FC2ブログ


タイトル画像

みさとサマーフェステバル花火大会

2013.08.27(13:30) 744

8月24日(土)みさとサマーフェステバル花火大会がありました。
1時間前に現地到着。夕食を食べながら過ごしました。
前日も前々日も夕立があり、雨の心配をしましたが降られませんでした。ラッキー!
ただし混雑していました。早めに行き遅く帰りました。

     みさと花火
     開始1時間前はこのような空いている状態  雲が多くうす曇り

     480P8240617.jpg 1

     480P8240529.jpg 2

     480P8240573.jpg 3

     480P8240543.jpg 4

     480P8240518.jpg 5

     480P8240582.jpg 6

     480P8240632.jpg 7

     480P8240615.jpg 8

     480P8240631.jpg 9

     480P8240641.jpg 10

     480P8240642.jpg 11

     みさと花火4

     みさと花火2

     みさと花火3


YouTube の動画です。 2分20秒





⇒みさとサマーフェステバル花火大会の続きを読む
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

酔芙蓉 色の変化

2013.08.18(17:44) 740

酔芙蓉が咲いています。
最初は夕方見たので普通の赤い芙蓉かなと思っていました。
ところが午前中に通りかかると花は白です。?・?
次の日、確認しました。
やはり朝は白く夕方は赤になっていました。
確かに酔芙蓉ですね。

「酔芙蓉(すいふよう)」
  芙蓉とほとんど同じ形の花だが、朝に開花したときは白花で、
  夕方になるにつれてだんだん赤くなるという、とてもおもしろい花。
  ”酔っぱらって赤くなった”とのことで この名前になったらしい。
  ピンク色の「芙蓉」を夕方に見ただけだと、
  ふつうの「芙蓉」と「酔芙蓉」は見分けがつきにくいが、
  朝、白かった花が夕方ピンク色になっていれば、それは「酔芙蓉」かもしれない。
                               季節の花300より

色の変化
画像加工はPhotoScape使用。
先に、幅300pxの画像を作りました。
ホームで、リサイズします。
リサイズは「より長いほうを減少300px」にし、フレームcoli09を適用。
画像編集のメニューから幅640×1000の黒で塗りつぶした画像に、
オブジェクト・Photoから画像を貼り付けていきます。
場所はどこにでも貼り付けられます。一度[ok]してからドラッグします。


s640004-P8080427ss
11時 少しピンクになってきました
時計の挿入は、編集画面のオブジェクトの “ から、Wingdings をクリックすると出ます。


640004-P814045717時ピンク枠
17時 赤になりました。劇的な変化でびっくり!
枠飾りの色をピンクにするには。PhotoScape、JTrim使用。
枠飾りは、PhotoScapeのWedding01を使いました。
PhotoScapeの編集からメニュー⇒新しい写真を選び640×480の黒の背景を作ります。
枠飾りの色が白なのでピンクにするには、画像編集⇒ホーム⇒明るさ・カラー⇒カラー化から選びます。
Ping保存し、JTrim を開き透過します。
透過方法は、編集⇒塗りつぶし⇒塗りつぶす色を選びスポイトで背景をクリック。保存はGifで。
合成するにはPhotoScapeの画像編集。
最初に写真を開き、その上に透過した飾り枠をのせる。
出来上がりです。
この二つのフリーソフトには、レイヤーがないのでこの方法になりました。

  

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

夏の栄養補給 水分編 塩分とビタミンCも一緒に

2013.08.14(23:28) 739

次のような記事がありました。

夏遊びの栄養補給 水分編 塩分とビタミンCも一緒に
毎日新聞社 8月13日(火) 配信
みんなの○○:夏遊びの栄養補給 水分編 塩分とビタミンCも一緒に

 厳しい暑さはまだ続きそう。屋外で遊んだりスポーツを楽しんだりする時には、水分や栄養の取り方への配慮が必要だ。気配りのポイントを、2000年シドニー五輪陸上女子1万メートル代表で、管理栄養士の高橋千恵美さん(37)に聞いた。

 まずは水分摂取の注意点から。夏場はたくさん汗をかくので、体内から水分と一緒にナトリウム、カリウムなど体の機能を維持するのに必要な電解質も出てしまう。強い日差しに当たれば肌へ紫外線を浴びることにもなる。高橋さんは「水を飲むのはもちろん必要。さらに体の変化に対応した中身にしたいですね」と言う。基本的には「塩分とビタミンCを取る」ことを意識しておけばいいそうだ。

 塩分では電解質が補える。塩分の取り過ぎが気になる人も「食事では気をつけた方がいいですが、運動をしたり汗をかいたりする時は適度な塩分を取りましょう」と高橋さん。厚生労働省は熱中症予防のため0・1~0・2%の濃度の塩分を含んだ水分を薦めている。

 紫外線を浴びた肌にはビタミンCがいい。メラニン色素の生成を抑え、抗酸化作用もある。手軽なのはレモン。「疲労回復に効くクエン酸も含まれているのでお薦めです」

 水分は小まめに、少なくとも20分おきには取ろう。「のどが渇いたと感じる時はすでに脱水症状が始まっています。その前に早め早めに飲みましょう」

 高橋さんに夏向きの手軽に作れるドリンクを教わった。材料は水500ccに対して、レモン半分、砂糖大さじ2、塩小さじ4分の1。これで塩分の濃さは0・2%程度だ。ふたがきちんと閉まる容器にレモンの搾り汁と他の材料を入れて混ぜるだけ。塩が溶けにくいので、しっかり振る。簡単で子供でも作れる。

 味は市販のスポーツドリンクに似て口当たりが良い。冷やした方がおいしいが、ぬるくても味は変わらないので外出時に持っていくのもいい。「レモンの量や塩加減はお好みで。暑くて汗が多く出る時は塩を少し濃いめに」

 水分摂取のためには、もちろん他の飲み物も飲んでいい。高橋さんは現役選手時代に貧血気味だったため、お茶を飲む時は鉄分の吸収を妨げるカフェインが入っていないものを常備したそうだ。「お茶屋さんで多くの種類を売っていますし、麦茶もノンカフェインです」。いろいろ試して自分のお気に入りを探すのもいい。【石井朗生】

       360R6281571ss

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

花火写真の合成

2013.08.11(18:00) 738

花火写真の合成をしました。
詳しい合成の仕方はこちらのURLからどうぞ。photoshop Elements6 使用。
この通りにすれば出来ます。

花火の合成写真の作り方


比較1
                 左元画像⇒合成写真 
                 下に大きな花火を入れました    。   

       480合成6 1

比較2
                 左元画像⇒合成写真
                 上に同じような色の花火をいれました

       480合成3 2

       480合成5 3
       ちょっとやりすぎかも? にぎやかになりました

       480合成4 4
       左のグリーンの花火2こをいれました

       480合成2 5
       薄暮時  真ん中に大きな花火を入れました。

りんむうフォトダイアリー



画像加工 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

夏バテにならないコツは

2013.08.09(21:34) 737

次のような記事がありました。

夏バテにならないコツは
毎日新聞社 8月7日(水) 配信
くらしナビ・ライフスタイル:夏バテにならないコツは

 ひときわ暑い今年の夏。お盆の夏休みを楽しみに、仕事に励む方も多いだろう。とはいえ今日は、暦の上では立秋。長引く暑さに負けず、残暑に疲れをためないコツを、食事面と精神面から聞いた。

 ●ビタミンB1とる

 「夏バテには三つの要因があります」。女子栄養大短期大学部の佐藤智英(ちえ)准教授(臨床栄養学)はこう語る。暑さで胃腸の働きが弱まり、一方で基礎代謝が上がってエネルギーやミネラルが不足しやすい▽軽度の熱中症に陥っている▽冷房で汗をかきにくくなり、体温調節がうまくいかない――の三つだ。

 「その全てに食事が関係しています」

 暑い時はそうめんやお茶漬けなど、サッと食べられる一品物に手が伸びがち。すると、食事の中で糖質の比重が高くなり、糖質をエネルギーとして利用するのに必要なビタミンB1が不足し「疲れたりむくみやすくなったりする」という。

 まず、ビタミンB1を意識的にとろう。豚肉やうなぎ、豆乳や枝豆などに多く含まれる。ご飯を、ビタミンB群の多い胚芽精米や強化米に変えても良い。

 ●塩分と糖分も必要

 次に熱中症。水分補給が重要だが、小腸が水分を吸収するには、塩分と糖分も必要だ。

 市販の経口補水液を飲んでも良いが、自作もできる。水500cc、砂糖大さじ21/4杯、塩小さじ1/6、またはリンゴジュースと水各250cc、塩小さじ1/6を入れてかき混ぜ、1時間くらいかけてゆっくり飲む。これをおいしく感じたら、脱水症の可能性が高い。

 「糖質、たんぱく質、ビタミンをバランス良く取ることが重要。特に朝食は生体リズムを整えるためにも有効です」と佐藤さん。牛乳とバナナ▽野菜ジュースとパンとヨーグルト▽イモ類や卵、野菜を入れたスープ――でも良い。

 最後に、汗をかきやすい食事とは。記者は先日タイに旅行した際、おなかの調子が良くなり驚いた。佐藤さんは「タイの煮込み料理は温まって汗をかきやすい。繊維質の野菜も多く、香辛料が食欲をそそる。暑い国の料理は理にかなっており、積極的にメニューに加えてみては」と話す。

 ●意識的に休憩を

 「夏は心にもストレスがかかりやすい。楽しいこともストレスのもとですが、自覚しづらいので、疲れがたまりやすい」。こう話すのは、産業カウンセラーで、生活情報サイト「オールアバウト」でガイドを務める大美賀(おおみか)直子さん(41)だ。

 温度と意欲には実際に相関関係があるという。百貨店では、店内の温度を25度に設定すると購買意欲をそそるそうだ。

 「夏はやる気が薄れて当然。頑張り過ぎず、適度に空調を利用し、休憩を長くとるなど、工夫して意識的に休んでください」

 夏のストレスには二つの原因があるという。一つはテンションが上がりやすいこと。海に山にと予定を詰め込み、疲れてしまう。もう一つは人疲れ。お盆の帰省で旧友や親戚と会ったり、家族ぐるみで遊んだりと、非日常的な行動が多く「たとえ楽しくてもストレスにつながる」という。

 疲れを感じても、しばらくは体がそれに適応しようとする「抵抗期」が続き、この時期は忙しくても頑張れる。だが、それでも休まないと、突然「疲弊期」が訪れる。

 疲れを残さないためには「ぼーっとする時間を持ちましょう」と大美賀さん。「携帯電話を手放すなどの『情報断食』をして、自由に空想を広げてください」。スーパー銭湯に行くのもお薦めだ。

 休みの最終日に旅行先から帰ることは避け、最終日は「骨休みデー」にしよう。夕方からは手帳を見て、日常への助走をつけよう。

 夏休みが終わると空虚な気持ちになりがちだが、それは「気持ち的時差ぼけ」。大美賀さんは「生活リズムを整え、1~2週間で元に戻れば十分という気持ちで過ごしましょう」とアドバイスしている。【榊真理子】

       牡丹臭木名入れ


りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

残暑お見舞い

2013.08.09(20:48) 736

残暑お見舞い申し上げます。
暑い毎日が続いています。
殺人的な暑さとのこと。本当に命にかかわるのではないかと思ってしまいます。
お互いに暑さ対策をしっかりして元気に過ごしましょう。

残暑2

りんむうフォトダイアリー



ごあいさつ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

戸田橋花火大会 2013

2013.08.08(17:06) 735

戸田橋花火大会がありました。
いきがい大学写真クラブのみなさんと行きました。
午後4時30分に川口駅に集合。
バスで戸田第2小学校下車。菖蒲橋を渡るとすぐ荒川土手にでます。
着いたときはちらほらしか人はいませんでしたが、
午後7時開始の時には土手の上は人でいっぱいになりました。
土手下の川の近くは空いていました。

夕食をみんなで食べてから、さっそくカメラを設定。

640006-R6281582.jpg1
モーターボートや屋形船などが続々集まってきます

640007-R6281588.jpg2
子どもたちは元気いっぱいで遊んでいました

       480001-P8030264s.jpg3
       薄暮時

       480004-P8030268A4.jpg4

       480007-P8030294A4.jpg5
       尺玉 画面に入りきりません

       480008-P8030304s.jpg6

       480009-P8030308s.jpg7

       480010-P8030319s.jpg8

       480014-P8030364s.jpg9

       480012-P8030327s.jpg10

       480013-P8030332s.jpg11

       480015-P8030366A4.jpg12
       傘をかぶっているような花火

640002-P8030310s.jpg13
       椰子

640003-P8030335s.jpg14

640004-P8030361s.jpg15

花火1

花火2

花火3

花火の写真は難しいといわれていますが、その通りですね。
シャッターを開けているのと同じ時間、保存時間が要ります。
気のせいかもしれませんが、その間に良い花火が上がっています。
シャッターを押すタイミングで写真の良し悪しが決まってしまいます。
「運」もあるかも知れません。( ̄□ ̄;)!!?

同じ場所で撮っていたせいか、同じような写真になりました。

花火の写真に挑戦するのは4回目です。
去年の写真と比べてみましたが、進歩もしていませんが退化もないです。

ご指導いただきました Tさんありがとうございました。

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2013年08月
  1. みさとサマーフェステバル花火大会(08/27)
  2. 酔芙蓉 色の変化(08/18)
  3. 夏の栄養補給 水分編 塩分とビタミンCも一緒に(08/14)
  4. 花火写真の合成(08/11)
  5. 夏バテにならないコツは(08/09)
  6. 残暑お見舞い(08/09)
  7. 戸田橋花火大会 2013(08/08)