FC2ブログ


タイトル画像

糖尿病に注目の新薬 ことし相次ぎ登場へ 

2014.01.28(21:31) 796

次のような記事がありました。

糖尿病に注目の新薬 ことし相次ぎ登場へ 尿中に糖を積極排出 「医療新世紀」
共同通信社 2014年1月28日(火) 配信


 生活習慣が主な原因となる2型糖尿病の治療で「SGLT2阻害薬」と呼ばれるタイプの薬が注目されている。糖尿病はその名の通り尿から糖が検出される病気。尿中の糖には悪いイメージがつきまとうが、この薬はそんな"常識"を覆し、血液中の糖を積極的に尿の中に排出するという、従来の薬とは全く異なる仕組みで血糖値を下げることに成功した。世界的に開発が活発化し、国内でも6製品の承認申請が行われた。ことしは新薬登場が相次ぐ見通しだ。

 ▽2千万人超

 厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、糖尿病が強く疑われる成人男女は2012年時点で推計約950万人。07年の前回調査から約60万人増えた。糖尿病の可能性が否定できない人は約1100万人で、前回から約220万人減ったものの、両者を合わせると実に2千万人超が患者やその「予備軍」ということになる。

 糖尿病増加の背景について小田原雅人(おだわら・まさと)・東京医大教授は「食べ過ぎによる肥満が増えているのは事実だが、この30年間、トータルの食事量はほとんど変わっておらず、国民全体が過食になっているわけではありません。では何が悪いのか。運動不足です。特に壮年期にその傾向が顕著です」と解説する。

 糖尿病の治療は、血糖を良好な状態に維持し、怖い合併症の発症や進行を防ぎ、健康な人と変わらない生活の質や寿命を保つのが目標。基本は食事療法と運動療法だが、それで血糖を十分にコントロールできない場合に薬物療法が追加される。

 ▽血液に再吸収

 薬には経口薬(飲み薬)と注射薬がある。このうち経口薬では、さまざまなタイプが使われてきた。膵臓(すいぞう)を刺激してインスリンの分泌を促進したり、肝臓や筋肉に作用してインスリンの働きを強めたり、消化管での糖質の消化・吸収を遅らせたり、あの手この手で血糖値の低下が図られた。

 しかし、SGLT2阻害薬が効果を発揮する仕組みは、これまでのものとは全く違う。

 血液は腎臓を通過する際にろ過され、尿のもととなる原尿が作られる。原尿は尿細管を通って最終的に尿としてぼうこうに蓄えられるが、その過程で原尿に含まれるブドウ糖やアミノ酸などの体に必要な物質が血液中に再吸収される。

 健康な人の場合、ブドウ糖は尿細管で99%以上が再吸収されるが、その取り込みに大きな役割を果たすのがSGLT2というタンパクだ。一方、糖尿病患者では原尿中の糖が多すぎるため、回収しきれなかった分が尿の中に出てきてしまう。

 ▽逆転の発想

 だが、糖尿病で本当に問題なのは血液中の糖であって尿中の糖ではないはず。ならば、SGLT2の働きを妨げて尿中に余分な糖をどんどん排出してしまえば、血糖を減らせるのではないか。そんな逆転の発想がSGLT2阻害薬を生んだ。

 「インスリンとは関係のない新しい仕組み。単独投与では、危険な低血糖を起こすこともない。患者さんによって従来の薬と使い分けることで、治療の幅が広がります」と平野勉(ひらの・つとむ)・昭和大医学部教授は期待する。

 平野教授によると、SGLT2阻害薬はエネルギー源である糖を排出するため、投与によって体重が2~3キロ減少する特徴がある。日本人にはやせた糖尿病患者が少なくないが、こうした患者では激やせや重い副作用につながる可能性があり注意が必要だという。

 国内ではことし、アステラス製薬などが開発したイプラグリフロジン(製品名スーグラ錠)を皮切りに、次々と承認、発売される見通しだ。(共同=赤坂達也)

640PA121773s.jpg
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

冬の夕景 動画

2014.01.28(11:38) 795

今年の冬は特に寒いように感じます。
夕焼けがきれいに出ている時があり、寒いのを我慢して撮りためました。
RAWで記録しましたが現像が上手くできず、まあまあのところで妥協しています。
ほぼ、見たままの色になっていると思います。

再生時間 1分51秒



りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

大寒の時期

2014.01.19(22:51) 793

今日は寒かったですね。
風もピューピュー、今年一番の寒さのように思いました。
駅前まで買い物に行ったのですが、目的のものだけ買って早々に帰りました。
明日は「大寒」です。

この頃は夕景がきれいです。
寒いのを我慢して写真を撮っています。

       480000-P1153138s.jpg

640000-PA091641s.jpg

640001-PB112407s.jpg

640002-P1130984.jpg

640003-P1130989.jpg

640004-P1153137s.jpg

640005-P1153141s.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

「がんと闘うな」に危惧

2014.01.11(15:00) 792

次のような記事がありました。

「がんと闘うな」に危惧 手術拒否の男性が死亡 作家・荻野アンナ 「アンナの日常復光」
共同通信社 2014年1月10日(金) 配信


 大腸がんを手術してから1年半、新年を迎える喜びもひとしおである。

 私の場合は見つかるなり切り、抗がん剤でみっちりたたいたのが正解だった。しかし昨今は「がんと闘うな」派に勢いがあり、その流れに危惧を抱く意見も出て、情報は錯綜(さくそう)している。

 「闘うな」派は、がんと似て非なる「がんもどき」の存在を指摘する。放置しても害のない「がんもどき」を、がんと混同して治療するのはたしかに問題だ。とはいえ本物のがんを放置すれば命にかかわる。

 患者は難しい決断を迫られるわけだが、対照的な二つの例が身近にあるので、ご紹介したい。

 Aさん(男性)はヘビースモーカーである。40代半ばまで、1日80本は吸っていた。せきが続くので近くの内科に行った。撮ったエックス線写真に、医師は眉をひそめた。気になる影があるからと、病院を紹介された。

 病院では肺がん専門の医師が検査をした。血中の酸素濃度から、肺の機能低下を指摘された。「とにかく月に1回来てください」

 半年通ったあげく、「もっと高度な専門医に診てもらったほうが」と紹介されたのが県立がんセンターだった。

 「これはもう本物だな」とAさんは落胆した。訪れたがんセンターの待合室には俳句・短歌のコーナーがある。今年の桜を来年も見られるのだろうか、といった類いの作品が並ぶ。ますます気分が暗くなった。

 若いドクターはエックス線写真を見るなり「肺がんですね」とあっさり告知。「すぐ開きます?」「ちょ、ちょっと待ってください」

 コンピューター断層撮影(CT)と磁気共鳴画像装置(MRI)にも影は出たが、決め手にはならない。2週間ごとの血液検査で様子を見ることになった。医師は「開いて見ればすぐ分かるんですけどね」と繰り返した。

 1年後、医師が最初のエックス線写真と最新のものを比較してみると、影は微妙に小さくなっていた。がんは絶対に減少しない。「強いて言うと肉芽腫ですね」

 結局、無事放免となるまでに1年半を要した。その間にAさんは遺言状をしたため、仕事の後を知人に託し、疎遠になった親戚と和解した。その後は禁煙にも成功した。がんと言われたのが人生の節目になった、と今だから言える。

 70代のBさんは、私のホームドクターの患者だった。2011年の2月に血尿で受診し、細胞診でぼうこうがんの疑いが出た。先生は総合病院の泌尿器科を紹介した。

 結果は4センチのがんで、転移はなく、切除可能。手術を勧められたが、Bさんは「がんと闘うな」派の心酔者で、医師とけんかして席を蹴ってしまった。

 Bさんの段階だと、手術でウロストミー(人工的な尿の排出口)を付けることになる。尻込みする気持ちが、余計に「闘うな」派へと向かわせたのか。Bさんは総本山の病院へ行き、高名な著者C氏に診てもらい、大満足であった。

 11年夏になり、Bさん(男性)はホームドクターの元に舞い戻ってきた。「しばらく様子を見て」から放射線照射をしてくれる先生を探すように、とC氏からアドバイスされていた。

 がんは「様子を見」たりしようものなら、恐ろしい速度で増殖すると、シロウトの私でも知っている。

 先生が、あらためて紹介した病院は、放射線のみでは治療として不適切であること、ましてや「しばらく様子を見て」から照射、というC氏のメニューでは無理な旨、Bさんに説明した。Bさんのがんは、この時すでに6センチになっていた。それでもBさんは手術を拒否した。

 その後Bさんは別の病院で放射線照射を受けた。治療が終了し、12年の頭に撮ったCTで、腫瘍は縮小していた。Bさんは笑顔でホームドクターに報告したが、先生のほうはいたたまれない気持ちを隠すので精いっぱいだった。

 12年は小康状態を保ったが、13年も6月になると、Bさんは食事も取れない状態になった。C氏の病院はもちろん、手術を断った二つの病院は受け入れ先にならない。先生が探してくれた個人病院で、ほどなくBさんは亡くなった。手術を受けてさえいれば、今でも元気だったはず、と先生は悔しがる。

 がんもどきに翻弄(ほんろう)されたAさんと、がんを直視しなかったBさんと。対照的な2人から、がんをめぐる複雑な現状が見えてくる。教訓は生かさねば、との思いを強くした。

 ※荻野アンナ氏の略歴
 おぎの・あんな 56年、横浜市生まれ。作家・慶応大教授。91年「背負い水」で芥川賞。93~94年、共同通信加盟紙に「アンナの工場観光」を連載。近著に「大震災 欲と仁義」(共同通信社)など。

   640P1033056s.jpg
        夕方のピンクの雲

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ミニ保険で万一に備え 病気ならチケット代補償

2014.01.08(23:23) 790

次のような記事がありました。

ミニ保険で万一に備え 病気ならチケット代補償 降雨で宿泊料返却 〈暮らしナビ〉
共同通信社 2014年1月8日(水) 配信

 楽しみにしていたイベントに病気で行けなくなったり、雨で旅行が台無しになったりしたときにチケット代金や宿泊料金を補償、返却する少額短期保険(ミニ保険)が注目されている。手頃な保険料で万一に備えられる安心感と使い勝手の良さが評判だ。

 ▽安心

 東京都内に住む50代の女性は一昨年春、上方漫才コンビをテーマにした演劇のチケットを購入。同時に、万一行けなくなった場合にチケット代金を補償するミニ保険「チケットガード」に加入した。チケットは1枚1万円以上と高額な上、介護する母親の容体次第ではキャンセルの可能性もあったからだ。

 公演前日に自身が体調を崩して観劇は実現できなかったが、女性は「少ない保険料でチケット代全額が返ってくるので、高額でも安心」と話す。

 ▽リスク回避

 この保険は東京海上グループのチケットガード少額短期保険(東京)が取り扱っている。補償対象はスポーツ観戦や音楽コンサート、演劇、映画などのチケットだ。チケット販売のインターネットサイト「チケットぴあ」で購入し、期日・場所が指定されたものに限られる。

 利用者本人や家族が病気で入通院した場合や、自宅の火災、宿泊を伴う会社の急な出張、交通機関の遅延・運休といった事情でイベントに行けなかったときに、チケットの代金(最高20万円)を全額補償する。

 保険料はチケット代金に応じ一定割合を納める仕組みで、高額なものほど割安になるよう設定。1万円のチケットの場合、保険料は850円だ。

 関西地域のイベントなどは対象外で、保険金の受け取りに必要な医師の診断書・証明書の費用は3千円まで負担してくれる。イベントが中止になれば保険料は返還する。

 担当者は「1万円以上する歌舞伎やオペラ、来日アーティストのコンサートのほか、数人で参加するイベントなどチケット代がかさむ際のリスク回避として利用されることが多い」と説明する。

 ▽お天気保険

 宿泊予約サイト大手の「ベストリザーブ・宿ぷらざ」は、旅行や出張先で雨に見舞われた際に宿泊代金を全額返す「お天気保険付きプラン」を取り入れている。運営会社のベストリザーブ(大阪市)が、「お天気保険」を取り扱うジャパン少額短期保険(東京)と提携したサービスだ。

 サイトで予約できる全国のビジネスホテルや旅館のうち、3分の1に当たる約3千施設が対象。降雨は宿泊施設の最寄りにある地域気象観測システム(アメダス)の記録を基に判定する。宿泊日の午後3~6時に1時間当たり0・5ミリ以上の雨が降り続ければ、宿泊代金を全額補償する。

 クレジットカードによる事前決済に限られ、加入料は宿泊代金の10%。宿泊日の3日前まで予約できる。「レジャーのほか、出張の多いビジネスマンの利用も増えている」(ベストリザーブの真玉寿人(またま・ひさと)社長)という。

   640P1033035s.jpg
     1月3日の夕日

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

新年おめでとうございます

2014.01.01(23:57) 789

新年おめでとうございます。
今年もブログ共々よろしくお願いします。


WS000034.jpg
         宇宙から撮影した若田光一宇宙飛行士からのメッセージです。

りんむうフォトダイアリー



ごあいさつ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2014年01月
  1. 糖尿病に注目の新薬 ことし相次ぎ登場へ (01/28)
  2. 冬の夕景 動画(01/28)
  3. 大寒の時期(01/19)
  4. 「がんと闘うな」に危惧(01/11)
  5. ミニ保険で万一に備え 病気ならチケット代補償(01/08)
  6. 新年おめでとうございます(01/01)