FC2ブログ


タイトル画像

2001年宇宙の旅

2007.06.30(00:37) 16

2001年宇宙の旅を観てきました。

1968年公開の映画です。今から39年前のものです。

少しも古さを感じなかったです。
CGの手法がまだなかった時代に作成されています。木星からワープする場面に多用されていましたが、現代のものと比べてもひけを取りませんね。

スタンリー・キューブリック監督はさすがにすばらしい。
彼は、1999年に死亡しています。2001年を体験することもなく。

難解な映画といわれていますが、やはり難解でした。
しかし、昔と違うところはインターネット上でいろいろな解説が出ているところです。
さまざまな解釈ができて面白い。

若い時代に観たときには感じなかった、時間の経過という事がやたら気になりました。

39年前にこの映画と出合え、今日また観ることができて幸せ。

518PDTDEWPL__SS500_.jpg

スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

ポスター作り 3 

2007.06.18(23:23) 15

アクリルたわしのポスターを作りました。

ポスターづくりは慣れてきたとはいうものの、やはり大変だー 

少しは面白みのあるものが出来上がりました。
やはり、何もないところから作るというのは、しんどいなー。

20070618232140.jpg

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

いきがい大学 4

2007.06.18(22:49) 14

今回のいきがい大学は、介護保険について学びました。

介護保険がどうしてできたかというと、いままでは主に長男の嫁が介護を担ってきた。
これからは、とてもじゃないが対応していけない。介護が必要な人がどんどん増えていく。介護の社会化が行われた。

1960年代の「恍惚の人」有吉佐和子著 も引き金になった。

黙っていては、何も始まらない。役所は「自己申告の世界」だ。

原則、65歳以上の人が利用できる。
3年ごとに改定されますが、2006年の改定でとても解りにくくなった。
しっかりしないと、介護保険は受けられない。(ボケたときはどうしよう)

介護保険の保険者は市町村。被保険者は私たち。保険料は40歳から死亡するまで収める。年金受給者は年金から天引きである。

地域包括支援センターが原則、中学校区に1か所設置された。
いざとなったら、自分はどこに行けばいいのか調べておいたほうがベター。 

特定高齢者(介護予防事業を受けたほうが良い高齢者)、一般高齢者という名称もできた。

現在は軽い人たちの給付が少なくなり、混乱している。

介護保険ができてよかったことは、認知症の人を世間体を考えて、隠すということがなくなってきた。

この頃は、コムスンの問題もあり、介護事業は大変だ。外国人の介護士の就業もやがてはあるでしょう。

人間は必ず死亡するように、介護は多くの人が必要になる。早いか遅いかだけの話だ。

いきがい大学での講義は以上。

講師の方は素晴らしい。飽きてきたころにジョークを言い自分の思うように話を進めていく。

それにしても、この頃は街中に高齢者が多いですね。自分を含めてですが。 
rainbow

写真は紫陽花です。今が一番きれいな時です。




りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

紫陽花

2007.06.11(14:28) 13

紫陽花が咲きました。

毎年この時期を楽しみにしています。
梅雨は湿度が多くあまり好きではない季節ですが、紫陽花がきれいなのでうれしい。

住んでいる近隣にたくさん咲いています。

前に鎌倉の明月院に紫陽花の時期に行ったことがあります。土曜日だったのでとても混んでいました。それなら、近所の紫陽花で十分だなーと思いました。背景の景色にはかないませんが。

と、いうわけで撮りまくっています。
紫陽花には雨がとても似合いますね。

20070611142427.jpg

gousei22.jpg

⇒紫陽花の続きを読む

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

いきがい大学3

2007.06.08(10:11) 12

いきがい大学の授業が始まりました。

前回までは、上手にコミュニケーションをとるにはの講義と討論。
行政、企業、住民などの協力による地域づくり。
学生自治活動、クラブづくり。今回が、上手な資産管理。

学習も確かに役には立ちますが、それ以上に「組織を作っていく」ということに興味があります。
何もないところから、グループを作り、学生自治会を立ち上げ、クラブを作っていく。

その、ノウハウをじっくり学びました。現在も進行中ですが。

参加している皆さんは優秀な方が多いですね。物事に積極的ですし、活力もありますし、考え方が若々しい。
いきがい大学に入学し、何かを学びたいという意思がはっきりしています。

クラブは「写真クラブ」に入りました。人数は7名。
レベルはまちまち。フイルムのカメラを使っている方もいます。ほとんどの方はデジタルですが。パソコンの使用も半数ぐらい。
講師の先生をこれから依頼する予定です。 楽しみ。

おんぷ2つ 

同じ敷地内にある、城址公園の中にあった「ニュートンのリンゴの木」です。
20070608100656.jpg

20070608100745.jpg

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

ポスターづくり2

2007.06.06(22:15) 11

ポスターを作りました。

ただし、一か所間違いがあります。
さて、どこでしょうか?

などと、のんきに言っている場合ではありません。

72枚印刷し、掲示をしてしばらくしてから、子どもに「ここ間違ってるよ」「えー??」
ガーン! どうしようもありません。そのままです。

健康マージャンの吸わないというところの「な」が抜けていました。

ショック。「年をとって注意力が散漫になったのかなー」などと考えています。

おおいに反省! 


20070606222451.jpg

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

観覧車(台場)

2007.06.02(15:03) 10

観覧車に乗ってきました。

お台場の観覧車です。晴れていたので見晴らしがいいですね。
風力発電用の風車が3基ありました。新発見。

人間は、空を飛ぶということに憧れがあるのかもしれません。高いところは苦手なのですが、何となく、「鳥の視線」になりました。

気分すっきり。 

20070602150127.jpg

⇒観覧車(台場)の続きを読む

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

日本科学未来館

2007.06.02(14:46) 9

未来館に行ってきました。

今、アジア展をやっています。アジア地域の環境問題や未来の事について、楽しみながら学べます。

印象的だったのはパンダの赤ちゃんの大きさ!すごく小さいのですね。かわいそうにホルマリン漬けになっていました。

それと、上野動物園にいた、カンカンの剥製がありました。
昔、「立ち止まらないでください」と係員に言われながら見に行きました。
ほんの一瞬チラッとしか見えませんでしたが、今は剥製をじっくり見ることができます。

常設館では、大きな地球儀に圧倒されました。撮影可能なのもいい感じ。中学生たちが盛んにシャッターを切っていました。

プラネタリウムは今回も時間が合わなくて見れませんでした。次回は最初に時間調節をしよう。

ちまちました考えを捨てて地球規模で、物事を考えることができたかな?

20070602143910.jpg

⇒日本科学未来館の続きを読む

りんむうフォトダイアリー



2007年06月
  1. 2001年宇宙の旅(06/30)
  2. ポスター作り 3 (06/18)
  3. いきがい大学 4(06/18)
  4. 紫陽花(06/11)
  5. いきがい大学3(06/08)
  6. ポスターづくり2(06/06)
  7. 観覧車(台場)(06/02)
  8. 日本科学未来館(06/02)