FC2ブログ


タイトル画像

骨盤臓器脱:患者増 中高年女性が筋力低下し発症

2014.03.27(23:47) 820

次のような記事がありました。

骨盤臓器脱:患者増 中高年女性が筋力低下し発症 森谷理事長「年に1度は検診を」 

毎日新聞社 2014年3月26日(水) 配信 /岡山

 中高年の女性に「骨盤臓器脱」が増えている。加齢などから骨盤を支える筋肉や靱帯が緩み、骨盤内の子宮、膀胱、直腸などの臓器が膣や肛門に下がり、症状が進行すると日常生活に大きな支障を与える。骨盤臓器脱に詳しい北区下中野の森谷外科医院の森谷行利理事長(63)は「早期発見のため、年に1度は大腸外科や肛門外科など専門医の検診を受けることが大切」と話している。【小園長治】

 骨盤臓器脱は、多産、難産の経験がある女性に発症傾向がみられるという。森谷理事長は「骨盤の底にある筋肉や靱帯は腹圧によって臓器が骨盤の外に出ないようにしています。しかし、中年女性は筋力が低下して発症する例が増え、70歳を過ぎると目立って多くなります」と話す。具体的な患者数は不明だが、「患者は年を追うごとに増えています」と指摘する。

 下がってくる臓器によって直腸脱、直腸瘤、小腸瘤、子宮脱、膣脱、膀胱瘤などに分類される。これらの臓器が単独または複合して起こる。発症する女性の傾向として、慢性的な便秘が継続する▽咳が連続して出る▽重い荷物を持つ作業に携わる▽肥満体型――などが挙げられている。

 症状としては、(1)トイレに頻繁に行くが尿が出にくく、残尿感がある(2)下腹部が引っ張られるような感じがする(3)股の間に挟まったような感覚(4)残便感がある(5)腸が肛門から飛び出る(6)腹部に力を入れると膣が膨らむ(7)肛門の周辺を押さえて排便する――など。投薬治療はなく、治療は手術療法となる。

 森谷理事長は「骨盤臓器脱は、さほど知られていません。このため、腹部など違和感を覚えても、分からないまま、がまんしてしまうケースが多い。重症化すると排便障害などを引き起こし、日常生活にダメージを与えます。何より大切なのは、早期発見、早期治療。患者さんの負担も少なくなります」と検診の重要性を訴えている。


○1シルバー2重枠細い白木蓮バック灰色
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ミツマタが咲いています

2014.03.26(22:33) 819

三叉が咲きました。
樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になる。
しわになりにくく高級で、また虫害にもなりにくいので、
1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われる。
                   季節の花300より

黄花と赤花があります。

ご近所に咲いている赤花ミツマタです。


       480R6284114s.jpg

       640R6284103.jpg

640001-P3233992s.jpg

640003-P3233996s.jpg

640001-P3233975s.jpg

700ミツマタ名前

640000-P3284259s

640001-P3284261sss.jpg 

3680ミツマタ

640R6284102s.jpg

6801824480少女ミツマタ

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

酒かすが肝炎予防に効果

2014.03.25(00:27) 818

次のような記事がありました。

酒かすが肝炎予防に効果 月桂冠総合研究所
共同通信社 2014年3月24日(月) 配信


 酒かすに含まれるタンパク質が、肝硬変や肝臓がんにつながる「非アルコール性脂肪肝炎」の予防に効果があることが、月桂冠総合研究所(京都市)の研究で明らかになった。28日に明治大生田キャンパス(川崎市)で開催の日本農芸化学会大会で成果を発表する。

 非アルコール性脂肪肝炎は、お酒を飲まない人でも脂肪分の取りすぎなどで発症する生活習慣病。自覚症状がほとんどなく、特に中高年の発症が多いという。

 月桂冠総研は京都府立医大の監修によるマウス実験で、ココアバターなど高脂肪の餌を与えた集団と、同じ餌に酒かすの成分を加えた集団を比較した。その結果、酒かすの成分を加えなかった集団では肝臓への脂肪の付き具合を示す数値が、加えた集団と比べて約3倍になったという。

 また肝硬変に進む過程で生じる肝細胞の死滅が、酒かすを加えた集団で抑えられたことも確認した。

 月桂冠の広報は「食品や飲料メーカーと組んで、酒かすを使った機能性食品を消費者に提案していきたい」と話している。

水玉枠透過寒緋桜
            寒緋桜

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

今年の梅の花

2014.03.22(12:39) 816

季節は確実に巡ってきます。
梅も咲きましたし昨日はお彼岸でした。
そろそろ桜の開花情報も出る頃です。

ご近所で梅の花を撮ってはいたのですが、なかなか整理ができませんでした。
今年は梅の名所には出かけませんでした。

「吉野梅郷」が今年最後の梅まつりとのこと。
残念です。一昨年、昨年と行った時はウィルスに犯されていると言っていました。

640480P3073652透過4

水玉枠透過ss


640006-P3133848sブルーム

          480000-P3153866s.jpg

          480001-P3153897s.jpg

640002-P3063513sブルーム

640003-P3113779sss.jpg

640005-P3133841ss.jpg

640007-P3153896s.jpg


640000-P3063467sバックライト25

640004-P3133833ss

梅加工

梅の花2014

640000-こらーじゅ

640002-コラージュ2







りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

復興っていったい何? 香山リカのココロの万華鏡

2014.03.11(18:42) 815

次のような記事がありました。

復興っていったい何? 香山リカのココロの万華鏡
毎日新聞社 2014年3月11日(火) 配信
香山リカのココロの万華鏡:復興っていったい何? /東京



 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から3年。自分がどこにいて、この大災害とどういう関わりを持っているかで、「復興の進み具合」の捉え方は大きく違うと思う。たとえ被災地に暮らしていても力強い復興への歩みを感じ、希望を持って日々を送っている人も多いはずだ。

 私は東京にいるが、正直に言うと、ほとんど復興を実感できずにいる。それは私があの日以降、被災地の自治体職員の、心のケアに携わり続けているからだ。こういった大災害が起きると、仕事の量や内容が最も大きく変わるのが、役場や公立施設などの職員だ。この震災では税務係や戸籍係といった部署に関係なく、多くの自治体職員が避難所や遺体安置所で苛酷な労働に従事した。

 中には自分も家族や家を失い、悲しみの中にありながら、住民のために働き続けた人もいた。それなのに、住民のために尽くすのが仕事である公務員にはねぎらいや感謝の声がかけられない。そんな中で心身の調子を崩す人も少なくなかった。

 そういう自治体職員のための電話相談や現地での相談室を続けているのだが、その件数は2年たっても3年たってもあまり変わらない。とはいっても、その件数は最初からそれほど多くなく、かといってゼロになることもなく、いつも同じペースを保っている。しかもその内容は、震災直後より最近のほうが深刻になりつつある。

 震災後、激増した業務のストレスに加え、自分の家族や同僚との人間関係など日常的な問題も出てきて悩みがより複雑になってきている印象がある。なかなか進まない復興に、管理職らもイライラしてきているせいか、役所内でのパワハラも目立つ。

 被災地自治体職員の電話相談の日。今日も電話が鳴る。「ずっと相談したかったのですが、その余裕もなかった。ようやくかけられました」と、匿名で被災地の役所に勤める人が震災以降、たまっていた思いを吐き出す。最初はおずおずと、そしてそのうち声が大きくなり、涙で言葉が詰まることもある。

 こんなことが2年前にも、1年前にも、そして今も続いている。被災地の「支援者への支援」の重要性を感じている専門家仲間と一緒に相談に応じながら「復興っていったい何のこと?」と言いたくなることもある。電話の件数ゼロが続く日など、本当にいつか来るのだろうか。「きっと来るはず」と信じて、今は「進まぬ復興」に伴走していくしかないと思っている。


     4805401814544s白s
        半旗を掲げて  今日は3月11日


りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

宇宙から見る富士山

2014.03.09(11:02) 814

ISS滞在中の若田光一宇宙飛行士のtwitterより

Koichi Wakata ‏@Astro_Wakata
昨日の朝、日本付近の太平洋上空を通過した際に撮影した富士山です。
pic.twitter.com/GgDGB53MVq

富士山を400km上空の真上から見る図。

BiNkLRSCYAE5_AP.jpg





りんむうフォトダイアリー



宇宙 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

失敗したいわけではない 香山リカのココロの万華鏡

2014.03.04(23:32) 812

次のような記事がありました。

失敗したいわけではない 香山リカのココロの万華鏡
毎日新聞社 2014年3月4日(火) 配信
香山リカのココロの万華鏡:失敗したいわけではない /東京


 ソチ・オリンピックから帰国したフィギュアスケートの浅田真央選手が、外国特派員協会で記者会見した。試合や今回の結果を振り返った後で、外国人記者が森喜朗元首相の「あの子は大事なところで必ず転ぶ」という発言についてどう思うか、と聞いた。踏み込んだ質問にも、浅田選手が笑顔で「人間なので失敗する。したくてするわけではない」と切り返した言葉にハッとした。

 これは、いろいろな場面で共通しているのではないか。例えば診察室にやって来る人たち。病が長引き、障害者として手帳や年金を申請しなければならなくなる人もいる。申請書類は何通にも及び、医師の診断書もけっこう複雑だ。「何とか今日中に診断書を書いてもらえませんか」と言われると、つい「診察が終わってから夜、遅くになりますけど」とぶっきらぼうに答えてしまい、患者さんは「本当にすみません」と何度も頭を下げる。

 その姿に「そうだった。この人も病気になりたくてなったわけではないんだ」と今更ながら気づいて「こちらこそごめんなさい。なるべく急いで書きますね」と、不機嫌な態度を取った自分が恥ずかしくなることがある。

 今はちょうど受験のシーズンだ。合格する人がいれば不合格者もいる。我が子が失敗すると、親はつい「どうして不合格なわけ? 勉強しないからこうなるのよ!」と叱ってしまうこともあるが、本人だって落ちたくて落ちたわけではない、ということは忘れないようにしたい。

 もちろん、「したくてしたわけじゃない」と言って全てが許されるわけではない。たとえうっかりミスや過失であっても、相応の罰を受けなければならないこともある。ただ、日常の場面では、特に一生懸命努力した人が期待された成果を上げられなかったからといって、「どうして?」「あなたが悪いから」と一方的に責めるのは控えたい。

 特に病や障害を抱えている人、事故や災害に巻き込まれた人は、「それだけは避けたい」と思っていたのに、そうなってしまったかもしれないということをしっかり胸にとめておくべきだろう。そうすれば、なりたくもない病、経験したくもなかった災難に関わることになってしまった人に対して、もう少しやさしくなり力を貸そうとしたくなるはずだ。

 失敗したくてする人や、不幸になりたくてなる人はいない。シンプルで、でもつい忘れてしまいそうになる大切なことをオリンピックから帰ってきた浅田選手は教えてくれた。


     480007-P3272319s文字




りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

地上400kmからのグランドキャニオン ISSより

2014.03.04(11:40) 811

若田光一宇宙飛行士のtwitterより。
Koichi Wakata ‏@Astro_Wakata  3月2日
Nice view of Grand Canyon in the US. pic.twitter.com/KpXCiqXoGA

米国のグランドキャニオンの3月2日のよい視界。

640グランドキャニオン
ISS(国際宇宙ステーション)から見た米国のグランドキャニオン


ISSは、地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。
ウィキペディアより。

りんむうフォトダイアリー



宇宙 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

五輪女子スケート キム・ヨナ選手 今季がぎりで引退

2014.03.02(00:53) 810

今年のオリンピックは見ごたえがありました。
ついつい夜ふかしです。生活リズムが狂いますね。

キム・ヨナ選手が今季限りで引退するとのこと。
真央ちゃんのいいライバルでした。

キム・ヨナ選手の不思議なところは、リンクに上がるととても色っぽくなるところ。
世の男性方が魅了されるのも納得です。

640009-WS000055.jpg

キムヨナ

キムヨナ2


りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2014年03月
  1. 骨盤臓器脱:患者増 中高年女性が筋力低下し発症(03/27)
  2. ミツマタが咲いています(03/26)
  3. 酒かすが肝炎予防に効果(03/25)
  4. 今年の梅の花(03/22)
  5. 復興っていったい何? 香山リカのココロの万華鏡(03/11)
  6. 宇宙から見る富士山(03/09)
  7. 失敗したいわけではない 香山リカのココロの万華鏡(03/04)
  8. 地上400kmからのグランドキャニオン ISSより(03/04)
  9. 五輪女子スケート キム・ヨナ選手 今季がぎりで引退(03/02)