FC2ブログ


タイトル画像

ポスターづくり

2008.02.28(11:55) 72

ポスターを二枚作りました。
相変わらず四苦八苦しています。
斬新な発想というのはなかなか浮かばないものなのですね。
なんとなくマンネリ化しているような状態。

第3回食事会.JPG500

0803のお知らせ のコピー500 のコピー
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



ボランティア トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

七の会(いきがい大学校友会七班)ハイキング 2

2008.02.26(09:30) 69

七の会ハイキング。
「中山道 ひな人形と花のまち 鴻巣ウォーク」で、鴻巣フラワーセンターに行きました。
欄愛好会の作品が多数あり、作者が説明をしてくださいました。

印象的で色が鮮やかで品のある蘭を集中して何枚も撮っていたら、声をかけてくださいました。
「熱心に撮ってくれてうれしい。フラッシュをたかないので花が痛まず感謝します。花が好きな方ですね」と。
蘭の品種の話を伺いました。
プリンセスと名前をつけるときには気をつかいますとのこと。
まず品がなければいけない。できるだけ花が長持ちするものがいいなど。
プリンセスミチコ、マサコ、キコの花の説明と苦労話を伺いました。
一見学者なのに声をかけていただき嬉しい。

P1020729 のコピー
P1020728 のコピー
P1020716 のコピー
P1020715 のコピー
P1020720 のコピー
P1020721 のコピー

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

七の会(いきがい大学校友会七班)のハイキング

2008.02.24(15:31) 68

七の会(いきがい大学校友会七班)のハイキングがあった。
JR東日本の企画「駅からハイキング」の、「中山道 ひな人形と花のまち 鴻巣ウォーク」。
全長12kmの行程。全部は歩けず9kmのところからバスに乗って帰る。
「七の会」の初めての行事である。

鴻巣駅に集合し歩き始めましたがゆっくりペース。途中から少し早足で歩きましたが、迷子になりそうなのでゆっくりペースに戻る。

「ひなの歴史資料館」や人形店に寄りながら鴻巣市役所へ。市役所のエントランスに、ひら飾りで人形が飾ってあります。約1700体とのこと。
ロビーには、ピラミッド型の巨大なひな壇。高さが5m以上。
数の多さにビックリ!壮観です。さすがは人形の町ですね。

昼食は有志の持ち寄りで、おにぎり、から揚げ、おはぎ、フルーツ、お菓子を食べる。
市役所前の芝生で食べたのですが、外で食べるのは美味しい。
みなさん料理が上手ですね。ごちそうさま。
今度は私も何か作っていこうかな~。
でも朝は眠るのが忙しいので、実現できるかどうか自信がない。(笑)

帰りは強風のため電車が遅れたりしましたが、無事に帰宅する。
心地よい疲れでした。

P1020645 のコピー500

 P1020622 のコピー
 P1020633 のコピー
 P1020640 のコピー500
 P1020667 のコピー

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

「ろうばい」の撮影会

2008.02.22(21:45) 67

いきがい大学の写真クラブで撮影会がありました。
2月18日(月)、長瀞宝登山ろうばい園です。
気温は低いが快晴。
撮影会には晴れ過ぎかな? ぜいたくを言いながら参加。
総勢10人で行動を共にする。

ろうばい園は月曜日ですが人がいっぱい。
中高年が多いですね。女性は特に元気。圧倒されます。
人が多いせいもあり三脚の設定には気をつかいます。
邪魔そうな顔でじろりと見られたりしましたが、
この頃は度胸が据わり、なにくわぬ顔でセッティングをしました。(笑)
移動をしながら撮影をしましたが、
やはりビューポイントは先客がいます。
その脇にでも割り込みたいと思いましたがそうもいかず。
場所取りは厳しい。 

いい写真が撮れたようにも思いますが、
クラブの中で辛口の批評をしていただかないとわかりません。
私は基本的な、ピントをしっかり合わせる、水平を保つ、日の丸構図にしないを守ることが先決。

グループは和気あいあい。目的や価値観が同じだと気持ちが和みますね。
いい空気をいっぱい吸い、花の香りを楽しみながら、撮影できるのは幸せ。

0802#34847;梅5-500

0802#34847;梅6-500

P1020389 のコピー500

P1020422 のコピー

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

いきいきサロンだより No3

2008.02.16(16:00) 64

いきいきサロンだより No3 がやっと出来上がりました。
「パソコン新聞編集入門」を見ながらの作業です。ソフトは「パーソナル編集長7.0」クレオ。
とにかく難しい。新聞編集にはいろいろな約束事や、禁止事項があります。
まずはそれを覚えるのが大変だし、理解をし忘れないようにしなければなりません。
しんどい!  
定年退職後はゆっくりのんびりしようと思っていたのに。
それどころではなく、現役時代よりも頭脳労働をしているかもしれません。(笑)

季刊です。三か月に一度の発行ですが、これがなかなか大変です。
指導をしていただいているのは、編集のプロの方。
私に教えるのも大変だと思います。全くの素人ですし、若くもありません。
感謝あるのみ。

原稿を依頼し、それを読み込みリライトし、見出しをつけPCに打ち込む。
レイアウトも考えなければならず、気を使う作業になる。
写真も撮り、肖像権の問題があるので写っている方に許可を得て…。
やたらに時間がかかる。
文法もわからず調べながらの作業。
A4、2ページの紙面なのに、私にとっては難しい作業である。

このところ、日刊紙を読んでいてもレイアウトのことが気になり、記事の内容はわからない状態になっている。

そんなこんなで出来上がったのがこの紙面です。
次号からは少しは作業が楽になるのかなー。  

だより08023号11 のコピー500

だより08023号b面完成500 のコピーモザイク

りんむうフォトダイアリー



ボランティア トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

いきがい大学 20 (脳科学を学ぶ)

2008.02.11(16:00) 66

彩の国いきがい大学の宿泊学習があった。
会場は埼玉県県民活動総合センター。(伊奈町)
1日目の1時限目が「国際理解」。南米エクアドルでの体験。JICAから派遣された方の話し。
2時限目が「笑いの効用」。落語を聞く。幕間に元劇団四季の歌手の歌。
2日目に脳科学の講義と健康体操というスケジュール。

脳科学を学ぶ。武蔵野大学 薬学部 阿部和穂教授の講義。
「脳」とは。
脳は脳幹(生きるための脳。ワニの脳と言われている)。
大脳辺縁系(生き延びるための脳。野生動物が生き延びるための脳)。
大脳皮質(賢く生きるための脳。人間らしく生きるための脳)からなっている。

認知症に関しては、大脳辺縁系の「海馬」が大いに関係してくる。
危険なもの忘れ。
自分がやったことを憶えていない。例えば「その話は何度も聞いた」と人に言われる。「家にない」と思ってお醤油を買ってきたら、家に何本もあったなど。

脳をいつまでも健康に保つには。
1、栄養バランスを考えた食事。少しづつ品数を多く。米、魚、野菜を多く摂る。
2、よく噛む。脳の近くの筋肉が動くことにより脳が刺激される。
3、睡眠を十分に。
4、運動。
5、適度な刺激。脳を使えば鍛えることができる。
6、趣味。達成感のあるものがよい。
7、旅行。
8、ストレスのない暮らし。大きなストレスは記憶に大敵であり、認知症を進める。しかし適度なストレスはよい。

脳の神経(ニューロン)は再生しないが、新生はする。
刺激により、神経幹細胞が目覚め、ニューロンに変身して、神経ネットワークに新規参入する。
神経幹細胞を目覚めさせるには、旅をするのが最適。人任せの旅ではなく、地図を広げ、時刻表を見て自分で計画する。
パンフレットや時刻表を見てイメージするだけでも効果がある。

認知症になるのはやはり嫌だ。予防がいちばん。
質の良い睡眠をとり、バランスの良い食事をよく噛んで食べ、運動もする。
達成感のある趣味を持ち、たまには自分で計画をして旅行に行き、程度なストレスがある生活を送る。

なんだか当たり前のような生活状態ですが、このような生活が認知症予防になるのですね。

二日間の宿泊学習でした。長い時間を共有することにより、大いに親睦を深めることができました。

写真は県活動センターのエントランスと講義の様子。
DSC07922 のコピー
DSC07942 のコピー



りんむうフォトダイアリー



2008年02月
  1. ポスターづくり(02/28)
  2. 七の会(いきがい大学校友会七班)ハイキング 2(02/26)
  3. 七の会(いきがい大学校友会七班)のハイキング(02/24)
  4. 「ろうばい」の撮影会(02/22)
  5. いきいきサロンだより No3(02/16)
  6. いきがい大学 20 (脳科学を学ぶ)(02/11)