R6295478.jpg
640R6295439.jpg


640R6295438.jpg


640R6295346g.jpg
   5月にあった雪崩の跡

640R6295347g.jpg

640R6295395.jpg
     残雪

640R6295414g.jpg
     五合目から見る富士山頂

山頂

奥庭コース、お中道コースともに初心者向け。
五合目駐車場(マイカー規制あり)から歩きます。歩数は18,000歩。中位の疲れ具合。
転ばないで完歩したことに感謝。筋トレ、インターバル速歩で訓練していて良かった。

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学ハイキングクラブ
  1. 龍王峡ハイキング(04/28)
  2. 八王子城跡(08/02)
  3. 青木ケ原樹海ハイキング(04/29)
  4. 富士山宝永火口ハイキング (08/03)
  5. 富士山宝永火口ハイキング 霧の動きのYoutube(08/01)
  6. 高尾山忘年登山(12/29)
  7. 天覧山・多峯主山ハイキング(12/14)
  8. 飯盛山(長野)登山(10/24)
  9. 安達太良山登山(10/02)
  10. 富士山五合目ハイキング(07/26)
次のページ
次のページ