FC2ブログ


タイトル画像

金環日食を楽しもう

2012.05.14(14:24) 591

金環日食
21日の朝、東の空に見える太陽の中に月がすっぽりと入り、太陽がリング状に見える金環日食が起きる。
日本で見られるのは25年ぶり。
東京や名古屋、大阪、高知、鹿児島などの都市部が帯状の金環日食帯に入り、
国内で8千万人以上の人が見ることができる。
「金環」にはならない地方でも、日本のほぼ全域で太陽の8割以上が欠ける部分日食となる。
次回の国内での金環日食は18年後。

来月6日には金星が太陽の前を横切る「金星の太陽面通過」もあり再び日食グラスの出番が回ってきそうだ。

最大食時の太陽高度は関東近辺で35度程度なので、
東の空がほぼ完全に開けた場所で観測する必要があります。
都心や山岳地帯、森林地帯などでは太陽が物陰に隠れてしまう場所が多いと思われます。
以上は共同通信社の記事より。

5/21(月)、平日なので安全な場所で観察をしましょう。
まず、観測用のメガネを買う。
次に場所の下見をする。
東の空が開けている場所を選ぶ。ビルの影などになり見えない場合がありますのでご注意を。
太陽の位置は意外に低く、35度ぐらいです。

後は、テルテル坊主を作って晴れを祈るのみ。  (笑)♪

金環日食観測ガイド

国立天文台 金環日食 動画 YouTube

さいたま市浦和区の金環日食時刻
640浦和区金環日食の時間1
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2012年05月14日
  1. 金環日食を楽しもう(05/14)