FC2ブログ


タイトル画像

船の光跡撮影会

2015.10.28(22:47) 1064

10/25(日)、船の光跡を撮りに隅田川大橋に行きました。
行き方は、神田→三越前→水天宮前駅下車。歩いて10分ぐらいです。
または、新越谷で半蔵門線に乗り水天宮前駅下車。

隅田川大橋から永代橋方面を写しました。
橋の上なので車が通ると振動があります。二層になっている橋で上は高速道路が走っています。
三脚を立ててもブレがありますね。
上流の清洲橋と東京スカイツリー方面を撮るには、一旦橋を降り道路を渡って反対側に行きもう一度登ります。

薄暮時から約4時間撮影をしました。
途中、サンドイッチの軽食を食べる。水分は少しのみ。トイレの心配がありますので。
露光時間は30秒から50秒ぐらい。もう少し長くしても良かった。バルブで撮ると任意の長さになる。
F22 ISO 100  太陽光で撮りました。
船の軌跡は船頭さん任せなので、なかなか思うように撮れません。
初めての経験なので何をどうして良いのか戸惑います。

木枯らし一番が吹いた日で夜遅くなると思ったより寒かったです。
橋の上なのでよけい寒かったのかもしれません。
歩数は11,000歩、中程度の疲れあり。

光跡4枚
       △日中の隅田川の様子

640PA256467g.jpg

640PA256468g.jpg

640PA256469合成2g
       △合成写真

640PA256474g.jpg

640PA256475g.jpg

640PA256476g.jpg

640PA256483g

640PA256484g.jpg

640PA256491g

640PA256494g.jpg
       △露光間ズーム

640PA256495g露光間ズーム
       △露光間ズーム

640PA256496g.jpg
       △露光間ズーム

640PA256498s.jpg

640PA256501g.jpg

640PA256502g.jpg
       △清洲橋と東京スカイツリー

640PA256507gg

640PA256514g.jpg

640PA256506ss.jpg
       △船が方向転換をしていました
⇒船の光跡撮影会の続きを読む
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



撮影会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

飯盛山(長野)登山

2015.10.24(09:46) 1063

いきがい大学校友会ハイキングクラブの10月の行事で、信州の飯盛山(めしもりやま)に行きました。
お天気は晴れ、汗ばむ陽気です。
小型の貸切バスで南浦和を出発。19名の参加。
途中渋滞に巻き込まれ1時間遅れで登山口に到着。

準備体操をし靴の紐を結び直して登山開始。標高1,643m、高低差200メートル。
最初のペースが早く追いつくのがやっとです。
その後リーダーがペースを調整して、普通に登ることができました。
やはり息切れはあります。
小学生が団体で登っていました。元気元気です。

昼食、飯盛山カフェ(ホットコーヒーをお湯を沸かして作る)を開き、一休み後下山。
登るより下山するほうがしんどい。
滑って転ばないように慎重に降りる。登山用ポールが役に立った。
転んで捻挫などをし歩けなくなったら、みなさんに迷惑がかかるので気をつけて降りました。

頂上まで登れたので嬉しい。帰りのバスでは夢のなかでした。
歩数は11,000歩。疲れた~。

       480R6297350.jpg

       480R6297349.jpg

640R6297338.jpg
       △ところどころ紅葉していました

640R6297362s.jpg

640R6297369s.jpg

640R6297371.jpg

640R6297381.jpg
       △飯盛山が見えてきました

640R6297382s_edited-1.jpg

640R6297429s_edited-1.jpg
△権現岳、旭岳、牛首山、赤岳、横岳、硫黄岳が見えますと教えていただきました

640R6297430.jpg

640R6297431s_edited-1.jpg

       480R6297376.jpg

640R6297370g.jpg

640R6297389.jpg

R6297393頂上

飯盛山11

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

いきがい大学校友会バス旅行 茨城県陶芸美術館ほか

2015.10.23(17:02) 1062

いきがい大学校友会バス旅行がありました。
茨城県陶芸美術館と笠間稲荷神社、予科練平和記念館とキリンビール工場見学です。
盛りだくさんですね。
案の定、忙しいスケジュールでした。
貸切バスで南浦和を7時30分に出発。

茨城県陶芸美術館では素晴らしい作品の数々を拝見。萩焼の抹茶碗の素晴らしさに目を見張る。
現代女性作家展が開かれていました。

笠間稲荷神社に参拝。ちょうど菊花展が開かれていました。
が、ゆっくり見る時間は無し。
参拝後、和定食を食べる。田舎料理風でした。切り干し大根の煮物があり、これは美味しかった。

予科練平和記念館を見学。
まだ幼い顔の少年たちの訓練の様子が写真展示されています。
ビデオ上映もあり、あの戦争はやはり無理があったのだということが明確にわかります。
平和は大切ですね。今日のバス旅行で一番の収穫です。

キリンビール工場見学。見学後ビールの試飲。一番搾りと黒ビールのハーフ・アンド・ハーフが美味。
チーズセットのお土産を買い帰路につく。

640R6297210.jpg

陶器
     △有名作家の数々が展示されています

640R6297223.jpg

640R6297254.jpg
     △巫女さんも大忙し

640R6297221.jpg

640R6297262.jpg

640R6297277.jpg
     △天井への展示

640R6297264.jpg

640R6297268.jpg

640R6297272.jpg

640R6297283.jpg
△童顔の少年たちの写真や記念品の数々。美化することなく平和の大切さを訴えているようでした。

640R6297289.jpg

640R6297297.jpg
     △キリンビール取手工場見学

        480R6297313.jpg
        △ビール瓶が整然と並んでコンベア上を流れています

        480R6297323ss_edited-1.jpg
        △古いポスター

        480R6297321s.jpg

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

酸化マグネシウム製剤で死亡例 厚労省、注意喚起を指示

2015.10.21(21:21) 1061

次のような記事がありました。

酸化マグネシウム製剤で死亡例 厚労省、注意喚起を指示
行政・政治 2015年10月21日 (水)配信朝日新聞
 便秘などの治療に使われる「酸化マグネシウム製剤」をのんだ後、血圧低下など高マグネシウム血症を起こして死亡したとの報告が2012年4月以降4件あったと、医薬品医療機器総合機構が20日、発表した。1件は因果関係が否定できないという。

 厚生労働省は、特に報告の多かった高齢者の服用について、薬の添付文書で注意喚起するよう、医療用医薬品を製造・販売する17会社などに指示した。

 機構によると、死亡例も含め29件の副作用報告があり、19件で因果関係を否定できなかった。酸化マグネシウムは、長く使うことなどで血液中のマグネシウムの濃度が高くなり、心停止などにつながる恐れもあるという。吐き気やめまいなどの症状が出た場合はすぐに服用をやめ、医療機関を受診するよう求めている。(竹野内崇宏)

製品名などは下記URLをクリックしてご確認ください。
酸化マグネシウム製剤 適正使用に関するお願い
酸化マグネシウムを含有する瀉下薬(一般用)

       青もみじ 1
               青紅葉

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヘアカラーでかぶれ警告を 使うたび重症化、周知不足 消費者事故調が提言へ

2015.10.18(05:42) 1058

次のような記事がありました。

ヘアカラーでかぶれ警告を 使うたび重症化、周知不足 消費者事故調が提言へ
行政・政治 2015年10月13日 (火)配信共同通信社
 ヘアカラーや白髪染めなど医薬部外品の染毛剤による皮膚障害について、調査を進める消費者安全調査委員会(消費者事故調)は10日までに、一度症状が出ると使うたびに重症化するといった特性がほとんど知られていないとして、消費者への継続的な周知を国に促す方針を固めた。関係者への取材で分かった。

 事故調は調査結果と国への提言を今月中に報告書にまとめる。子どもはアレルギー反応が起きやすいとし、注意を促すことも盛り込む方向だ。

 自宅や美容院で使う染毛剤は、含まれる成分「パラフェニレンジアミン」でアレルギー反応が起き、頭皮や首、顔に激しいただれやかぶれなどを起こす恐れがある。消費者庁には2010年度以降の約5年間で千件超の被害相談事例が寄せられ、うち約170件は1カ月以上の重症だった。

 事故調は、理美容業界を所管する厚生労働省に対し、店で使う場合には事前に顧客にリスクを説明し、異常が出た経験がないか確認に努めるよう指導の徹底を提言。製造販売業者には、包装や説明書の警告文をより分かりやすく表示し、ウェブサイトに重症例の写真を掲載するなど、リスクが消費者に的確に伝わる仕組みの検討を促す。

 一方、それまで異常がなくても、使い続けると体質の変化で、突然発症する恐れがある性質も知られていないと指摘。消費者庁と厚労省に、注意喚起や情報提供をするよう求める。

 使用前に、薬剤を皮膚に塗って反応するかどうか調べるパッチテストを、正しい方法で行うことにも言及。ただ、現在の方法は約30分後と約48時間後に皮膚の状態を観察するなど、手間や時間がかかることからほとんど行われていない実態があるとして、やりやすい方法の導入検討も求める。

 調査は昨年10月に開始し、業界団体へのヒアリングのほか、消費者や理美容師の意識調査などを行った。

 ※パッチテスト

 化粧品やアクセサリーなどで起こるかぶれの原因の特定に有効とされる皮膚アレルギー試験。疑わしい物質を薄めて皮膚に塗り、経過観察する方法が一般的。赤くなるなど異常があれば、塗った物質がアレルギーの原因と疑われる。染毛剤では、業界団体「日本ヘアカラー工業会」が自主基準で、使用前に毎回、薬剤を腕の内側に塗って自然乾燥させ、触れないまま約30分後と約48時間後に状態を観察するよう推奨。異常が出たら、絶対に染毛しないよう呼び掛けている。

       480P9285553.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

お台場合同撮影会

2015.10.08(23:11) 1057

10/6(火)いきがい大学写真クラブの合同撮影会がありました。
14時に赤羽駅に集合。新橋まで行き「ゆりかもめ」でお台場海浜公園駅下車。
総勢13名の参加。
撮影をしながら周辺を歩く。昼のお台場はなんとなく平凡な感じがします。
「お台場はやはり夜景でしょうね」と思いながら自由の女神像やフジTVの建物を撮りました。
夕日までの時間を持て余し気味です。日の入りは17時20分。
思ったような夕焼けにはならずビル陰に落ちる太陽を撮る。
その後パレットタウン近くまで行き夕食、解散となる。

結局、夜景を撮りに行ったのは女性3人。
明るいところでと思いあるお店の前で三脚などを設定していたら、
店員さんが「三階に展望台がありますよ」と教えたくださりEVで3Fにいきそこで撮影をする。
展望台とはいうものの思ったより狭い空間でした。
風も出てきて少し寒い。一時間弱で切り上げ帰路につく。
自宅到着は22時30分ごろ。歩数は17,000歩、中程度の疲れあり。

反省点は、シャッタースピードを変えて撮らなかったこと。カメラの「夜景モード」で撮らなかったこと。構図が似たようなものが多くなったことなどです。
今度は考えながら撮るようにしましょう。


640R6296761 (2)
       波打ち際

640640R6296860.jpg
       「himiko」停泊中

640640R6296840お台場に出張中
       お台場に出張中  

640640R6296808.jpg
       いつ見ても「海辺のキリンさん」に見えます

       480480R6296783.jpg

       480480R6296917.jpg

640640R6296937.jpg

800R6296937合成2
合成写真  上の写真に月を入れました

640640PA065944.jpg

640640PA065950.jpg

     ⑩1七色クッキーがた花大き目


640640PA065996 のコピー
       高さは三階展望台から撮っています

640640PA065992 のコピー

640640PA065962.jpg

640640PA065966 のコピー

640640PA065970 のコピー

640640PA065973 のコピー

640640PA065982 のコピー

       480480PA065969.jpg

640640PA065985s.jpg
     もうすぐイルミネーションの季節になります

640640R6296947.jpg
この商店街の中に「昭和レトロ」の商店などがあります。今回は行かなかった

りんむうフォトダイアリー



街の撮影 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

夜景撮影の方法

2015.10.05(15:29) 1056

夜景撮影の方法です。

夜景の撮影で基本となるのは三脚でカメラを固定した撮影方法です。絞りを程よく絞り、ISO感度を下げて高画質にし、数秒から数十秒のスローシャッターで撮影します。

カメラの設定
ISO 100から200  ホワイトバランス AUTO   Mモード   三脚使用時は手ぶれ補正OFF
F 8から11   シャッタースピード 1秒から30秒   RAWならベター  
三脚、レリーズを持参。    

まず、カメラを三脚にしっかりと固定します。
ポジションは「M」(マニュアルモード)に合わせます。
また、手振れ防止機構がついているものはOFFにしておきましょう。
ISO感度は100から200に設定、ホワイトバランスはオートに設定しておきます。
これで準備は万端です。

撮影していきましょう
レンズを写したい方向へ向け、絞りの設定をF8.0くらいに設定します。
絞りを開放しすぎるとボケ気味の写真になってしまうので、ある程度絞り気味にするのがコツです。
一般的な夜景の明るさであれば、1~30秒までのシャッター速度でインジケーターが真ん中に来ると思いますが、暗すぎて真ん中に来ないときばISO感度を200くらいに上げてみましょう。

最後にピントを合わせます。値段の高い一眼レンズはフォーカスの目安となる∞表示で合わせられますが、キットについているレンズは表示がないものが多いです。
その場合は「ライブビュー」機能を使って、コンパクトデジカメや携帯カメラのように、液晶画面に撮影する画面を映します。画面を拡大する機能がついていますので画面を拡大し、液晶画面を見ながらフォーカスリングを回していきます。
ピントがピッタリ合うところで止めればOKです。

レリーズがあればそのままシャッターを押して撮影します。
条件を変えて何枚も撮影する
撮影が終わったら、シャッター速度だけを少し変えて撮影してみましょう。

インジケーターが+1、-1、+3/2、-3/2などなど、インジケーターがプラス側で撮影すると標準(ゼロ)より明るくなり、マイナス側で撮影すると暗く撮影できます。

コンディションによっては標準より明るかったり暗かったりする写真のほうがイイ出来栄えになることもありますので、最低でも5枚くらいは条件を変えて撮影しておきましょう。

手撮りで絞りやシャッター速度をじっくり設定する時間がないときは、絞り優先モードにして、絞りは開放側設定し、シャッター速度はお任せにしておきます。さらに露出設定(EV)をプラス側とマイナス側に少し補正してさらに数枚撮影しておくといいでしょう。

夜景撮影の注意点
以下のことは夜景撮影の注意点として頭に入れておきましょう。
フラッシュは使わない。
何度も設定を変えて撮影する
一枚撮影したからもういいや・・・という考えは捨てて、設定を変える(シャッター速度)ことが重要です。
標準設定が絶対OKというわけではありません。

夜景写真の撮り方

応用
街中のLED照明は、使っている器具によっても変わってきますが、だいたい100分の1より遅い速度なら、ほぼ問題はないようです。

闇の中にキラキラ輝くイルミネーションや夜の光は、玉ボケにするにも最適です。近くの被写体に近づいたり、望遠レンズを使うなどして遠近差を大きくし、玉ボケを撮ってみましょう。
異なる奥行にイルミネーションがある場合は、一部分だけにピントを合わすことで手前と奥をぼかすことできます。望遠レンズでは容易に玉ボケを作ることができますが、広角レンズの場合は絞りを開放して、できるだけ近くの被写体に近づいて撮影することで奥をきれいにぼかすことができます。
被写体の中にキラキラしている部分さえ入れることができれば、実は結構簡単に玉ボケ写真を作ることができます。

日がどっぷり沈んでからの撮影も楽しいですが、夜景の撮影で最も美しいのが、だいたい夕暮れから日没までのマジックアワーと呼ばれる時間帯です。
この時間帯は空の色のグラデーションが美しく、夜景も空も楽しめる一番おいしい時間帯です。特に夕暮れの方向に被写体がある場合は積極的に空と夜景のコラボレーション写真を撮りましょう。

露出補正で思うような明るさに。
露出5

りんむうフォトダイアリー



街の撮影 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

風景と月の合成写真

2015.10.02(23:40) 1055

先日のスーパームーンを撮影しました。
ススキやお団子を入れようと頑張りましたが上手くいきませんでした。
月が小さく写ったりお団子がやたら大きかったりします。
多重撮影にも挑戦しましたがお互いの位置がバラバラだったり重なりすぎたりと、これも上手くいきません。
苦肉の策で合成しました。その方法を説明します。
フォトショップエレメンツ13を使いました。

使用した画像
480R0012253.jpg
       太陽を撮った写真です

480R0012253s修正
太陽の部分をスタンプツールを使って消しました。

640P9275460.jpg
スーパームーンです。

エレメンツ13を開きます。写真の編集→エキスパート。
背景の画像と月の画像2枚を入れる。下のエリアにサムネイルが表示されます。
WS000005.jpg

現在月の写真が選ばれています。選択範囲からすべて選択を選びます。
編集からコピーをクリックする。
下のエリアのサムネイルの背景の写真をダブルクリックする。編集からペーストをクリックする。

WS000006.jpg


WS000008.jpg
右側のレイヤー画面から「通常」を「スクリーン」にする。

WS000009.jpg
背景が透過されます。大きさと位置を調整します。「現在の操作を確定」の レ をクリックする。
良かったら上部のレイヤーからレイヤーの統合を選びレイヤーを一つにします。
別名保存を選びJpeg保存をする。

WS000011.jpg
       出来上がり

手軽にできますのでお試しください。
この手法は花火の合成にも利用できます。


りんむうフォトダイアリー



画像加工 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

安達太良山登山

2015.10.02(16:01) 1054

9/24、 25日、福島県の安達太良山に行きました。
いきがい大学ハイキングクラブの行事です。
前日までは晴れの予報でしたが、当日の朝6時の予報は曇りから雨でしょうとのこと。
山の中の宿なので星空の撮影もしましょうとの予定でしたが、ダメになりました。

南浦和から貸切バスで出発。
車中ベテラン登山者の方が「明日は雨の予報なので今日登りましょう」と提案。
そのようにしました。
登山するには遅い時間の昼食後に出発。
安達太良山ケーブルカーの最終時間に合わせて下山予定。

登山道は石だらけで歩きにくかったです。
私は超初心者なので頂上までは登れません。
適切な判断をしていただき約7合目ぐらいで引き返しました。同行者3人。
下りも歩きにくいですね。登りより時間がかかりました。
木々は紅葉で真っ赤になっていました。頂上近くは鮮やかでした。

次の日は朝から本格的な雨。前日に登って良かった。
野口英世記念館に寄ったり、朝市で買い物をして帰路につきました。

640R6296400.jpg

       480R6296340.jpg

640R6296316.jpg

640R6296325gg.jpg

640R6296295g.jpg

640R6296312.jpg

640R6296369.jpg

640R6296266s.jpg

640R6296271g.jpg

640R6296261s.jpg

640R6296264s.jpg

安達太良21

       480R6296392ggこの上の空がほんとの空です
       「この上の空がほんとの空です」

640R6296445.jpg
640R6296434.jpg
640R6296423.jpg
       野口英世生家 

       480R6296475.jpg

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

ひたむきに生きて:弱者に席を譲る社会に=天野篤・順天堂大教授

2015.10.01(21:15) 1053

次のような記事がありました。

ひたむきに生きて:弱者に席を譲る社会に=天野篤・順天堂大教授
その他 2015年10月1日 (木)配信毎日新聞社
ひたむきに生きて:弱者に席を譲る社会に=天野篤・順天堂大教授

 ◇混み合う電車 周りに関心示さぬ人々

 1カ月ほど前、買い物に向かうため地下鉄を利用した時です。乗車したときは空席が多かったので座ったところ、電車が進むに連れて徐々に座席が埋まっていきました。休日だったため、子どもが小学校低学年くらいの親子連れや若者も座っていて、親子が楽しそうに会話したり、スマートフォンの画面に見入る若者がいたりしました。

 休日の午後によく見られる地下鉄車内の状況でした。前東京都知事が地下鉄で携帯通信電波が切れ目なく使用できるようにしたことは、多くの利用客にとって利便性が上がったと考えます。一方、立つ乗客が増える中、つえを頼りにした高齢の女性が一人で乗車してきましたが、それに気付く着席客はいませんでした。

 女性は空席を探しましたが、座席が埋まっていたのであきらめたようでした。私は少し離れたところに座っていましたが、席を譲る人がいなかったため、立ち上がってその女性を自分の席に誘導しました。よく「次に降りますから」と断られる場合もありますが、最初だけ少し手を添えて誘導すると、座るのを断る人は激減します。この方法はぜひ試してみてください。

 しかし、私が主張したいのはそのことではありません。近くに座っていた小学生とその親、スマートフォンの操作に熱中する若者が、女性に全く関心を示さなかったことです。家族連れで和気あいあいと座っていても、子どもや若者が高齢者に席を譲るのは当然のマナーです。むしろ混み合ってきた場合は、率先して着席していた子どもを立たせるようにすることが望ましいでしょう。スマートフォンの使用による周囲への無関心と、若い世代が常識的な行動をとらなくなったことが、弱者をいたわらない社会を作っているのではないでしょうか。

 私は、自分の子どもが小学生の時は「半額の運賃しか払っていないので、空席のあるときしか座ることはできない」と教育し、立っている乗客が目に入ると率先して子どもを立たせるようにしてきました。そのことに子どもから不服を言われたことはなく、成人後もその習慣は続いているようです。公共の交通機関を使うときのマナーを学校で徹底して教育すること、電車やバスは移動手段であって、自分の趣味や仕事をするための設備ではないことを再認識する必要性を感じます。

 高いレベルで整備された情報通信機能の提供と引き換えに、社会常識を失ったり、弱者をいたわることをしなかったりすることは、超高齢社会を迎えた日本にとって大きな損失と言えます。私は率先して席を譲るだけでなく、集団で座席を占拠している高校生に高齢者に座席を譲るように注意したこともありますが、彼らは素直に受け入れました。授業で教わる内容だけでなく、日常生活の中で経験する実学の重要性を、改めて考える時期なのではないか、と考えさせられた体験でした。=次回は11月5日掲載

………………………………………………………………………………………………………

 ■人物略歴

 ◇あまの・あつし

 1955年生まれ。埼玉県出身。83年日本大医学部卒。亀田総合病院、新東京病院などを経て、2002年から現職。12年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことで知られる。

6406282163s.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2015年10月
  1. 船の光跡撮影会(10/28)
  2. 飯盛山(長野)登山(10/24)
  3. いきがい大学校友会バス旅行 茨城県陶芸美術館ほか(10/23)
  4. 酸化マグネシウム製剤で死亡例 厚労省、注意喚起を指示(10/21)
  5. ヘアカラーでかぶれ警告を 使うたび重症化、周知不足 消費者事故調が提言へ(10/18)
  6. お台場合同撮影会(10/08)
  7. 夜景撮影の方法(10/05)
  8. 風景と月の合成写真(10/02)
  9. 安達太良山登山(10/02)
  10. ひたむきに生きて:弱者に席を譲る社会に=天野篤・順天堂大教授(10/01)