FC2ブログ


タイトル画像

芙蓉

2011.08.31(15:34) 492

芙蓉の花が暑さにも負けず咲いています。

葵科。開花時期は、 8/1頃~10/5頃。
ピンク色の大型の花。 枯れたあとの姿も印象的 ”枯れ芙蓉”。
昔から美しい人のたとえに用いられている花で、
美しくしとやかな顔立ちのことを「芙蓉の顔」という。 季節の花300より

家の近所に咲いています。

○シンプル枠細い超新星326

○草色細いフレーム327

超新星パンチ186

640R0018250立体枠

640R0018261s.jpg

640070811fuyou2.jpg

640R0018195c9.jpg

640R0018210.jpg

超新星大理石1264ライン2

○草色細いフレーム309

480R0018318s.jpg

640R0018394.jpg

超新星ガラス404

○シンプル枠太い超新星406

YouTubeのスライドショーです。「芙蓉 フレームつき 2011」再生時間 1:59
大きな画面で見る時は、右下の拡大マーク(全画面)をクリックしてください。
閉じるときは、キーボードの左上、Esc を押してください。元のサイズに戻ります。


スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

化粧の効用心にも

2011.08.25(17:18) 491

次のような記事がありました。「なるほど」です。

アンチエイジング 化粧の効用心にも  2011年8月23日 提供:読売新聞

「メークボランティアです。お化粧していきませんか」。
宮城県石巻市の避難所。かづきれいこさんが、女性たちに声をかけた。
かづきさんは、やけどや傷痕などをカバーする「リハビリメーク」で知られる化粧の専門家。
70代の女性が声に誘われてイスに座った。クリーム、ファンデーション、おしろい、口紅……。
かづきさんたちが手際良く化粧を施す。

様々な年代の女性たちから「いらいらがおさまった」
「心も体も疲れ切っていたのに、気分が楽になった」などの言葉がもれた。
不思議に感じた。皆、口紅をつけたとたんにかわいらしくなる。空気も華やぐ。
年齢は関係ない。お化粧の効用、確かにあるようだ。

石巻市への化粧ボランティアの前に、かづきさんの話を聞いた。年を取ることを、こう表現した。
「鏡を見て、今日はきれいだな、と思う日が若い時には週4日あった。
でも50代になると2週間に1回ぐらい。
きれいだと思う回数が減っていくのが、年を取るということなんです」

だからと言って放置してはいけないという。
「化粧をすると気持ちがしゃんとする。人に会おうっていう気になる。
それが女性を若々しくするんです」

私もかづきさんにお化粧をしてもらった。印象的だったのは、化粧前の「土台」作り。
顔をマッサージして引き締め、肌のツヤを良くする。年齢とともに、この土台作りが重要になる。
粘土をぺたぺたと形作るように、かづきさんは手のひらで私の顔をマッサージした。
ちょっと痛かったが、出来上がった顔は、普段よりすっきりしているように感じられた。

石巻市の避難所の話に戻る。
被災地ボランティアはこの日で3回目。これからも続けるつもりだ。
「化粧?」と、けげんな顔もされるが、終わった時に、皆笑顔になるのがうれしい。

ウエブフェードすすき
パンパスグラス

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

風船葛

2011.08.25(15:28) 490

「ふうせんがずら」がそろそろ茶色になってきました。
形がユニークです。
触ってみるとふわふわです。
中に入っている種も白いハート形が浮き出ています。

写真フレームを作りました。
シンプルで写真が引き立つように作りたいのですが、これがなかなか難しい。
やはり、センスの問題なのかも。 (゚ペ)? ・・・
写真もフレームがあると引き立ちます。

額たて緑風船2

超新星大理石1風船2

超新星ノイズaa

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

善意のすれ違い

2011.08.16(22:17) 488

次のような記事がありました。

善意のすれ違い 香山リカのココロの万華鏡 2011年8月16日 提供:毎日新聞社〔都内版〕

香山リカのココロの万華鏡:善意のすれ違い

 大震災以降、私たちはさまざまな「善意」を目にしてきたが、同時に「善意のすれ違い」に傷ついた人も多い。

 「京都五山送り火」の問題だってそうだろう。
被災した松を伝統の送り火に、と当初、計画した人にも、
それに応じて松を薪として提供した人にも、
「子どもへの影響が心配」と声を上げた人にも、誰にも悪意などあるわけはない。
それなのに、結果的にはその気持ちが行き違い、
二転三転した後に計画は中止となって、みんながとても後味の悪い思いをすることになった。

 私たちの日常生活でも、相手によかれと思ってしたことが悪い結果を招くことがある。
そうなると、意地悪でそうしたときより何倍も、相手も自分も傷ついてしまう。
「どうしてうまくいかなかったんだろう?」
「あの人が親切からこうしたのはわかるんだけど、でも許せない」と、
いつまでも引きずってしまう場合もある。

 こういうときは、ものごとをあまり深く考えずに、
「もとは善意だったんだ」というところにだけ目を向けるようにするしかないだろう。
「私のために、と思ってくれたことは事実なんだ」
「何かしてあげたい、という自分の気持ちにウソはなかった」と、いつも基本に立ち返る。

 そして、善意の行き違いが起きた同士は、なるべくそこで終わりにしないで、
「次はこうしてね」といつか関係修復の機会を作るほうがよいと思う。
人間関係で気まずいことが起きてしまった場合は、
新しい良い経験をすることで上書きして消すのが、いちばん効果的だからだ。
ただ、それには時間をかける必要がある。

 京都市と岩手県陸前高田市も、
いつか「こうしてください」「はい、ぜひともそうさせて」と善意の思いがかみ合って、
お互い納得いく形で何かができればいいのだが。
「もう二度とかかわりたくない」ではなくて、ぜひ「今度こそ」とあきらめずにかかわりを続けてほしい。

640P4201004100分の1秒
払沢の滝 100分の1秒

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

護国寺から高岩寺へ

2011.08.15(00:04) 487

8/11 いきがい大学18期校友会史跡めぐりクラブでの行事です。
当番班でした。まず、下見へ。
森永製菓鶴見工場見学でしたので、工場の下見に行きました。
しかし、当面一般人の見学は中止していますとのこと。残念。 (゚ペ)?

さて、何にしましょうか。
史跡めぐり部長、班会計係、班長の私で話し合う。
昼食をしながらですが、食べた気がしません。
いい案もなく、「武蔵浦和のロッテ工場はどうでしょうか」 結局この案も手をつくしましたがだめになる。
部長が「池袋の造幣局は?」と提案。
すぐに下見に行く。OKとなる。
護国寺、巣鴨地蔵通り商店街と組み合わせて、この案に決定する。
実施は7/21。

ところが、前日に非常に強い台風来襲の予報にて、部長と相談のうえ予備日の8/11に延期とした。
造幣局に日時の変更を申し入れるも「お盆休みです」とのこと。
護国寺は変更を受け入れてくださいました。
部長案にて、護国寺と巣鴨周辺の古寺めぐり、高岩寺の参拝に決定。
再度案内を流す。

前日までは、部員49名中15名の参加予定でしたが、当日電話にてキャンセルが5名ありました。
10名でこじんまりと行ってきました。出席率は20%です。

480R0016695.jpg
王子駅から都電に乗り…。「チンチン電車」です。

640R0016676.jpg
護国寺。桂昌院ゆかりの寺。丁寧な説明つきです。
「玉の輿」の語源になった女輿を展示していました。意外に小さく、やはり古びていました。

640R001798s5.jpg

480R0017987.jpg

640R0016685s.jpg
本坊入口脇にある池の中の鯉。空が写り込んでいて涼しそう。人間世界は35度の気温。

640R0017969.jpg
本坊の中庭を望む。

640R0017975s.jpg
本殿へ向かう参加者と六地蔵。

640R0018015s.jpg
古寺めぐりの途中でにわか雨が降ってきた。寺の入り口わきの水鉢に落ちる雨。

480R0018055.jpg
東日本大震災で剥がれ落ちたと思われる墓石。

480R0018099.jpg
百日紅が咲いていました。

640R0018043.jpg
名前のわからない花。葉の根元が色づいています。裏は普通の緑色。
8/15 名前が判明。「猩猩草」しょうじょうそう。灯台草科。北アメリカ原産。
「猩猩」は中国の想像上の怪獣で猿のような顔をもち、毛は紅色。
秋に頭頂部の葉がオレンジ色に変わり、これがとても目立つ。ポインセチアの仲間。

640R0016710.jpg
「身代わり地蔵尊」がある高岩寺へ。

480高岩寺身代わり地蔵尊枠

480R0016715.jpg
空いていたので、このような写真も撮れました。珍しい、誰もいない。真夏日のせいか。

640R0018068s.jpg
巣鴨地蔵通り商店街で見かけた車。男性諸兄は興味津津。

その後、喫茶店で次回の行事のことなどを話し合い帰路に着く。
そういえば商店街での買い物はしなかったですね。
暑くて買い物どころではなく、誰からも提案がなかった。

行き先が変更になったり、日時が変更になったりと目まぐるしかった。
旧盆と重なり参加人数も少なかった。
役員のみなさん、参加された皆さん、お世話になりありがとうございました。


りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

百日紅(さるすべり)

2011.08.08(13:13) 486

百日紅が鮮やかに咲いています。
百日紅と書き「ひゃくじつこう」と読む。日本語の読みは難しい。ウィキペディアより。

開花時期は、7/15頃~10/15頃。
中国原産。
「約100日間、ピンクの花を咲かせる」のが名前の由来。
約3か月間、秋まで咲き続ける。
実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見える。
花はしわしわの形。白い花もある。
「猿滑」とも書く。「幹がスベスベで、猿も登れない」ところから。 季節の花300より

640P8087387s.jpg

640R0017933.jpg

640R0017627.jpg

640P8087382.jpg

640R0017710.jpg

640R0017720_edited-1.jpg

480R0017699.jpg

480P8087378.jpg

480R0017737.jpg

百日紅4

700さるすべり

YouTubeの 動画です。「百日紅(さるすべり)」 再生時間 1:48
大きな画面で見る時は、右下の拡大マーク(全画面)をクリックしてください。
閉じるときは、キーボードの左上、Esc を押してください。元のサイズに戻ります。



YouTubeのスライドショーです。「百日紅 2011 フレームつき」再生時間 1:46
大きな画面で見る時は、右下の拡大マーク(全画面)をクリックしてください。
閉じるときは、キーボードの左上、Esc を押してください。元のサイズに戻ります。


りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

デュランタが咲いています

2011.08.02(21:46) 485

デュランタが爽やかに咲いています。
大型スーパーに行く道筋です。
たった1本ですが頑張って咲いています。
今までこの道は何回か通っているのですが、気がつきませんでした。
熊蜂もいますが蚊もいます。

この頃は涼しいです。7/21に台風6号が通り過ぎてから涼しくなっています。
これから猛暑になるのかな?
8月になったばかりなので、やはり暑い日が来るのかもしれません。

地震も多いのです。
この前は夜中に地震警報がケイタイから鳴り響きました。びっくり (≧v≦)
東北地方が震源と放送していました。その地方の方々は気の毒です。
条件反射的に「つなみ」は?、と思ってしまいます。
3・11の津波の映像が頭から離れません。
ここは内陸なのにそう思ってしまいます。

東日本大震災以降、人生観が少しですが変わりました。
日常生活など、平凡なことがとても幸せなことに思えます。
現在の生活に感謝、感謝です。

640R0017671s.jpg

640P8025277ss.jpg

640P8025328.jpg

640R0017663.jpg

640P8025314.jpg

<640R0017686.jpg

640R0017669.jpg

640R0017676.jpg

480P8025257.jpg

480R0017667s.jpg

480R0017680.jpg

デュランタ

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2011年08月
  1. 芙蓉(08/31)
  2. 化粧の効用心にも(08/25)
  3. 風船葛(08/25)
  4. 善意のすれ違い(08/16)
  5. 護国寺から高岩寺へ(08/15)
  6. 百日紅(さるすべり)(08/08)
  7. デュランタが咲いています(08/02)