FC2ブログ


タイトル画像

「家族」憎む一方で執着 香山リカのココロの万華鏡

2012.10.30(22:44) 654

次のような記事がありました。

「家族」憎む一方で執着 香山リカのココロの万華鏡
毎日新聞社 10月30日(火) 配信
香山リカのココロの万華鏡:「家族」憎む一方で執着 /東京

 兵庫県尼崎市で起きた連続遺体遺棄・行方不明事件。3人の遺体が確認されているが、ほかにも多数、行方不明者や変死者がいるといわれ、前代未聞の大量殺人事件に発展する可能性もある。

 複数の家族とつながりがあり、ドラム缶詰め遺体事件で起訴された64歳の女性に人々の関心が集まっている。それは、この犯罪が残虐さもさることながら、常に「家族」をめぐって起きているからではないだろうか。これまでの調べやまわりの人たちの証言で、女性は目をつけた家庭に近づき、わずかな期間で家族のあいだに亀裂を生じさせ、関係が崩壊するよう仕向けていたことがわかっている。

 中には、家族どうしで暴行を加えさせたり、殺害にまで関与させたりしたケースもあるといわれる。標的になったのは、いずれも「平凡で幸せな家族」。女性は、そんな家族の姿に敵意でも抱いていたのだろうか。

 一方、こんな証言もある。女性は夫、長男など自分の家族を異常なまでに大切にし、幼い孫娘にもブランドものを買い与えたという。さらに取り巻きのような若者たちまで引き連れ商店街で買い物をしたり、スナックで飲み明かしたりするなど、とにかくいつも親しい人たちに囲まれていることを好んだ。

 “仲良し家族”を残虐な攻撃の対象としながら、自分は過剰なまでに“仲良し家族”を演じようとしたのかもしれない。いずれにしても女性は、「家族」というものにこだわり、時にはそれを憎み、時にはそれを強く求めていたのではないか。

 もちろん、これは考えすぎで、女性は単に金銭への欲にかられ、犯行を重ねていただけかもしれない。ただ診察室には、「家族が憎い、でも家族から離れられない」と家族に対しての矛盾した思いに苦しむ人たちが大勢やって来ることはたしかだ。

 本当に家族が嫌いなのであれば、さっさと見切りをつけて自分の人生を歩み出せばよいようなものだが、この人たちは「家族は愛し合うべき」と心のどこかで固く信じている。だからこそ自分の家族につい期待をしたり、それが裏切られては怒りがつのり、最終的にはつい暴力的な行動に出てしまったりするのだ。

 今回の事件の女性が、なぜ「家族」ばかりを標的とし、同時に自分の家族に対してなぜ執着を持つようになったのか。はたしてこれからの取り調べや裁判で、それが明らかになるのだろうか。

800R0026118s.jpg
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

秋明菊が真っ盛り

2012.10.29(17:52) 652

秋明菊が綺麗に咲いています。

・秋に、菊に似た花を 咲かせるところからこの名前に。
・中国原産。 かなり昔、日本に渡来。
・漢名は「秋牡丹」。
・濃いピンク色の花は別名で「貴船菊(きぶねぎく)」。
 京都の貴船地方に多いことによる。
・花言葉は「忍耐」(秋明菊)   季節の花300より


  s640R0028325s

  6401350647067s.jpg


     480PA110759s.jpg

     480PA110735.jpg

     480R0028144.jpg

     480PA151010s.jpg

640PA311462sa.jpg

640PA311460a.jpg

640PA311430a.jpg

640PA110782s.jpg

640PA110764s.jpg

640PA151056s.jpg

640PA151063s.jpg

640R0028143.jpg

640秋明菊1
640秋明菊2

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

鬼押出し園 浅間大滝へ

2012.10.28(11:07) 651

いきがい大学18期校友会ハイキングクラブでバス旅行に行きました。
クラブには入っていません。臨時参加です。
お天気にも恵まれ、暑くもなく寒くもない絶好のハイキング日和です。

「鬼押出し園」「浅間大滝」を回りました。
昼食は鬼押出し園に入る前に入り口付近で食べました。
男性の方が料理上手です。
だし巻き卵焼き、さんまの煮物(圧力鍋使用)、ゴーヤの漬物など。
アイスボックスに入れて持参。
ビックリしました。「一人暮らしです」との事。
私は悲しいかな調理パンをコンビニで買っていきました。反省です。(>_<) トホホ…

鬼押出し園は、約230年前に浅間山の大噴火で溶岩が流れて固まったもの。
当時の人々は「火口で鬼が暴れて岩を押しだした」との印象。
それが名前の由来です。

800PA251256 パノラマ写真鬼押し出し2
パノラマ写真

640PA251225.jpg

640PA251318.jpg
鬼君に光がさして…

640PA251207.jpg
葉にスポットライト

鬼押し出し1
鬼押し出し2
鬼押し出し3
鬼押し出し4
鬼押し出し⑤

     image004紅葉

640真弓
「真弓」の実です
昔、この木で弓を作ったので「真弓」の名になった。錦木(にしきぎ)科。
真弓の樹質は硬いが 柔軟性がある。
ピンク色の実が割れてオレンジ色の種子が出てくる。 この様子がとても美しい。
「檀」とも書く。材で、こけしや将棋の駒をつくる。 季節の花300より


     image004紅葉


     480PA251376 30分の1

640PA251380 160分の1
シャッタースピード1/160 秒

鬼押し出し9
シャッタースピード  上 1/50 秒    下 1/8 秒 
滝の写真は三脚を使いませんでした。ぶれています


   kaede-line3紅葉ライン


     480R0028724.jpg

鬼押し出し6

鬼押し出し8

640R0028862ss.jpg


紅葉がちょうど見ごろでした。
どういう訳がいつも「紅葉狩り」は「はずれ」が多いです。
紅葉の期間は長いのに…。
今回は「当たり」でした。
ハイキングクラブのみなさん、ありがとうございました。(*´▽`*)

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

パソコン(PC)と悪戦苦闘

2012.10.22(22:02) 650

パソコン(PC)と悪戦苦闘をする。
10/21(日)午後、PCが固まってしまう。
「デル」のロゴマークはでるがそれからは先へは進まない。
日曜日なのでサポートセンターへの電話もできない。
子どものPCで調べてチャットでサポートしてもらえるのかと思い、
サービスタグを入力するもチャット対象ではないとのこと。
月曜まで待つことにする。

10/22月曜日9時少し過ぎに電話するも話し中…。
9時30分ごろにやっとつながる。

係りの方の指示通りに行動する。
まず電源を切る。外付けHDD類を取り外す。
PCの側面のカバーを開け、ドキドキしながらメモリを1枚残して引き抜く。
ボタン電池も外す。電池があるなんて知らなかった。(≧v≦)
キッチリはめ込まれていて超取りにくい。
いったん外したボタン電池を元に戻す。
そこで電源を入れPCの状態を見る。

「動きました \(^o^)/ 」

その後が大変でした。残り3枚のメモリがきちんと入りません。
係りの方は中国人で早口、理解できない日本語を時々使う。
メモリセットの達人になったかもしれません。
「右を入れて入ったら左を入れる」の説明で何とかセットできた。

その後はバックUPをする。一時間ぐらいかかりました。
年月日をなおし、再起動を何回か繰り返し、ウィルスチェックをして終了。
元通りになりました。  (v^ー°)♪

不調の原因ははっきり分からず。
係りの方は「たぶん静電気でしょう…」と。
一か月前に「ほこり」はエアダスターで吹き飛ばしたし…。

PCの調子が悪くなったら、ます「ほこり」をとる。
次に「放電」する。方法は側面のカバーを開けそのまましばらく放置しておく。
その次はボタン電池とメモリをいったん外し、また元に戻す。

今度PCのご機嫌が悪い時には試してみましょう。
それにしても5時間ぐらいかかりました。やれやれです。

640R0028532.jpg

640R0028534ssメモリ

PCの中はこうなっています。
黒い平たい板状のものがメモリ。メモリの下に小さなボタン電池がある。暗い画面でよくわからないです。

りんむうフォトダイアリー



パソコン 周辺機器 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

花水木の実

2012.10.22(15:39) 649

この頃は秋の実がいろいろあります。
花水木の実も真っ赤に色付いてきました。
葉もきれいに紅葉しています。
「いろはもみじ」とは違い色付くのが早いですね。

高いところに実がありますので、撮影するのは一苦労です。
主にコンパクトデジカメで撮っています。

640R0027293.jpg

640R0027297ss.jpg

640R0027326.jpg

640R0027623s.jpg

640R0027636s.jpg

700花水木の実

640花水木の実2

花水木4枚

640R0027644s.jpg

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

いきがい大学校友会バス旅行 三渓園ほか

2012.10.14(11:00) 647

いきがい大学校友会バス旅行で三渓園、川崎大師、味の素工場見学に行ってきました。
南浦和まるひろ前から貸切バス2台で8時出発。
バスガイドさん付き。ガイドさんの説明つきはしばらくぶりです。

途中、気分不快の方が下車。
しばらくは順調でしたが、高速道路でのトイレ休憩時に縁石につまずき怪我をした方が出る。
この方はタクシーで高速を降り最寄駅から帰宅。
大ごとにならなければ良いのですが。

その後は「足元に注意してください」の連発。

現代の高齢者といわれている方々は、とにかく元気が良い。
頭脳もクリアー、身体機能もばっちり。
しかし、加齢により身体は確実に機能が衰えている。
そこを自覚しないと思わぬ事故に直結する。
「転ばぬ先の杖」の心構えが大切と肝に銘じた。


三渓園です。
 美術愛好家としても有名な、実業家(生糸貿易)原三渓(富太郎)によって本牧に造られた三渓園。
 17.5万㎡の日本庭園は、四季折々の自然の景観のなか、歴史的建造物が巧みに配されている。

 緑に囲まれた豊かな自然と、重文を含む歴史的建造物が並ぶ、横浜きっての名園。明治39(1906)年に公開されて以来、多くの人に愛されてきた。 生糸貿易で財をなした原三渓が造った園内には、春夏秋冬、四季折々の花が咲き、秋の紅葉も美しい。 岡倉天心や横山大観がこの地から育っていった 近代日本画の「ふるさと」と言ってよいエリア。 季節の折々には各種イベントが開かれて楽しめる。 

三渓園の「三渓」は、創設者、原富太郎の号であるが、「さんのたに」を意味している。 Webより

700三渓園2  
ススキが見頃です


640R0027696.jpg
三重の塔


640R0027776.jpg

640R0027798.jpg
樹木が生長していて面白い形になっています


640R0027873.jpg

640R0027788.jpg

640R0027859.jpg

640R0027668.jpg
三渓園といえばこの風景


640R0027877.jpg
大きな葉の裏側から

     480R0027709.jpg

     480R0027748.jpg

6401350529367庭園s

700三渓園



   やばねライン動く


川崎大師にお参り。
「転ばないで全員、無事自宅にたどり着けますように」と。

640R0027977.jpg

640R0027975s.jpg


640R0027950.jpg
ビルの壁面にうつる空  車窓から

640R0028014.jpg
帰りのバスの車窓から


     image008コスモスライン


味の素川崎工場の見学。ここは撮影禁止でした。
「かつお風味」「味の素」を作っていました。
カツオの香りが強かったです。
お土産はミニの味の素と化粧品でした。化粧品も作っているとの事。
売店もあり「味の素ピンクキャップ」「カテキン茶」ほかを買う。

転ばずに自宅に帰りました。
これからはだんだんこのように注意しながら行動をするのでしょうね。 ・・・(ーー;) 

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

3人のPCに同名ファイル 遠隔操作の感染源か

2012.10.13(17:31) 646

次のような記事がありました。朝日新聞デジタルより 。

ウイルスに感染していた大阪と三重の男性のパソコン(PC)からネット上に犯罪予告が書き込まれた事件で、大阪の男性のPCからは、遠隔操作でウイルスや書き込み履歴などが消されていた疑いがある一方、三重の男性のPCにはいずれも残ったままだったことがわかった。

捜査関係者によると、大阪府警に逮捕され、その後釈放された大阪府吹田市のアニメ演出家は、ネット掲示板「2ちゃんねる」を経由して無料ソフトをダウンロードした際にウイルスに感染。何者かが遠隔操作で大阪市のホームページ(HP)に殺人予告を書き込んだ可能性がある。

3人のPCから見つかったファイルは、いずれも「iesys(アイシス).exe」と呼ばれる名前だった。遠隔操作ウイルスが仕込まれた疑いがあり、警察当局が解析を進めている。

■不審メール開かないで 無料ソフトは危険

 ウイルス感染からパソコンを守るには、どうすればいいのか。

 独立行政法人・情報処理推進機構(東京)のセキュリティー担当によると、まずはウイルスの感染を防ぐ「ウイルス対策ソフト」を導入することが基本だ。次々に生まれる新手のウイルスを防ぐため、対策ソフトは常に最新版に更新する必要がある。しかし、新手のウイルスには効かないこともある。

 メールの添付ファイルで感染することもあり、不審なメールは開かずに削除する。他人になりすまして届くメールもあり、開く前に本当に本人からのものか確認した方が無難だ。

 特に危険なのは、今回の事件のように無料ソフトをダウンロードする行為だ。見知らぬサイトからのダウンロードはもちろん、大手の無料ソフト提供サイトでも安心できない。大手サイトで配布されていた無料ソフトに、ウイルスが忍び込んでいたケースもあるためだ。担当者は「むやみにダウンロードしないことが最善の防衛手段。パソコンをそこそこ使い慣れた人が一番危ない」と注意を促している。

■ウイルス感染が疑われる兆候

(1)システムやアプリケーションが頻繁に固まる。システムが起動しない。

(2)ファイルが無くなる。見知らぬファイルが作成されている。

(3)タスクバーなどに妙なアイコンができる。

(4)いきなりインターネットに接続しようとする。

(5)意図しないメール送信をする。

(6)ハードディスクの音が気になったり、動作が重かったりするなど、直感的にいつもと違うと感じる。

〈独立行政法人・情報処理推進機構による〉


     480P9190129.jpg
     夕日と虹

りんむうフォトダイアリー



パソコン 周辺機器 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

山中伸弥教授 ノーベル賞おめでとう Ⅱ

2012.10.13(00:35) 645

山中伸弥教授の記事から。
「受精卵壊したくない」という話しに共感します。
父親ならではの発想ですね。


「受精卵壊したくない」 娘の顔と重なる
共同通信社 10月9日(火) 配信

 「時間を戻すタイムマシン」とも評される人工多能性幹細胞(iPS細胞)を山中伸弥(やまなか・しんや)京都大教授が作ったのは、受精卵を壊さないと作れない従来の胚性幹細胞(ES細胞)の欠点克服が出発点だった。

 1999年、奈良先端科学技術大学院大に小さいながらも構えた研究室。山中さんは、赤ちゃんに育つ可能性がある受精卵を壊すことに違和感を覚えていた。受精卵を顕微鏡で見ると「自分の娘の顔が重なり合った。できるなら使いたくない」。

 当時は人のES細胞が作製されたばかり。世界中の研究者がES細胞を心臓や神経の細胞に成長させることに取り組んでいた。「弱小研究室で同じことをやっても勝ち目はない。逆に成長した細胞を巻き戻して、ES細胞のような万能細胞を作れないだろうか」

 若手研究者らと、模索し始めた。ES細胞で活発に働いている遺伝子が、細胞の万能性を担っているのではないかと仮説を立てた。しかし、実験でどの遺伝子が働いているかを調べるには、膨大な手間と人員が必要だ。

 そんな中、インターネットの世界では、さまざまな遺伝情報が出回り始めていた。理化学研究所のチームは、解析した大量の遺伝情報をデータベースとして公開、山中さんはES細胞の遺伝子も含まれていることに気付き、まず約100種類の遺伝子をリストアップ。数年かけて24種類に絞った。

 ところがそれらの遺伝子を一つずつ細胞に入れて確かめても結果は出ない。「駄目か」。2005年当時、研究員だった高橋和利(たかはし・かずとし)講師が、次の実験に移る練習のために24種類を全て混ぜてマウスの細胞に導入した。しばらくすると、シャーレに幹細胞の形にそっくりな固まりが何個もできていた。

 「シャーレを見て、言いようもない興奮に包まれた」と山中さん。

 さらに24種類の遺伝子から、必須の遺伝子を選ぶ際にも、高橋さんのアイデアが光った。「(24種から)一つずつ抜いて、できるか確かめればいいですやん」「おまえ、頭いいなあ」

 実験を繰り返し、ついに「Oct3/4」「Sox2」「cMyc」「Klf4」という4遺伝子で細胞を「初期化」できることを突き止めた。その後、人間の細胞でも成功。山中さんは「(iPS細胞が)心筋に分化して、拍動を始めた。感動しました」と振り返る。

 世界の多くの研究室が競っていたことが、意外なほど簡単な方法で実現した。ただ、マウスで最初に成功した当時は、韓国研究者によるクローンES細胞の捏造(ねつぞう)事件が発覚して、大騒動を引き起こしたばかり。山中さんは「今、発表してもたたかれるだけだ」と論文発表を遅らせ、さらに共著者も高橋さんだけに絞った。

 想像通り、論文発表後は「友人と思っていた人からも(論文は)うそみたいに言われ、かなりこたえた」というが、海外の研究者らが次々と追試に成功し、懸念は振り払われた。

 山中さんは「論文に貢献してくれた研究者や技師を共著者に加えておくべきだった。本当に申し訳ない」と話している。

640R0026508.jpg



りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

山中伸弥教授 ノーベル賞おめでとう

2012.10.09(23:20) 644

山中伸弥教授がノーベル賞を受賞しました。
嬉しいですね。
このところ中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題など暗い話題ばかりでした。

医学・生理学賞は直接人間の幸福度にかかわる賞だと思います。
これで人類が病気を克服し少しでも幸せに近付いていけたら良いですね。

おめでとう!


以下はMSNニュースからです。

画期的治療…異例の早さで栄誉 「万能細胞」研究に革命
2012.10.9 07:07 ノーベル賞]

iPS細胞による再生医療
 あらゆる細胞に分化する能力がある「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」の開発でノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大の山中伸弥教授(50)。倫理的な制約から膠着(こうちゃく)状態に陥っていた万能細胞の研究に革命を起こし、夢の再生医療への突破口を開いた功績が高く評価され、異例の早さでの栄誉となった。(長内洋介)

 ヒトの体は約60兆個もの細胞でできている。最初はたった1個の受精卵から始まり、さまざまな種類の細胞に分化・増殖を繰り返して臓器や骨、筋肉、皮膚などがつくられ、人間が誕生する。出発点の受精卵には、あらゆる細胞を生み出す万能性があるわけだ。

 山中教授が開発したのは、皮膚などのありふれた体細胞から、受精卵のような万能性を持つ細胞を人工的に作り出す技術だ。細胞分化の時間の流れを逆向きに戻し、最初の状態にリセット(初期化)する方法ともいえる。

 万能細胞は心臓や肝臓、神経、血液など、あらゆる細胞を作ることができる。目的の細胞を作製して患者に移植すれば病気になった臓器や組織を「再生」でき、現在の臓器移植に替わる画期的な治療法につながると期待されてきた。

WS000013.jpg

WS000014.jpg

WS000015.jpg

640P1070806maru.jpg
ノーベル賞のメダル 3年前に東京大学見学に参加して、レプリカを撮影しました

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

満開の彼岸花

2012.10.08(19:43) 643

彼岸花が咲き始めから約一週間で満開になりました。
関東地方はそろそろ終わりです。
家の近くに咲いています。
一番の利点は、天気の具合を見ながら何回でも撮ることができることですね。
色も赤の定番から、白、薄いピンク、黄色、クリーム色、オレンジとさまざまです。
子どもの頃は赤一色しかありませんでした。

     4001350473566s.jpg

      480R0027440.jpg

6401350479288s.jpg

640PA050639.jpg

640R0027420.jpg
オレンジの彼岸花。珍しいです。

640PA050594.jpg

640PA020422.jpg

640PA020395.jpg

640PA040501.jpg

640PA070726.jpg

640R0027442.jpg

640PA070653s.jpg

640PA070691.jpg

640PA050561.jpg


     彼岸花動く


YouTubeの動画です。静止画が主です。再生時間 「3:02」
大きな画面で見る時は、右下の拡大マーク(全画面)をクリックしてください。
閉じるときは、キーボードの左上、Esc を押してください。元のサイズに戻ります。


りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

こむらさきの実が色づきました

2012.10.07(08:10) 642

こむらさきの実が綺麗な紫色になってきました。
秋の実の中では一番きれいかも知れません。
大好きです。
小さい実なので撮るのは意外に難しいです。

開花時期は7月ごろ、薄紫の花をつける。
根元に近い方から順次開花し先端に咲き向かう。
それを追うように実をつけていく。
実は緑色から紫色へと変化する。白の品種もある。

こむらさきまとめ

○9金色枠ネーム濃紫

○14フジ色枠こむらさき2

800R0027014.jpg

6401350528319s.jpg

800R0027065.jpg

800R0026609.jpg

     640R0026630.jpg

     640R0026563.jpg

     こむらさき2枚組
     こむらさき2枚組2

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

北浦和公園の野外彫刻

2012.10.04(11:09) 640

北浦和公園の野外彫刻をご紹介します。
何回かは行っているのですが、じっくり撮影したのは初めてです。

     640R0026657.jpg
     エミリオ・グレコ ゆあみ 1968年


     640R0026660s.jpg
     西野康造 風の中で 1988年


640R0026664.jpg
フェルナンド・ポテロ 横たわる人物 1984年


     640R0026721.jpg
     堀越陽子 太陽の歌 1987年


640sR0026667
柳原義達 風の中の鵜 1981年


     640R0026673.jpg
     高岡典男 ゆっくりと立ち上がる精神の集積 1986年


果実の中の木洩れ日3

640R0026677.jpg
橋本真之 果実の中の木もれ陽 1985年~


     640R002664ss.jpg
     湯村光 天空へのメッセージ 1991年


640R0026697ss.jpg
サトル・タカダ  子午線 1993年


這うものたち
山本 信  這うものたちの午後の眠り 1992年


640R0026671.jpg
橋本 省  流水の門 1985年


640R0026665.jpg
柳原義達 道標 鳩 1974年


640R0026662s.jpg 
640R0026715.jpg
埼玉県立近代美術館 黒川紀章設計

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

咲き始めの彼岸花

2012.10.01(12:59) 641

つい、この間まで真夏だったのに…。
昨日の中秋の名月は、台風接近のためそれどころではなく残念。
今日は月齢16.0 です。一日遅れの月見をしようかな。(*^^)v

彼岸花が咲き始めました。
2~3日前から撮りためていました。
満開までには少し時間がかかりそうです。

別名 「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)
”天上の花”という意味。
おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から ふってくるという仏教の経典による。季節の花300より

740彼岸花12

     640P9290171.jpg

     640R0027173.jpg

     640P9300276.jpg

     640P9290186.jpg

800P9290180.jpg

640P9300305.jpg

800P9300353.jpg

800R0027230.jpg

800P9300275.jpg

800P9290199.jpg

800R0027284.jpg

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2012年10月
  1. 「家族」憎む一方で執着 香山リカのココロの万華鏡(10/30)
  2. 秋明菊が真っ盛り(10/29)
  3. 鬼押出し園 浅間大滝へ(10/28)
  4. パソコン(PC)と悪戦苦闘(10/22)
  5. 花水木の実(10/22)
  6. いきがい大学校友会バス旅行 三渓園ほか(10/14)
  7. 3人のPCに同名ファイル 遠隔操作の感染源か(10/13)
  8. 山中伸弥教授 ノーベル賞おめでとう Ⅱ(10/13)
  9. 山中伸弥教授 ノーベル賞おめでとう(10/09)
  10. 満開の彼岸花(10/08)
  11. こむらさきの実が色づきました(10/07)
  12. 北浦和公園の野外彫刻(10/04)
  13. 咲き始めの彼岸花(10/01)