FC2ブログ


タイトル画像

いたずら好きの科学少年 兄からの本で好奇心育む 虫捕りに熱中、大隅さん

2016.10.05(21:26) 1222

次のような記事がありました。

いたずら好きの科学少年 兄からの本で好奇心育む 虫捕りに熱中、大隅さん
その他 2016年10月5日 (水)配信共同通信社
 ノーベル医学生理学賞に決まった東京工業大栄誉教授の大隅良典(おおすみ・よしのり)さん(71)は「『わくわく』が科学の醍醐味(だいごみ)」と語り、4日の記者会見では子どもたちに「面白いと思ったことはとことんやってみよう」と呼び掛けた。自身は虫捕りに熱中して育ち、高校時代は火薬をいじったり、自己流で酒もどきを造ってみたりと「いたずら好きな科学少年」(元同級生)だった。

 大隅さんは福岡市出身で4人きょうだいの末っ子。父親は採鉱学が専門の元九州大教授、長兄の和雄(かずお)さん(83)も東京女子大名誉教授(日本文化史)という学者一家だ。

 姉の下山礼子(しもやま・れいこ)さん(81)によると、大隅さんは小学生から中学生にかけて昆虫採集に熱中。汽車に乗って山に行き「どこが違うのか分からないような虫を細かく分類して標本にし、うれしそうに話していた」という。

 成績は良かったが作文は苦手。「私が代わりに書いてあげたこともある」と下山さん。
 東大に進んだ和雄さんは帰省のたび、12歳年下の弟に土産として、科学系の本を贈った。生物の進化や、空気の組成を解説する本...。戦後、本が貴重だった時代。小学生だった大隅さんは何度も読み返していたという。

 和雄さんは「父親は子どもに科学の道に進むことを期待していたが、自分は文系に進んだので、弟は科学の道にと思っていた」と、本を選んだ理由を明かす。

 兄の影響を受けた大隅さんは福岡高校時代、化学部に入部。部の仲間だった得田悟朗(とくだ・ごろう)さん(72)=千葉県習志野市=は「成績は学年トップだったがガリ勉でなく、本当にいたずら好きな科学少年だった」と振り返る。

 化学部長だった大隅さんは人一倍、好奇心が旺盛だった。先生に与えられた課題をこなした後は、風船に導火線や火薬をつないで遊んだり、エタノールと蒸留水を混ぜて酒もどきを造ったり。自分で考え出した「ちょっと危険な」(得田さん)実験に取り組んだ。

 「やんちゃで、いたずらをしてはにやっと笑う、彼の姿が忘れられない」と得田さん。

 卒業後、得田さんが東京都内に就職し、大隅さんが東大で研究の道を歩んでいた頃から、居酒屋でよく飲み明かした。研究テーマを聞くと大隅さんは「大腸菌をつついている」。当時から口癖は「人と同じことをしても仕方ない」だった。

     480P5176689ssマスク+
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2016年10月05日
  1. いたずら好きの科学少年 兄からの本で好奇心育む 虫捕りに熱中、大隅さん(10/05)