FC2ブログ


タイトル画像

認知症予防10カ条

2013.03.29(23:15) 700

次のような記事がありました。

認知症予防財団の取り組み 正しく向き合う 
毎日新聞社 3月27日(水) 配信

◇簡単に予防10カ条シリーズを1冊に
 日常生活の中で簡単に習慣化できる認知症予防の方法を分かりやすく紹介した「認知症予防10カ条」は97年の発表以来、大好評。制定委員の一人である大友英一・社会福祉法人浴風会病院名誉院長は「脳の老化は日ごろの心掛け次第である程度遅くすることができることが分かってきた。それをライフスタイルに取り入れ、だれでも簡単にできる予防策としてまとめたのがこの10カ条」と薦めています。

◇認知症予防10カ条

 第1条 食事    塩分と 脂肪控えて バランス良く

 第2条 運動    歩こうよ 手足動かし 脳刺激

 第3条 不摂生   深酒と タバコやめれば 病なし

 第4条 健診    習慣病 肥満に血圧 早めの一手

 第5条 転倒    気をつけよう 頭の打撲 引き金に

 第6条 興味    好奇心 前向き人生 いつまでも

 第7条 趣味・日記 考えて まとめて表現 よい習慣

 第8条 人間関係  こまやかな 気配り欠かさず お付き合い

 第9条 若さ    老け込むな おしゃれ心を 忘れずに

第10条 ストレス  くよくよと 考え込まず ため込まず

       480P3224611sss.jpg
          木瓜(ぼけ)の花

スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

赤花三又の花

2013.03.25(13:27) 696

ミツマタの花が咲きました。
黄色の花が多いですが、これは赤花三又です。
さすがに沈丁花科、とても良い香りです。

・沈丁花(じんちょうげ)科。
・開花時期は、 3/ 5 ~ 4/10頃。
・原産地は
 中国中南部、ヒマラヤ地方。江戸時代初期に渡来。
・花芽は、ちょっと不気味な不思議な形。
・花は、蜂の巣がぶら下がったような形。
・枝が3本ずつ分岐する。(不思議!)これが名の由来。
・樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になる。
 しわになりにくく高級で、また虫害にもなりにくいので、
 1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われる。

 1876年(明治9年)に、政府印刷局で三叉を原料として紙幣を作ってから、
 三叉の利用度は非常に高くなった。
 紙幣以外でも、証書・地図用紙・コピー紙など各種の紙とその原料として、
 幅広く使われている。

・「三椏」とも書く。
 「椏」は”あ”とも読み、「木の股」の意味がある。
・「赤花三叉
 (あかばなみつまた)」は、戦後、愛媛県の栽培地で発見され、
今では黄色花とともによく栽培されている。 季節の花300より


         480P3234783.jpg

        480R0030004.jpg

640P3294975.jpg

640P3234774.jpg

640P3234797.jpg

640P3234768.jpg

640R0030016.jpg

640R0030017.jpg

640ミツマタ
640ミツマタ2
640ミツマタ3

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

大島桜 2013

2013.03.24(11:29) 697

大島桜が咲きました。
染井吉野より少し早めに咲きます。
今年の桜の開花は超早いですね。

・大島桜(白っぽい桜)の葉っぱは「桜餅(さくらもち)」に使われる。
 若葉を半年ぐらい塩漬けにし、
 クマリンの香りを引き出すことで、独特の香りと塩味が出る。
 (防腐剤の役目もある)。
 葉っぱであんこのお餅を包みます。   季節の花300より

「花の色は
  移りにけりな いたづらに
  我が身世にふる ながめせし間に」
   古今集 小野小町(おののこまち) 百人一首(09)

 「久方(ひさかた)の
  光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」
   古今集 紀友則(きのとものり)  百人一首(33)

       480P3234817.jpg

       480P3234822.jpg

640P3234807.jpg

640P3234810.jpg

640P3234833.jpg

640R0030023.jpg

640お気に入り

640大島
640大島2
640大島3
640大島5
640大島6
640大島7

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

寒緋桜 2013

2013.03.22(19:19) 695

今年の寒緋桜です。
いつもの年より早めですね。
今年は春の季節が早足で過ぎていくような気がします。
追いついていけません。  (。・_・。)ノ

       480P3174412.jpg

640P3174411.jpg

640P3174347.jpg

640P3174406.jpg

640P3174344.jpg

640P3174338.jpg

cats.jpg
寒緋2
寒緋1

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

認知症を注射で治療へ

2013.03.20(15:18) 694

次のような記事がありました。
まず、題名にビックリ    \(◎o◎)/
長い文章ですがどうぞお読みください。

認知症を注射で治療へ
長崎新聞社 3月19日(火) 配信

 長崎大と自治医科大、理化学研究所の共同研究チームが、中高年での発症が多く、記憶障害を伴う認知症「アルツハイマー病」について、治療遺伝子をマウスの血管から注射器で投与して症状を緩和させる実験に世界で初めて成功した。今後、アルツハイマー病の予防、治療法の確立に向け実用化を目指す。

 チームリーダーの一人、長崎大大学院医歯薬学総合研究科の岩田修永教授によると、アルツハイマー病はタンパク質「アミロイドβ(ベータ)ペプチド」が脳内に蓄積し、神経伝達を阻害することなどが原因とされ、確実な治療法はない。

 一方、脳内では「ネプリライシン」というアミロイドβペプチドを分解する酵素も作られている。加齢やアルツハイマー病の進行とともにネプリライシンの量は減少することから、研究チームはこの酵素を増強することで病気の症状を緩和しようと試みた。

 そこで、ネプリライシンを作る治療遺伝子(ネプリライシン遺伝子)を脳内に届ける"運び屋"となるウイルスを開発。末梢(まっしょう)血管に投与しても脳の神経細胞だけに作用する無害なウイルスで、長期間にわたって効果が保たれるという。これにネプリライシン遺伝子を組み込んだ。マウスに注射した結果、アミロイドβペプチドが減少し、学習・記憶能力も通常のマウスのレベルにまで回復したという。

 これまで脳疾患の遺伝子治療では、頭蓋(ずがい)骨に穴を開けて直接注入する方法しかなかった。今回の成果で、脳の広い範囲に作用し、かつ簡単に遺伝子治療をすることが可能になる。"運び屋"ウイルスに組み込む遺伝子を変えれば別の疾患にも応用できるという。

 今後、ウイルスの大量生産技術の開発や安全性といった問題を解決する必要はあるものの、岩田教授は「5、6年ほどで実用化できれば」としている。研究成果は、18日付の英国のオンライン科学雑誌にも掲載された。

 ▼分解の過程に光当てた/アルツハイマー病の治療に詳しい里直行・大阪大准教授の話 原因物質の生産を阻む薬の開発が進んでいるが、今回は分解という光が当たっていなかった過程に着目した研究だ。マウスで原因物質を減らしただけでなく、学習・記憶能力の改善を示した点も新しく、前進といえる。ただ、長期間効くということは、副作用があった場合に飲み薬のように簡単には中止できないということでもあり、安全性をどう担保するかが課題だ。また認知症の薬は血圧を下げる薬などと違ってすぐに効果が見えないため、有効性を示すためには大規模で長期の試験が必要になるだろう。


○58雪柳
          ユキヤナギ

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

明るい話題の陰で 香山リカのココロの万華鏡

2013.03.12(23:17) 693

東日本大震災から丸2年が過ぎました。
いまだに多くの方々が避難中です。
行政の複雑な手続きなどに阻まれ、被災者の方々に必要な手が差し伸べられていません。
何とかならないのでしょうか。
このような時にこそ政治家が活躍する時なのに…と思います。

次のような記事がありました。

明るい話題の陰で 香山リカのココロの万華鏡
毎日新聞社 3月12日(火) 配信
香山リカのココロの万華鏡:明るい話題の陰で /東京

 「株価がリーマン・ショック前を超えた」といった明るい話題が報じられるたびに、「これを見て喜べる人とそうでない人との割合は、どれくらいなのだろうか」と考えてしまう。

 自分の体調が悪いとか家庭に悩みごとがあるなど、個人的に深刻な問題を抱えていれば、いくら社会で明るい話題が出たとしても、とても喜ぶことはできないだろう。診察室にはそういう人たちが大勢、やって来る。

 たとえば「がんの疑いがあります」と言われて検査を進めているときに、「オリンピック候補地、東京が有力か」などというニュースを見たとしても、「いいぞ!」と心をときめかせたりはできないと思う。そういう人はテレビを見るのもつらい。

 そうだとしたら東日本大震災の被災地の人たちはどうなのだろう、と気になる。家族や住まい、職場を失って大きな喪失感を抱えたままの人が大勢、生活を営んでいる。「時間が止まったまま」という人も少なくないはずだ。

 しかし、当然のことながら、被災地でもテレビをつければ「景気が回復してます」「東京で新しい施設がオープン」といった明るい話題も流れてくる。それを見ながら「世の中は私とは関係ないところで、前へ前へと進んでいるんだ」と孤立感を強めている人はいないだろうか。

 もちろん、被災地の人たちも日本中の人がいつまでも悲しみ、暗い顔をしていてほしい、と思っているわけではないだろう。たとえ自分とは関係ない話ではあっても、がんばっている人の姿や業績をあげた企業の姿を見て励まされ、自分を奮い立たせている被災者も大勢いる。

 ただ、私たちはどんなときも忘れてはいけない。自分やまわりが楽しかったりハッピーだったりするときにも、どこかで悲しみに暮れたり重い悩みで苦しんだりしている人がいる、ということを。

 楽しむな、というわけではないが、悲しんでいる人に寄り添う準備はいつもしておくべきだ。「社会は前に進んでいるんだから、あなたも早く笑顔になって追いついて」などと強制してはいけないことは、言うまでもない。

 自分がうれしいとき、楽しいときこそ、そうでない人たちにも心配りができるか、その人の真価が問われる。経済に明るい兆しが見えてきた日本も同じ、今こそ被災地の人たちの深い悲しみに心を寄せたい。

640P3053771sフレーム
          梅の花


りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

越谷梅林公園

2013.03.10(19:04) 692

3/9(土)越谷梅林公園に行ってきました。
第19回梅まつりをやっていました。
新越谷からスカイツリーラインで北越谷西口下車。
無料シャトルバスで7分ぐらいです。駅から歩くと20分ぐらい。
9時30分始初のバスに乗りましたが満席。
公園に着いた時にはすでに入場者が多くいました。

模擬店、野菜の産直、野点など盛りだくさんでした。
梅は40種、300本、見本園には名前がありましたが、混雑していてゆっくり見る事はできませんでした。
やはり、平日にのんびり楽しみたいですね。

       480P3084017s.jpg

       480P3094079.jpg

       480P3084010.jpg

       480P3083904.jpg

       480P3083899.jpg

640P3094152.jpg

640P3094111.jpg

640P3094133.jpg

640P3094128.jpg

640P3094167.jpg

640P3094186.jpg

640R0030004.jpg

703梅s
704梅2
     480梅5
640梅3

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

「冬脱水」に注意

2013.03.07(11:58) 691

次のような記事がありました。

感染症や乾燥による“冬脱水”に注意喚起
薬局新聞 3月6日(水) 配信

感染症や乾燥による“冬脱水”に注意喚起 「教えて!『かくれ脱水』委員会」が脱水状態の知識啓発

 風邪・インフルエンザやノロウイルスが流行するなか、気をつけなければならないのが感染症による“脱水”だ。感染症は脱水への適切な対応が行われないことで、より重篤化することもあるだけに冬の脱水状態に対する正しい理解・啓発が重要となる。こうした脱水状態の正しい知識の啓発を目的に昨年6月に設立された「教えて!『かくれ脱水』委員会」は、感染症や乾燥による冬の脱水に関するセミナーなどを通じ、冬脱水の2大リスクとしての「ウイルス感染症」と「乾燥」とその予防、対処法などについての情報提供を行っている。

 シーズン前に都内で行ったセミナーで同会委員長の兵庫医科大学小児科学・服部益治教授は、ノロ・ロタといった感染性胃腸炎やインフルエンザなどのウイルス感染によって引き起こされる嘔吐・下痢では、水と一緒にナトリウムやカリウムといった電解質も喪失していることを強調。水だけを補給した場合では体液が薄まり、身体の電解質濃度を保つため利尿作用が起きて水分と電解質が失われるといった悪循環につながるとし、「水だけでは脱水状態を改善できないため、経口補水液などを補給することが必要」と解説している。

 もう一つのリスクである乾燥(低湿度)については、冬は暖房器具の使用や部屋の気密性が高まることに加え、汗をかかないため飲み物からの水分摂取が減少するなど常に“かくれ脱水”の危険性が潜んでいることも指摘。かくれ脱水は本人では気づきにくく、特に成人と比べ体内の水分量が少ない高齢者や水分が失われやすい新生児においては、周囲の人の注意・認識が重要ということだ。

 また、冬脱水のサインとして服部教授は「手足の皮膚がカサつく」「口の中がネバる」「やる気や食欲低下でダルい」「めまいなどでフラっとする」といったことをあげており、“カサ・ネバ・ダル・フラ”をキーメッセージとしての啓発を呼びかけている。

P3053789sフレーム
          梅の花

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

群馬フラワーパークとラスク工場見学

2013.03.02(19:33) 690

2/28 いきがい大学校友会ハイキングクラブの行事で、
群馬フラワーパークとラスク工場見学のバス旅行に行ってきました。
晴天!暖かい一日でした。
名物のからっ風が吹いて寒いかもしれないと思い、
ダウンのコートを着ていったのですが、暖かかったです。

640R0030008s.jpg
     ラスク工場の入り口。フランス風の建築


640R0030013.jpg
     群馬フラワーパーク

640P2283622.jpg

       480P2283623.jpg


食堂でお弁当をいただく。薄味の舞茸ご飯が美味しかった。

フラワーパークに移動。
さすがにいまの時期はお花は少なかったですね。
しかし、温室には蘭が咲いていました。温室の中は暖かい~。

       480P2283683sss.jpg

       480P2283719s.jpg
            極楽鳥花

640欄のアップs
            胡蝶蘭

640P2283735ss.jpg
         アンスリウム

640P2283707.jpg

640P2283681.jpg

640P2283676.jpg

640P2283752秒500分の1
     シャッタースピード 1/500秒

640P2283751秒500分の1
     シャッタースピード 1/500秒

温室の天井からガラス越しに太陽光が差し込み、水面に複雑な模様を作っていました。

640P2283644.jpg
     噴水が止まった直後。水面に霧が発生しています。


       ⑨0間隔のある街並みと木


640R0030101.jpg

       480R0030072.jpg
       七代も続くとこんな感じで風化してしまいます。

       480R0030098.jpg

       480R0030093.jpg
       太陽光が射して葉が輝いていました


          ⑤黄色の大きめの花と葉
緑長めシンプル2


       640R0030105.jpg

       480R0030107.jpg

こんにゃく博物館を見学。珍しいこんにゃくのバイキング料理を楽しむ。
いろいろありましたが、やはり味噌田楽が一番おいしかった。
珍しい料理では凍みこんにゃくの和え物がありましたが、まったく食感が違いました。
こりこりしていてこんにゃくとは思えません。

渋滞にも巻き込まれず、車の流れはスイスイ~。
歩数は、12,000歩。疲れは少ない。


YouTube で動画を作りました。静止画が主です。再生時間 2:05
「群馬フラワーパーク2013」



りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2013年03月
  1. 認知症予防10カ条(03/29)
  2. 赤花三又の花(03/25)
  3. 大島桜 2013(03/24)
  4. 寒緋桜 2013(03/22)
  5. 認知症を注射で治療へ(03/20)
  6. 明るい話題の陰で 香山リカのココロの万華鏡(03/12)
  7. 越谷梅林公園(03/10)
  8. 「冬脱水」に注意(03/07)
  9. 群馬フラワーパークとラスク工場見学(03/02)