FC2ブログ


タイトル画像

サラリーマン川柳

2013.02.27(10:35) 689

第一生命のサラリーマン川柳「ベスト100」が発表されました。
「ベスト100」は下記、下線部分をクリックしてご覧ください。好きな一句を投票できます。

     第26回私が選ぶサラ川ベスト100

     480P2060999k.jpg
        みそつちの氷柱      
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

DHAがアルツハイマー抑制

2013.02.23(12:51) 688

次のような記事がありました。

DHAがアルツハイマー抑制…京大iPS研究所
読売新聞 2月22日(金) 配信
 認知症の中で最も多いアルツハイマー病患者から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、青魚などに多く含まれる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」が同病の発症予防に役立つ可能性があることを確認したと、京都大iPS細胞研究所の井上治久准教授らのチームが発表した。

 イワシなどの青魚を食事でとることとの関係はこの研究では不明だが、新薬の開発などにつながる成果。22日付の米科学誌セル・ステムセルに掲載される。

 アルツハイマー病患者の脳内では、Aβ(アミロイドベータ)と呼ばれるたんぱく質の「ゴミ」が過剰に蓄積することで、「細胞内ストレス」という有害な現象が起きて神経細胞が死滅し、記憶障害などを引き起こすことが知られている。

 研究チームは、50代~70代の男女の患者計4人の皮膚からiPS細胞を作製。それを神経細胞に変化させ、Aβが細胞内外に過剰に蓄積した病態を再現した。

 このうち、細胞内にAβが蓄積した2人の細胞に低濃度のDHAを投与した場合と、投与しなかった場合とで、2週間後に死滅した細胞の割合をそれぞれ比較。その結果、DHA投与の場合、細胞死の割合は15%で、投与しなかった場合は2倍以上の32%だった。


640P2060958sss.jpg
       みそつちの氷柱

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

水仙と梅

2013.02.22(23:25) 687

水仙と梅の花が咲いています。
いつもウォーキングをしている道路わきに咲いていました。

今年はいつまでも寒い日が続いています。
寒さにもそろそろ飽きてきました。
このような事をいっては積雪地帯の方に申し訳ないのですが。
東北地方では4m以上の雪が積もったとTVニュースで放映していました。

「春よ来い 早く来い」の心境です。


   640○61太い拡散水仙

     480P2213506.jpg

     480P2213492.jpg

     480P2213490.jpg

     480P2213541.jpg

     480P2213513.jpg
     猫ちゃんも花見  (・_・)…ン?

     480P2213512.jpg
     そうだニャ~

640P2213497.jpg

640水仙ライン


     image026黄色の花


早咲きの紅梅です。南側の日当たりのいい場所に咲いています。

     480P2223571s.jpg

     480P2223591.jpg

640P2213552.jpg

640P2213552ss.jpg

640P2223574s.jpg
 

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

後悔しないために 診察室のワルツ

2013.02.13(23:28) 685

次のような記事がありました。

後悔しないために=岡本左和子 診察室のワルツ
毎日新聞社 2月13日(水) 配信
診察室のワルツ:/43 後悔しないために=岡本左和子

 まるでジェットコースターの頂上から落ちて行くようでした。40年ほど前、ジャンボ機同士が千葉沖でニアミスを起こし、もし衝突していたら約500人の命が奪われ、当時としては史上最悪の飛行機事故になっていました。私は、その一方のジャンボ機に乗っていました。あの時の機内の叫び声は今でも忘れることができません。

 このニアミス以来、私は多少なりとも危険が伴うことをする時は、後悔しないために必ず「自分はどうしたいのか」と問うことにしています。例えば、健康診断の胃カメラなどの内視鏡検査でも、「検査をした方がいいと思っている?」と自分に聞いてみます。常に安全に気を配っている医療者の皆さんには申し訳ありませんが、これらの検査は危険がつきものです。万が一の場合は自分の身体が傷つきます。一方、検査を受けなければ、病気を早期発見できない危険が伴います。受けるか否かについて、「担当医に言われたから」「会社の規則だから」と、誰かに責任を押し付けることはできません。患者自身が決断するものなのです。

 治療のため患者が選択できない検査や処置もあります。その時は「理由に納得した? 受けようと思った?」と自分に確認します。私たちは日々、置かれた環境や社会通念、他人の思いに影響され、受動的に決めることが多くあります。実は、これは「自分を見捨てている」ことになります。一般に医療は治療計画に従い進められますから、「先生に言われたから仕方ない」となりがちです。しかし、仕方ない選択であっても、患者が「主体的に選んだか」は、治療の進め方や結果に大きな違いをもたらします。以前にも書きましたが、治療の結果は良くても悪くても患者が引き受けるのです。

 これは「自分の思いを押し通せ」という意味ではありません。医学的な決断をする医師が、患者の思いを取り入れて治療をするには、患者が「自分はどうしたいか」をはっきり伝えなければなりません。治療の折々に、「自分はどうしたいの?」と問いかけてみてください。闘病中に忘れがちな自分の思いに耳を傾け、自分自身を大切にする方法でもあります。
(おかもと・さわこ=医療コミュニケーション研究者)

640ガラス窓への写り込み
         ガラス窓への写り込み

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

ピロリ除菌治療、胃炎も保険適用 

2013.02.05(11:27) 684

次のような記事がありました。

 朝日新聞 (編集委員・浅井文和)

ピロリ除菌治療、胃炎も保険適用 来月にも開始  紙面で読む 
 胃がんなどの原因になる細菌「ヘリコバクター・ピロリ」の感染による胃炎について、除菌治療が、保険適用として認められる見通しになった。これまでは胃潰瘍(かいよう)など症状が進んだ病気に限られていたが、より早い段階で治療が受けられるようになり、将来の胃がん予防につながる可能性がある。

 ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜にいる細菌。感染者は国内で約3500万人で、50歳以上の7~8割が感染しているとみられる。子どもの頃に感染すると、成人になっても胃の中で生き続ける。

 現在、公的医療保険で除菌の対象になる病気は胃潰瘍、十二指腸潰瘍など。胃炎の除菌は保険の対象外なので自費診療になり、1回数万円の自己負担が必要だ。

 厚生労働省の専門部会で治療効果などについて検討され、1月31日の会議で認められた。早ければ3月から受けられる見込み。

 胃炎の除菌治療で保険適用が認められるのは、ピロリ菌の除菌剤とその効き目を高めるための補助剤。ただし、吐いた息で調べる検査などで感染を確認し、内視鏡検査で炎症が見つかるのが条件となる。



     kuro3青のクッキー型



共同通信社 2月4日(月) 配信 のピロリ菌の記事です。


ピロリ除菌の保険拡大へ 胃がん減らせる可能性

 胃の粘膜に感染して胃がんなどを引き起こすピロリ菌の感染による慢性胃炎について、除菌治療が保険診療として認められる見通しになったことが1日分かった。

 ピロリ菌の除菌は胃がん予防に大きな効果があるとされているが、慢性胃炎からさらに進んで胃潰瘍などになるまでは保険適用されなかった。対象拡大で胃がんの発症者数を大幅に減らせる可能性がある。

 1月31日に開催された厚生労働省の専門部会が、症状の軽い患者でも除菌で胃炎が改善するとの研究結果を確認、除菌に必要な複数の薬剤の適用範囲を広げることを認めた。

 近く、呼気検査などによるピロリ菌感染と内視鏡での胃炎の確認だけで、除菌が保険適用されるようになる。

 ピロリ菌の除菌は胃酸を抑える薬と抗生物質を組み合わせて実施。患者は1週間ほど薬の服用を続ける。除菌に失敗したら、別の薬の組み合わせを試す。

 ピロリ菌は胃酸の分泌が未成熟な幼少時に口から体内に入り、胃の粘膜にすみつくと考えられているが、除菌に成功できれば再感染の恐れは低いとされている。

 ヘリコバクター・ピロリ菌についての詳しい説明は、
下記の「メルクマニュアル医学百科家庭版」をクリックしてどうぞ。
胃炎のページです。下にスクロールし「胃の感染症」の欄をご覧ください。
メルクマニュアル医学百科家庭版


○125山茶花フレーム
               白い山茶花

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2013年02月
  1. サラリーマン川柳(02/27)
  2. DHAがアルツハイマー抑制(02/23)
  3. 水仙と梅(02/22)
  4. 後悔しないために 診察室のワルツ(02/13)
  5. ピロリ除菌治療、胃炎も保険適用 (02/05)