FC2ブログ


タイトル画像

お彼岸と彼岸花

2015.09.30(23:16) 1052

彼岸花とはよくいったものでお彼岸の時期にピッタリ咲きますね。
不思議です。
子どもの頃はあぜ道にも咲いていましたが、お墓に咲いていることが多かったように思います。
そのためかあまり好きな花ではありませんでした。
しかし、この頃は白やクリーム色などもあり親しみやすくなっています。

写真を撮るとなると難しい花です。
どのように撮って良いのかさっぱりわかりません。
洋風のような花でもあり、和風のようでもありやはり撮るのは難しいですね。

480R6295898 雨の日の彼岸花

480R6296063s.jpg

640P9154600.jpg

640P9154664.jpg

640P9194877.jpg

640P9194883.jpg

640P9194898s.jpg

640P9205131.jpg

640R6295889.jpg

640R6295962.jpg

640R6296158.jpg

640R6296167.jpg

640R6296185.jpg

480P9205364.jpg

480P9205396.jpg

彼岸花11
彼岸13
彼岸12
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2015年スーパームーン

2015.09.29(21:30) 1051

2015年9月28日のスーパームーンです。
月は思いの外明るいですね。普通に撮ると真っ白になってしまいます。

今日、体操教室で講師の方が月の話しをしましたが、殆どの方々が月を見ていたとのこと。
関心の深さが伺われます。日本人は月が好きなのですね。
ただ、写真を撮ったという方はいませんでした。

月だけ撮っていたのでは面白みがありません。
スズキやぬいぐるみのウサギさんとコラボしようと苦労しましたが結局失敗。
合成しました。
Elementsを使用し、通常→スクリーンで上手く透明になりました。

640P9275463.jpg
          ↑ スーパームーン 
 
640P9275460.jpg
          ↑ スーパームーン  青っぽく加工

640PB118933g_edited-3.jpg
     ↑ 定番のススキに月です。

     480P1070217gs.jpg
          ↑ お台場の自由の女神像と月

     480P1070966gg.jpg
         ↑ 原宿にて

     480R0012255g.jpg
          ↑ 江ノ島の海から昇る月

640P1070316g.jpg
          ↑ お台場

640P9124383gs.jpg
          ↑ 真昼の月をイメージ

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

コムラサキの実が色づいています

2015.09.29(15:11) 1050

コムラサキの実が色づいていますね。
濃い紫色が目立ちます。
雨上がりは色が鮮やかです。ご近所で撮りました。

小紫は紫式部を小さくしたものなのでこの名前になった。
小さいが、実のつきかたがいいので、花屋さんでは紫式部より人気が高い。 季節の花300より

     480P9154619.jpg

     480P9195020.jpg

     480P9195025.jpg

     480P9195030.jpg

     480P9195032.jpg

     480P9205260.jpg

     480R6295794.jpg

640P9154644.jpg

640P9154646.jpg

640P9154653.jpg

640P9154654.jpg

640P9195024.jpg

コムラサキ2
コムラサキ1

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

虚弱予防は口から 食べこぼし、むせに注意

2015.09.19(12:27) 1048

次のような記事がありました。

虚弱予防は口から 食べこぼし、むせに注意 歯科医師会が運動提唱 「医療新世紀」
その他 2015年9月15日 (火)配信共同通信社
 ちょっとした滑舌の悪さや食べこぼし、飲み物にむせるといった口周りのトラブルは、高齢者の体が弱っていく最も早いサインだ。日本歯科医師会は、そうした不調をまとめて「オーラル・フレイル(口腔(こうくう)機能の低下)」と呼んで、早い段階での対処を、虚弱を予防するための国民運動にしようと提唱。効果的な普及啓発の在り方を検討している。

 ▽ささいなうちに

 口周りの健康と全身の状態との関係には科学的な裏付けがある。

 東京大高齢社会総合研究機構の飯島勝矢(いいじま・かつや)准教授(老年医学)らのグループは千葉県柏市の協力を得て、市内の65歳以上の高齢者1900人余りで口腔や全身の健康状態、食生活、生活の質など224項目を3年にわたって調査した。

 すると「歯の本数」や「食べこぼし、むせ」「かむ力」「食事の量」など多くの項目が、全身の筋肉量や筋力の低下、運動機能の低下などと強く関連していた。

 飯島さんらは項目ごとの関係を解析し、想定される虚弱の進み方を4段階の流れ図で表現。そのうち、筋力や運動機能の低下の前段階に当たる口周りの不調を、新しい概念として「オーラル・フレイル」と位置付けた。

 「軽微な口の弱りは、全身の虚弱の"上流"に当たる。この段階で対策を講じれば『ささいなトラブル』だからこそ元に戻したり、機能を維持したりできるはずだ」と強調する。

 ▽悪循環

 飯島さんはさらに、高齢者の社会的な活動性に着目する。家族や知人と食卓を囲む人は、独りで食べる人に比べて不調も少ないという。「皆と一緒なら多様な食品を食べるし、会話も弾み、唾液も出る」からだ。また、自分の健康への興味、関心も大事。口の状態を気にする人は歯科医にかかる機会も多く、機能がより長く維持できる。

 では、どうやって不調に気づき、対応をしたらいいのか。東京都健康長寿医療センター専門副部長で歯科医の平野浩彦(ひらの・ひろひこ)さんは兆候として「硬い物が食べにくい」「液体でむせる」「口が渇く」の三つを挙げ、「体の筋肉と同じ。食べる力も意識して使わないと衰える」と自助努力の必要性を指摘する。「かめない」「軟らかい食べ物を選ぶ」「さらに衰え、いっそうかめない」...という悪循環が典型的な始まり。食欲の低下を経て、栄養状態の悪化を生む。

 ▽パ、タ、カ

 自分がしっかり食べ物をかめているのか、簡単に分かる方法がある。奥歯でしっかりかむとあごも大きく動き、頬に手を当てると大きな筋肉の動きが伝わってくるはずだ。前歯だけをかみ合わせても筋肉はあまり動かない。平野さんによると、軟らかい物を食べる際は主に前歯しか使わず、このかみしめるための大きな筋肉が衰えてしまう。いつの間にか、好き嫌いより食べやすさで食べ物を選ぶようになることも、かむ力の衰えを示す要注意のサインだ。

 口の動きを測る簡単なテストもある。「パパパパ...」「タタタタ...」「カカカカ...」。パ、タ、カの3音を短時間でどれだけ細かく発音できるか。医学的にも確立した試験で、唇や舌の機能を示す。特に「カ」は舌の根元を使うため、のみ込む力と密接な関係があるという。

 口周りのちょっとしたトラブルへの対策は、まずはかかりつけの歯科で相談して指導を受けるのが一番。各地の歯科医師会が高齢者向けのセミナーや相談会を催したり、自治体が筋力強化や栄養指導と併せて教室を開いたりしている。(共同=由藤庸二郎)

640P9154517.jpg
               柿の実

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

星空の撮り方

2015.09.14(10:10) 1042

星空の撮り方の情報を集めました。
詳しくは下記URLをクリックしてご覧ください。

簡単にまとめると次のようになります。
必要なもの
標準レンズ(広角側が撮影できるズームレンズ可) 単焦点レンズ17mm  三脚  レリーズ パーマセルテープ(マスキングテープ)  ライト。

場所
できるだけ暗く新月かそれに近い時期。基本的に空が青く太陽の日差しが強い日の夜であれば撮影できます。
月齢カレンダーを参照してください。

撮影方法
持っているレンズがズームの場合、必ず構図を決めてからピントを合わせる様にします。
ピントを合わせてからズームリングを回すとピントがずれてしまう為です。
構図の中に木や山などを写り込ませてもメリハリのある写真になると思います。
レンズをマニュアルフォーカスモード(MF)、手振れ補正をOFFにする。
レンズを一番広角側にセットして、ズームリングを固定。
広角(12mmや18mmなど数字の小さい側)にセットしてパーマセルやマスキングテープでズームリングを固定してしまいましょう。
ISO6400、F値 最小、シャッタースピードは15秒にセット。RAW撮影がおすすめ。

ピント合わせ(星空撮影で最も重要)
ライブビューを起動させて拡大させると、ピントが合っているかどうかすぐわかります。拡大画面でフォーカスリングを回して、星が点になる部分を見つけてください。
こちらを参考にピントを合わせてください。
明るい1等星がモヤっと玉ボケのようになっているならピンボケの可能性が高いです。
ベストなピント位置が分かったらピントリングもテープで固定してしまいます。ズームリングとピントリングの両方を固定。
ピント合わせのコツはこちらからのURLに詳しく書いてあります。重複するとは思いますが、もっとも重要なことなのでリンクしました。
ピント合わせのコツ

注意
15秒は通常「15″」と表示されます。「15」は1/15秒のことですのでご注意ください。
明るすぎるなら、ISOを徐々に落としていきます。

星が点ではなく、線になってる。 
シャッタースピードを遅くしすぎていませんか? 点として写すならシャッタースピードは15秒程度、長くても30秒までにします。
または、望遠側で撮影していませんか?望遠側で撮ると、ちょっと星が動いただけでも線として写ってしまいます。なるべく広角側で撮るのがいいです。

カメラを真上に向けられない
そんな時は、三脚にセットする方向を逆にしてみましょう。真上に向けることができるはずです。

おススメのホワイトバランスは? 電球モードや(白熱)蛍光灯など寒色系のホワイトバランスがおススメです。

参考にした記事

実はそんなに難しくない、美しい星空を簡単に撮る方法![撮影編]

星空を撮ってみよう

星空の撮影は意外と簡単!?使えるレンズとカメラの設定方法

480WS000056.jpg

480WS000057.jpg

640WS000055.jpg
            写真はWebより

りんむうフォトダイアリー



未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

大雨後の田んぼ

2015.09.13(10:24) 1046

9/10、台風から変化した低気圧の影響で大雨が降りました。
その次の日の田んぼの状態です。
この辺は刈り取りの終わったところと、まだのところがあります。
刈り取り後の田んぼに水がたくさん溜まっていました。
幸いなことに被害は少ないとのことです。

       480P9114219sgg.jpg

       480P9114241.jpg

640P9114242 sg- コピー

640P9114265sg.jpg

640P9114229sg.jpg

640P9114254sg.jpg

640P9114252sg.jpg

640P9114260sg.jpg

640P9114234g.jpg
       はざ掛け

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

白飛び写真の調整方法 範囲選択をして調整する方法

2015.09.11(21:54) 1044

白飛び写真の調整方法で範囲選択をしてその部分だけに調整する方法です。
PhotoshopElements13を使っていますが、Elements9以降なら調整ができます。

640調整前後範囲選択
                    白飛びが調整されています

エレメンツを開く。「エキスパート」を使います。古いバージョンでは「編集」になっています。
調整する画像をウィンドウに表示させてください。
この時に白い花だけを白飛び調整したいときは、範囲選択をします。
範囲選択の方法を説明します。
左側のツールバーから自動選択ツールをクリック。

白飛び14

640白飛び11
↑ このように下のバーに表示されます。
自動選択ツールを選ぶ、追加を選び、隣接にチェックを入れる。
画面の白い花びらの部分をクリックしていきます。
そうすると自動的に離れた場所の花びらも選択され破線で囲まれていきます。

白飛び13
↑ もし、余計な部分まで選択されてしまったら、「削除」をクリックしてから、Altキーを押しながら、選択した部分をクリックするとその範囲を消すことができます。

編集メニューバーにある「画質調整」→「ライティング」→「シャドウ・ハイライト」を選択します。
すると、「シャドウ・ハイライト」のダイアログが開きます。
「プレビュー」にチェックを入れた状態で、「シャドウを明るく」を「0%」、「ハイライトを暗く」を「60%」にします。(量はご自分で調節してください)

白飛び12

これで、範囲選択をした部分にだけ白飛び調整をすることができました。
花だけでなく風景の山などにも応用することができます。

「プレビュー」のチェックを外すと調整前の写真を確認できますので、効果を確認して、それで良ければ「OK」をクリックします。
最後にメニューバーの「ファイル」→「別名で保存」を選択し、ファイル名を入力して「保存」ボタンを押してください。

前の記事
範囲選択をしないで白飛び調整をする方法
この場合は画像全体に白飛び調整されます。
白飛び写真の調整方法

りんむうフォトダイアリー



画像加工 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

見沼代用水西縁散策

2015.09.09(16:37) 1043

9/6(日)、見沼代用水西縁に撮影会に行ってきました。
写真クラブの8人が参加。案内役はなんでもよく知っていて地理に明るいHさんです。
大宮駅に集合、午後から雨の予報でどうなることやら。

刈り取り直前の稲穂が頭を重そうにしていました。
稲刈りも現代風で刈り取ってすぐ玄米と籾殻とに分けられていました。

花を撮ったり、蝶やトンボと遊んだりと童心にかえりました。
日曜日だったので公園には子どもたちも多かったですね。

14時頃には帰途につきましたが雨にも降られずラッキーでした。
自宅の最寄駅に着いた時は本降りの雨になっていました。
歩数は、18,000歩 少し疲れた。

       480P9063788g.jpg

640P9063741g.jpg


640P9063767.jpg

640P9063793g.jpg

640P9063805gサイクリング
       サイクリングロードになっています

640P9063823g.jpg

640P9063727g.jpg

640P9063828.jpg

       480P9064192s.jpg

640P9063841gこっちも写して

640P9063879セセリチョウ
            セセリ蝶

640P9063959捕まえたトンボ

640P9063965sg.jpg

640P9063984データ1800分の1秒

640P9064085g紅葉の始まり
            紅葉の始まり

       480P9064049gg水辺のカップル
            水面への映りこみ

       480P9063970g何がいるかな

       480P9063758g刈り取り後
            稲刈り後

りんむうフォトダイアリー



撮影会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

白飛び写真の調整方法 Elements13使用

2015.09.07(22:10) 1041

せっかく撮った写真をPCで確認したら「白飛びしてた~」ということがありますよね。
これでは印刷ができません。
PhotoshopElements6以降なら調整できます。お試しください。
ここでは Elements13を使っています。

使うサンプル画像はこちらです。

     640白飛び前後
                        白飛びが改善されています

エレメンツを開く。「エキスパート」を使います。古いバージョンでは「編集」になっています。
     WS000004sirootbi (4)sirotobi

調整する画像をウィンドウに表示させてください。
編集メニューバーにある「画質調整」→「ライティング」→「シャドウ・ハイライト」を選択します。すると、「シャドウ・ハイライト」のダイアログが開きます。

「プレビュー」にチェックを入れた状態で、「シャドウを明るく」を「0%」、「ハイライトを暗く」を「60%」にします。(量はご自分で調節してください)これで、白飛びをした花の部分にある程度の濃度が付きます。
「プレビュー」のチェックを外すと補正前の写真を確認できますので、効果を確認して、それで良ければ「OK」をクリックします。
最後にメニューバーの「ファイル」→「別名で保存」を選択し、ファイル名を入力して「保存」ボタンを押してください。

     WS000004sirootbi (5sirotobi)

部分的に白飛びをしている場合は、その部分を範囲選択してから白飛びの調整をしてください。
白飛び写真の調整方法 範囲選択をする場合


知って得するテクニック
白飛びしている部分に濃度を加えようと思っても、できない場合があります。その判断基準をご紹介しておきます。
編集メニューバーの「ウィンドウ」→「情報」を選択すると、「情報」のダイアログが表示されます。白い花部分にポインタを置くと情報のR、G、Bにそれぞれ数値が表示されます。この数値が「250」以上になっていたら、濃度を加えることができません。その場合は補正をあきらめてください。

     WS000004sirootbi (1)


参考にした記事
白飛びを補正する

りんむうフォトダイアリー



画像加工 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

終のすみか 養老孟司さん

2015.09.04(16:18) 1037

次のような記事がありました。

耕論)終のすみか 、養老孟司さん
その他 2015年9月1日(火)配信朝日新聞
 老後、どこでどのように暮らし、どんな最期を迎えるのか。都会から地方へと移住するのか。今の場所にとどまるのか。終(つい)のすみか、そして人生終盤の生き方について考えた。

 ■どこで最期、問題ではない 養老孟司さん(解剖学者)

 すでに葬式も済ませ、戒名ももらっています。5歳で父と死別し、約3千体の遺体を見てきた私にとって、死は考えても仕方のないもの。致死率100%、どうやっても逃れられない。しかも、告別式の日取りを知ることさえできないのですから。

 ところが、90歳になっても「死にたくない」なんて言う老人がいます。死にたくないとは、いまのまま変わりたくないということになります。

 生物である人間は日々、寝ている間も変化するのが当たり前。最近の研究では、人間の身体をつくる分子は7年ですべて入れ替わる、と言われています。すると、私なんて11回も替わったことになる。それでも同じ人間と言えるのか、と思うほどです。

 鎌倉時代初期の文学者、鴨長明は「方丈記」で〈ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず〉と書きました。河を流れる水は絶えないが、決してもとのままではない。〈世中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし〉。人も住まいもまた変わり続けるのが常なのだ、と。つまりは、無常です。

 ところが近代以降、自然を排して都市をつくる過程で、人間は意識であらゆるものをコントロールできる、と錯覚するようになりました。その結果、自意識が肥大して「私」が幅をきかせ、日本では家制度や共同体が壊れていきました。

 親戚や地域の人間関係は面倒でも、暮らしを支える保険のようなものです。それが断ち切られた東京圏で単身世帯が増え、高齢者を介護する人手が足りなくなるのは必然でしょう。

 かつて、私は「参勤交代の復活」を提唱したことがあります。田舎暮らしのススメです。俳人の松尾芭蕉も歌人でもある西行法師も晩年は放浪していました。

 いま、多くの人が病院で生まれ、病院で死ぬということは、生きている間は「仮退院の患者」みたいなもの。どこに身を置いてもいいでしょう。終(つい)のすみかでなくても、1年に3カ月ぐらい都会を離れてみるのです。

 光を浴び、土に触れ、風を感じる。刻々と変化する自然によって五感に刺激を与える。あるいは、人間がつくったものでないものに目を向けてみる。たとえば、雲。どうしてあんな形をしているのか。あるいは、葉っぱ。どうして、こんな形でこんなところについてるのか、と考えをめぐらせてみる。

 すると、気づくはずです。自然のように、人間の意識ではどうにもならないものがあるんだ、と。そして、当たり前のことを思い出す。「今日という日は明日にはなくなる」。ならば、どこで最期を迎えるかはたいした問題ではない、と思うようになるでしょう。(聞き手・諸永裕司)

     *

 ようろうたけし 37年生まれ。東京大学名誉教授。著書に「バカの壁」「死の壁」、共著に「日本人はどう死ぬべきか?」ほか。

      480P9013649sg.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

患者塾 医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき いいところを褒めまくる

2015.09.02(20:52) 1038

次のような記事がありました。

患者塾 医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき いいところを褒めまくる
その他 2015年9月1日(火)配信毎日新聞社
患者塾:医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき いいところを褒めまくる /福岡

 文化勲章受章者で作家の瀬戸内寂聴さんが闘病から復帰し、またテレビや雑誌で元気な姿を見せてくれるようになりました。骨粗しょう症による圧迫骨折に対し「骨セメント療法」をして回復に向かったものの、検査の途中でたまたま胆のうがんが見つかり復帰に1年かかったそうです。「いよいよ腰の曲がった老人になったと老いを確認させられた」と言う割には、毒舌は若い時以上にさえ渡っていて、とても90歳を超えているとは思えないほどです。

 対談で、男性に関する話題になった時のことです。「男は褒めときゃいいのよ。探せばどこかいいとこがあるものよ」というのです。確かにこれは名言です。どこかで聞いたことがある言葉だな、と考え巡らしていて、しばらくして鮮明に30年前を思い出すことができました。

 医者になって約5年たち、一人前になったと自信を持ち始めた頃に、尊敬する内科の教授から厳しく注意された時のことです。糖尿病の患者さんが「仕事の関係で接待が続き、どうしても食べ過ぎてしまう。アルコールも断れない」と言うので、それは絶対にだめだと説教したと話したら、その教授は「患者は褒めろ。褒めなきゃだめだ。説教したら来なくなる。来なくなったら病気がひどくなる。女も褒めろ。褒め過ぎるくらいに褒めとけば、女は機嫌がよくなる。そしたら、こっちも元気になるだろう」とレクチャーを始めたのです。

 褒め方の詳しいノウハウも教わりました。「いいかげんな褒め方はかえって相手を傷つける。相手も自分も十分に納得できるようないいとこを見つけて、そこを集中的に褒めまくるんだ。どんなつまらんように見えるやつでも、探せば必ずどこか褒めるとこがあるもんだ。それが生活指導のコツなんだよ」と力説してくれました。その教授も毒舌で有名な人でした。病院中に聞こえるような大声でつばを飛ばしながら患者さんを激しく怒鳴ることもあるのですが、肝心なところでは優しく褒めまくり励ますのが上手でした。叱る時にも褒める時にも、決して感情に走らず真摯(しんし)な態度で臨むので、それが自然と相手に伝わったのでしょう。

 テレビの仕事を10年ほどして医学部を受験し直した時、高校時代の恩師から言葉巧みに褒められて、諦めずに勉強を続け合格できたのを思い出します。夏が過ぎた頃「この成績だとちょっと無理かもしれない」と弱音を吐くと、恩師は「点数こそ悪いが、この答案はしっかり勉強したやつの書き方だ。今こんな答案が書けるのなら、来年の本番にはきっとすごい成績になっていると思う。オープン戦でこのくらいなら十分だろう」と淡々と話してくれました。実際、年が明けてから成績は一気に伸び、志望校に合格できました。今日があるのは、恩師のその時の思いやりいっぱいの褒め言葉があったからだと感謝しています。

 最近、生活習慣病の指導法が集学的に検討されるようになりました。「集学的に」とは、内科だけでなく脳科学や心療内科やいろんな分野の専門家が集まって総合的に検討することをいいます。糖尿病を医学的な側面だけから考えると、カロリーを厳守してバランスのいい食事を取るのが一番ということになります。こてこてした高カロリーの食事は禁止ですが、厳しく禁止されると食べたい欲望がさらに強くなることが脳科学の研究で分かっています。また、ストイックに制限された食事を続けていれば、精神的に追いつめられ「燃え尽き症候群」になる可能性があることは、心療内科の分野で多くの医師が経験しています。ある程度頑張ったら自身を褒め、たまには許される範囲で羽目を外すことも必要です。医師や栄養士や看護師はそのサポートを適切にしていく必要があります。

 仕事に疲れて帰った亭主が珍しく掃除をしていたら「疲れて帰ってるのにありがとう」と女房が言ってくれれば、うれしくなってもっと家事を手伝ってくれるようになる――で末永く夫婦円満にやっていけるというのが瀬戸内寂聴さんの考え方だと思います。一方、女房が体調が悪くても夕飯を作るのは当たり前だと思っちゃいけない。「今日は疲れてるみたいだな。どこかに食べに行こうか」とか言ったら、倦怠(けんたい)期の夫婦も少しはうまくやっていける、というのが先程の教授の実生活に基づく理論です。

 患者塾には、医者への不満の声がたくさん届きます。ちゃんと分かりやすく説明してくれないとか態度がでかいとか、無愛想だとか表現はいろいろですが、要は「満足できる医者ではない」ということでしょう。先日、大学の後輩が主治医だという70代後半の女性から電話がありました。何を言っても何を尋ねても「大丈夫。心配ないですよ」と面倒くさそうに言われる。それを繰り返し聞く度に不安が募るというのです。私が知っている彼の人柄を紹介し、心にもなく大丈夫などと言う男ではないと伝えました。そのうえで納得できたら「先生からその言葉を聞くと本当に安心します」と言ってみたら、と提案しました。1カ月後「ありがとうございました。なぜ大丈夫かを丁寧に分かりやすく説明してもらい、本当に安心できました」ということでした。

 全てがこんなふうにうまくいくとは思いませんが、家族も他人もあるいは自分自身も思い切って根拠に基づいて褒めてみると「思わぬご褒美」が返ってくるような気がします。(患者塾塾長・小野村健太郎)

〔福岡都市圏版〕

640P5207050h睡蓮 - 完

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

デング熱対応の病院名公表 「医療新世紀」

2015.09.02(00:25) 1036

次のような記事がありました。

デング熱対応の病院名公表 「医療新世紀」
2015年9月1日(火)配信共同通信社
 日本感染症学会は、蚊が広げるデング熱などの感染症の診療に対応する全国の専門医療機関のネットワークを作り、学会ホームページに一覧表を公表した。

 デング熱は熱帯、亜熱帯地域に多く、海外で感染した人が国内に持ち込む輸入感染症として知られていたが、昨年、国内で約70年ぶりに流行が発生した。今後、感染を疑う患者がクリニックなどで受診した際、診療の助言や患者の受け入れに対応する専門的な医療機関の集まりが必要だとして、学会が全国約160病院をリスト化した。

 デング熱を媒介するヒトスジシマカによって広がるチクングニア熱の診療にも対応するという。

埼玉県では次の病院が対応しています。

WS000054a.jpg

詳しくは下記URLをクリックしてご覧ください。
日本感染症学会

   640P9013568sg.jpg


りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2015年09月
  1. お彼岸と彼岸花(09/30)
  2. 2015年スーパームーン(09/29)
  3. コムラサキの実が色づいています(09/29)
  4. 虚弱予防は口から 食べこぼし、むせに注意(09/19)
  5. 星空の撮り方(09/14)
  6. 大雨後の田んぼ(09/13)
  7. 白飛び写真の調整方法 範囲選択をして調整する方法(09/11)
  8. 見沼代用水西縁散策(09/09)
  9. 白飛び写真の調整方法 Elements13使用(09/07)
  10. 終のすみか 養老孟司さん(09/04)
  11. 患者塾 医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき いいところを褒めまくる(09/02)
  12. デング熱対応の病院名公表 「医療新世紀」(09/02)