FC2ブログ


タイトル画像

糖質制限の功罪=櫃田豊さん ご近所のお医者さん

2015.11.18(19:29) 1074

次のような記事がありました。

糖質制限の功罪=櫃田豊さん ご近所のお医者さん
その他 2015年11月18日 (水)配信毎日新聞社
ご近所のお医者さん:/323 糖質制限の功罪=櫃田豊さん /鳥取

 ◇日野病院(日野町) 櫃田豊さん

 今回のお話のきっかけは、10年程前から毎年日野病院で人間ドックを受けている40歳代の女性の検査結果です。肥満があることから食べ過ぎに注意して適度な運動を心がけるようしばしばアドバイスされていました。

 今年の血液検査の結果を見て驚きました。LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の濃度が2倍以上に高くなっていたのです。「ダイエットをしてまで頑張ったのに」と嘆く女性の体重は確かに昨年より5キロ近く減っていました。どんな風に頑張ったのかたずねると、糖質制限ダイエットという言葉が聞かれました。

 糖質制限ダイエットとは、ご飯やパン、麺類、ジャガイモのような糖質(炭水化物)が多く含まれる食品を控えるダイエット法です。原則として蛋白(たんぱく)質や脂質を多く含む食品の摂取は自由で、その手軽さからダイエットを目指す人の間で人気となっています。また、食後の急激な血糖上昇を起こさないことから、最近では糖尿病の食事療法としても注目を集めています。

 糖質制限ダイエットの特徴は効果をすぐに実感できることにあるようです。実際、前述の女性も糖質制限を始めて数日以内に体重が減り始めたと言っています。他のダイエット法に比較して体重減少効果が大きいことも大規模な臨床試験で確かめられています。その試験では糖質制限食、脂質制限食、地中海食(オリーブオイルを多く用いた野菜、魚介類中心の料理)の三つの食事が比較されました。

 このような多くの利点が強調される半面、糖質制限ダイエットには問題点も指摘されています。その一つが、減らした糖質を補うために生じる蛋白質、脂質のとり過ぎです。蛋白質を多めにとり続けると腎臓に負担をかける場合があります。多めの脂質をとり続けると動脈硬化が進展し、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まります。

 さらに、今回お示ししたように、一部ですがLDLコレステロールが高度に上昇する方がおられるのも問題です。この状態が続くと動脈硬化の進展が危惧されます。ただし、糖質制限時には動脈硬化の真の原因である小粒子LDLコレステロールは増えていないので、それ程問題ないとの意見もあります。いずれにしても長期の糖質制限ダイエットが体にどのような影響を及ぼすかについては不明な点が少なくなく、さらなる検討が必要です。

640PB177291g.jpg
          ピラカンサス
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

女性に多いうつ病=陶山和子さん ご近所のお医者さん

2015.11.18(19:16) 1073

次のような記事がありました。

女性に多いうつ病=陶山和子さん ご近所のお医者さん
その他 2015年11月11日 (水)配信毎日新聞社
ご近所のお医者さん:/322 女性に多いうつ病=陶山和子さん /鳥取

 ◇西伯病院(南部町)陶山和子さん

 女性は男性よりも、うつ病が約2倍と多いです。私は精神科医ではないのですが、人生さまざまな状況で悩むことも多かったし、うつ病の患者さんが最初に受診するのは精神科よりも内科が多いので、うつ病について考えてみたいと思います。

 うつ病になると、自分や周囲の良いところが見えなくなってきて、ふだん楽しめていたことに対する興味がなくなってきます。ひょっとしたらうつ病かもと考えられるようなチェックリストをあげてみます。

 (1)物事の悪い面を見てくよくよ悩む(2)ちょっとしたことで涙ぐんでしまう(3)おいしいものを食べたいと思えない(4)寝付けない、夜中や朝方に目がさめる(5)何かをやろうという気力がおきない(6)自分をふがいない、だめな人間と思う(7)自分なんてこの世から消えてしまった方がいいと思う。

 以上のような症状が2週間以上続いていたら、うつ病の可能性があります。健康な時にもある「うつ」と「うつ病」の違いは症状の強さとその持続期間が一定の目安になります。このほか食欲が落ちる、体がだるい、疲れやすい、口が渇く、便秘や下痢、めまい、ふらつき、動悸や頭痛といったいわゆる自律神経失調症のような症状も伴うので、内科を受診されることが多いのです。本当に身体の不調が隠れていることがあるので、内科では血液検査やエコー検査、胃内視鏡などの検査をして、体の異常でなければ、精神科の先生にご相談ということになります。

 ところで私、胃内視鏡をしてもらうのはとても苦手で、自分がまな板の鯉になるのは怖くて仕方がありません。人間ドックの1カ月ぐらい前からプチうつ状態になるのです。しかし、今年は違いました。人間が成長したからではありません。実はちょうどギックリ腰になって動けなくなっていた時期に重なっていて、胃内視鏡を怖がってプチうつになっているひまがありませんでした。日々痛む腰で、なんとか仕事をしていくことに必死だったので、その勢いで人間ドックも終わってしまったのでした。痛み止めのせいか胃が荒れていました。

 女性はうつ病になりやすい時期があり、産後、更年期(45歳頃から)、老年期(60歳頃から)にリスクが高いです。病気の時には自分で的確な判断ができにくくなっているので、できればかかりつけの先生にご相談されてみることをお勧めします。

640R6295970se.jpg
        猫  Photoshop Elements14 使用

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2015年11月18日
  1. 糖質制限の功罪=櫃田豊さん ご近所のお医者さん(11/18)
  2. 女性に多いうつ病=陶山和子さん ご近所のお医者さん(11/18)