FC2ブログ


タイトル画像

ご挨拶

2016.12.31(14:19) 1267

640PB173782 - コピsー挨拶5
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



ごあいさつ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ビールの苦みにアルツハイマー予防効果!?

2016.12.27(16:34) 1266

 次のような記事がありました。

2016年12月22日更新 Web スローネットより
ビールの苦みにアルツハイマー予防効果!? 驚きの研究結果だが・・・
マウスの実験でわかった。

ビールの苦みは、アルツハイマー病を予防する――ビール好きにはうれしい研究結果が、キリン健康技術研究所と東京大学、学習院大学の共同研究チームによって発表され、話題になっています。

ビールの原料のひとつであるホップには、苦み成分「α酸」が含まれています。α酸は醸造の際に煮沸されると「イソα酸」という成分に変化します。

研究チームが、この「イソα酸」を混ぜたエサを3か月間、アルツハイマー病のマウスに与えたところ、アルツハイマー病の要因とされる脳の老廃物「アミロイドβ」の量が減り、脳の炎症を抑える「ミクログリア」という細胞が活性化していたのです。

とはいえお酒の飲み過ぎは禁物

年末年始はビールを飲む機会も増える時期。「アルツハイマー病の予防になる」と、大手を振ってたっぷりビールを飲みたいところですね。でも、喜ぶのは早すぎます。この研究ではマウスがビールを飲んでいるわけではありません。人間がビールを飲むことで、マウスと同じ効果が得られるか、それはまだわかっていません。

確かに、お酒にはある程度の健康効果が確認され、人間を対象とした研究では、お酒を飲む人は動脈硬化など、一部の病気の発症率が低下していることが知られています。

しかし、同時に、お酒は肝臓の病気やがんの発症率を高めており、酒量が増えるほど死亡リスクが確実に上昇します。

「お酒を飲むのが健康的」などと思い込まず、ほどほどの量を楽しみましょう。

640IMG_1692合成

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

今日(12/27)の朝焼け

2016.12.27(15:37) 1265

 今日の朝焼けです。
いよいよ暮れも押し迫ってきました。
掃除をしたり部屋の整理整頓をする予定。
とは、いうものの寒いし…、一日伸ばしにしています。
そのうち大晦日になるかもしれませんね…。どうしよう。
まず、優先順位をつけてすることにしました。

とりあえずは買い物。お店はだいたい1/2から開店しています。
なので、いつも買っているものの補充をするのみ。
12/30、12/31 に買い物に行くと混雑しますし、殺気立った雰囲気です。
これが嫌いなのです。

次は現金を手元に少々確保します。カードが使えないときのために。
それが済んだら部屋の掃除をしましょう。
後は怪我をしないように風邪をひかないように。(今年はインフルの予防接種は出来ませんでした)
なんだか消極的な年の瀬の過ごし方です。
ま、シニア世代にはこのぐらいが良いかなと思います。

今日の午前7時ごろの朝焼けです。(自宅から)

640DSC_3041.jpg

640DSC_3039.jpg

640DSC_3036.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

患者塾 医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 真実の正しい把握から

2016.12.22(00:22) 1264

次のような記事がありました。

その他 2016年12月21日 (水)配信毎日新聞社
患者塾:医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 真実の正しい把握から /福岡

 私にとって今年一番の衝撃的なニュースは、ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領選挙勝利でした。もっと正確に言うと「ヒラリー・クリントン氏がどんなことがあっても間違いなく勝利する」という確信に満ちたほとんどすべてといっていいマスコミの予想が大きくはずれてしまったということでした。

 テレビでも新聞でもネットでも、トランプ氏は「大統領になるはずのない変な人物」として伝えられていました。画面に登場するトランプ氏は「品のない表情で」明らかにセクハラと思われる発言を繰り返していましたし、大統領候補としてふさわしくない差別発言も一度や二度ではありませんでした。私たちにもマスコミにも「こんな人が大統領になるはずがない」という根拠のない思い込みがあったように思います。テレビのコメンテーターの中には「アメリカの現実を冷静に分析して眺めてみると、トランプ勝利の可能性は決して低くない」と発言する人もいましたが、例外中の例外でした。私の知人もトランプ氏勝利を予想していた数少ない評論家の一人でした。

 「ECに対するイギリス国民の多くの思いが正しく理解されていないように、自分の仕事に満足できないアメリカの中間層の思いは、日本ではほとんど知られていない。彼らの思いが爆発したら、きっとトランプが圧倒的に勝利する。今のポピュリズムは、そうした間違いを犯す可能性を秘めている」と言うのです。

 マスコミのヒラリー圧倒勝利確信の根拠は、従来行われてきた世論調査でした。調査の多くは電話で行われます。「どちらを支持しますか」と尋ねられた時、トランプ氏を支持する多くの人は、真実を告げることをさまざまな理由からためらい、「ヒラリーを支持する」と虚偽の答えを告げたといいます。過去2回の大統領選挙で細かな数字までほぼ完全的中させたネイト・シルバー氏の予想も今回は、見事なほど無残に完全敗北でした。

 こうした「ウソの答え」は医療の世界でも最近大きな話題になっています。例えば、ぜんそくの患者さんに外来で「前回の来院から今回の来院までの間に発作はなかったですか」と尋ねた時、発作があったにもかかわらず「なかった」と答える人が半数近くはいるらしいのです。発作があったと言うと、検査が増えたり薬が増えたりするのではないか、という思いも背景にあるようです。症状があったと告げるのは、「先生が出した薬が効かなかった」と言っているみたいで、先生の機嫌を損ねるような気がして、本当のことは言いづらいという年配の方もいます。

 医師の前では本当のことが言えないという患者さんのためにさまざまな方法が試みられてきました。専門用語でテクニカルヘルプデスクと呼ばれる方法があります。医師に本当のことが言えないのなら、気楽に本当のことが言える別の場所を用意しようというものです。例えば調剤薬局は、これからそうした役割を果たしていく場所の一つになりそうです。「先生やナースに本当のことが言いづらかったら、こちらで気楽にどうぞ」と言うと、「実は、本当はですね……」としゃべり始める患者さんが少なくないようです。かかりつけ薬局をこうした形で利用することで、賢い患者になれるかもしれません。

 トランプ氏勝利でもう一つ大きな話題になっているのがポピュリズムです。「トランプは確かに勝ったが、あまりにも大衆に迎合し過ぎている。政治が大衆に媚(こ)びを売り始めたら、政治はいずれ破綻する」と言い切る政治評論家は少なくありません。

 医療の世界でも「患者さんがしてほしいという希望に応えるのが良い医療」といわれますが、これには格別の注意が必要です。以前は、風邪で来院した患者さんが「先生、点滴1本お願いします」と言うとその「希望」にためらうことなく応えていた時代がありました。しかし、脱水でもないのに点滴をするのは、医学的には無意味です。熱さましの薬を注射していた時代もありました。高熱がいっぺんに下がるのでうそのように楽になります。しかし、治ったと勘違いして仕事をして命を落とす人もいました。で、その注射の薬は販売中止になりました。

 今回のアメリカ大統領選挙は、多くの問題を私たちに提起してくれました。トランプ氏当選で大きく下げた株は、翌日から上げに転じ、年初来高値を更新し景気好転への期待が高まっています。その一方で専門家の多くは、年が明けてトランプ氏の政治が現実のものとなった時、多くの問題が一挙に噴出する可能性もあると指摘しています。

 政治も医療も、真実を正しく把握することからスタートしなければなりません。また、人々の「誤った熱望」に擦り寄るのではなく、あくまでも正しい医療や政治の道を進んでいくことが大切です。今こそ、患者と医者が、また、大衆と政治家が思いを正しく伝え、理解し、お互いを厳しく戒め合うべき時代が来たのではないでしょうか。(患者塾塾長・小野村健太郎) 〔福岡都市圏版〕

I640MG_1334s.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ひたむきに生きて:病院づくり 来年も、天野篤・順天堂医院院長

2016.12.21(14:43) 1263

次のような記事がありました。

ひたむきに生きて:病院づくり 来年も、天野篤・順天堂医院院長
大学 2016年12月11日 (日)配信毎日新聞社
ひたむきに生きて:病院づくり 来年も=天野篤・順天堂医院院長

 ◇外科医と両立に意欲

 早いもので2016年が足早に過ぎ去っていこうとしています。今年1月には病院が一丸となって業務改善に努めた国際認証(JCI)の正式取得が決定し、医療安全部門の担当副院長としては喜びも人一倍でした。そこからは本当に駆け足でした。副院長時代とは比べものにならない責任の重さ、病院と大学双方の行事に出席しなければならないなど多くの業務が重なり、戸惑うことばかりでした。

 「外科医としてまだまだやれるはず」「いや、手術は次世代の若者たちに委ね、院長として病院を引っ張っていくことに専念すべきではないか」。このように気持ちが大きく揺れ動いたこともありました。手術現場に立つ第一線の心臓外科教授が大学病院の院長を務めること自体前代未聞だったのです。

 そんな時、私を励ましてくれたのは、はるばる遠方から病院の外来にやって来た患者や私の講演会に来てくれた聴衆の人々でした。「先生、手術してくれますよね」「これからも手術頑張ってください」「期待してますよ、先生」。こう言って強く握ってこられた手のぬくもりが、私にある思いを強くさせたのです。「まだやめるわけにはいかない。頑張らなければ、この人たちのためにも」と。

 外科医と院長両方を100%できるところまで続けようと意思を固めたのは、5月の2度目のインド訪問でした。きっかけは、インドで自国民のために質の高い医療を公平に提供しようと頑張っているシェティ先生です。1度目の訪問時、彼がノーベル平和賞受賞者のマザー・テレサの主治医だったことを知り、彼も私が天皇陛下の執刀医だったことを知って意気投合し、尊敬し合える仲になりました。そして今回。院長の彼が先頭に立ち、患者のために全てをささげている姿を見て強く打たれたのです。職員も彼を支え、患者と病院を良くしようと全職員が一丸となっている様子を目の当たりにして、私の覚悟が定まりました。

 9月に心臓血管手術を行う「ハートセンター」を新病棟に移転できたことも忘れられません。病院には病棟だけでなく、大型の検査や治療のための機器、手術室、外来などもあって、診療に支障を来さぬよう綿密な計画を立て、移転しなければなりません。もちろん、患者の安全第一です。職員が全力で協力してくれたので、幸いトラブルもなく、日常診療を継続できました。他を思いやる心「仁」と「不断前進」という順天堂の学是と理念が見事に合致した結果だと、職員に感謝しています。新しい手術室では緊急対応もスムーズにできるようになり、危ういところで救命できた患者も増えました。シェティ先生のような病院づくりに近づけたかと、手応えも感じています。

 大学病院としての使命を果たすことはもちろんです。それだけでなく、地域医療を担う中核病院として役割を果たし、来年以降もより成熟した医療機関へと仕上げていけたらと意を強くした次第です。

………………………………………………………………………………………………………

 ■人物略歴

 ◇あまの・あつし

 1955年生まれ。埼玉県出身。83年日本大医学部卒。亀田総合病院、新東京病院、順天堂大教授などを経て、2016年から現職。12年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことで知られる。

640PC193953 (2)

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ススキ

2016.12.16(14:11) 1262

 ススキを撮影しました。
日本的な草花です。この頃は背高泡立草に押されて少なくなっています。

ススキを読んだ有名どころの句。

何ごとも 招き果てたる 薄かな  松尾芭蕉

山は暮れて 野は黄昏の 薄かな  与謝蕪村

花薄 風のもつれは 風が解く  福田蓼汀

64013PA183515 (2)s
     △ 10月上旬のススキ

640PC033826.jpg
     △ 12月上旬のススキ

640PC033823.jpg

640PC033850.jpg

640PC033855.jpg

りんむうフォトダイアリー



冬の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

高尾山へ忘年登山

2016.12.11(20:15) 1261

 高尾山に行ってきました。12/8(木)
いきがい大学校友会ハイキングクラブの行事です。
今回は当番班です。
山頂で豚汁とお汁粉を作って食べ、高尾山登山の満願達成をした方のお祝いをします。

豚汁などの材料をそれぞれ分担して持参します。
総勢、24名の参加。
賑やかに作って食べ楽しめました。
豚汁が急速に冷めていくのには驚きました。やはり冬ですね。

ケーブルカーで往復したのですが、思ったより疲れました。
昨年も参加したのですが、年々体力が落ちています。
自分では気がつきませんが、知力も低下しているかもしれません。

お天気は晴天無風、厳しい寒さではなくラッキーでした。
今日、12/8は開戦記念日です。

640IMG_1818.jpg


640IMG_1821.jpg
 △ 駅舎の窓への映りこみ

640IMG_2012.jpg

480IMG_1837.jpg
 △ ケーブルカーからの眺め

640IMG_1856.jpg
 △ ケーブルカーから眺めた紅葉


480IMG_1995.jpg

640IMG_1969.jpg

640IMG_1980s.jpg

480IMG_1974s.jpg

640IMG_1884.jpg

480IMG_1976.jpg
 △ 社務所付近の紅葉  少々遅めでした

640IMG_1922.jpg

640IMG_1947.jpg
 △ きれいな青空が広がっていました

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

駅前のイルミネーション

2016.12.11(11:39) 1260

 最寄り駅の前にららぽーとがあります。
そのイルミネーションです。
この頃のコンパクトデジカメは性能が良くなっています。
手持ち夜景モートで撮りました。手ブレ防止も素晴らしい。
しかし、拡大してよく見ると、やはり手ブレはあります。
気軽に夜景を撮影できるのが何よりです。
三脚は重いしかさばるので。
使用カメラは、キャノンパワーショットG7XマークⅡ

640IMG_2070 (2)

640IMG_2059.jpg

480IMG_2064 (2)

640IMG_2063ss.jpg
      △ 画像合成

480IMG_2055.jpg

480IMG_2058.jpg

640IMG_2066s.jpg

640IMG_2067 (2sss
          △ 画像合成

640IMG_2060s (2)

640IMG_2258 (2)s

640IMG_2274 (2)s

りんむうフォトダイアリー



街の撮影 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

東漸寺の紅葉

2016.12.11(10:21) 1259

 北小金の東漸寺(とうぜんじ)の紅葉です。 11/29
JR常磐線北小金駅の本土寺の出口とは反対側に出ます。
イ○ン前のスクランブル交差点を斜めに渡り、みず○銀行の横を進みます。
7分ぐらいで到着します。
境内は人もまばらで、落ち着いて撮影が出来ます。
ちょうど良い時期の紅葉でした。

640DSC_2588.jpg

     480DSC_2655s (3)
     △ 黃葉が透けて見えました

     480DSC_2519.jpg

640DSC_2482 (2)

640DSC_2483.jpg

640DSC_2598.jpg

640DSC_2532.jpg

640DSC_2520.jpg

640DSC_2545.jpg

640DSC_2541 (2)s
 △ 六地蔵様  木の影が鮮明

640DSC_2512.jpg

とうけいじ3

東慶寺2

東慶寺1

640DSC_2881aa.jpg
 △ ハイキーに画像修正

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

雲海に浮かび、朝の光に輝く 兵庫・竹田城 動画

2016.12.07(00:41) 1258

次のような動画がありました。

毎日新聞2016年12月5日 11時52分(最終更新 12月5日 13時12分)

▽ ここをクリックしてください。移動しましたら少し下にスクロールしてください。
雲海に浮かぶ竹田城

 竹田城は標高354メートルの山上にあった山城で、室町時代、但馬の守護大名・山名宗全が築いたとされる。石垣は南北約400メートル、東西約100メートル。虎が伏せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれている。

 雲海は、昼夜の温度差が大きい早朝に見られ、秋から冬にかけて但馬の風物詩となっている。神戸地方気象台によると、この日の朝の同町の最低気温は8.8度。一面に広がる雲海の合間から姿を現した石垣が、朝の光に輝いていた。【幾島健太郎】

640WS000224.jpg

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

三郷でみかん狩り

2016.12.05(12:26) 1257

三郷市でみかん狩りができます。
12/4日曜日に行ってきました。
場所は新三郷のメガドンキホーテの調整池の近くにあります。
「加藤みかん園」看板も出ていません。
みかんの木は全部で20本ぐらい。小規模です。
土日祝のみの営業。気をつけて見ていないと通り過ぎてしまいます。

大人5人、小学生1人で行きました。
みかんの木によって甘いものや酸っぱいものがあります。
目安は鳥さんの食べた跡があるかどうか。
食べ放題とは言うものの、みかんは多くは食べられません。
それでも、直接木から収穫するのは楽しいです。

入場料 600円 1kgのお土産付き。重量オーバー分は買い取り。
市価と変化のないお値段です。

小春日和にみなさんとワイワイガヤガヤと楽しみました。
みかんでお腹がいっぱいのはずが、夕食時はやはりお腹が空いていました。
健康な証拠かも?

640IMG_1734.jpg

640IMG_1741.jpg

640IMG_1748.jpg

640IMG_1740.jpg

640IMG_1729.jpg


りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

本土寺の紅葉 2016 YouTube

2016.12.04(17:53) 1256

本土寺の紅葉のYouTubeです。

再生時間 2分35秒


りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ICウォーキングイベント

2016.12.03(16:15) 1255

 今日(12/3)土曜日、ICウォーキングイベントがありました。
住まいの近くの「さつき平を周るコース」です。
「さつき平コースを周るウオーキングイベント」
主催は市役所の健康推進課。
瑞沼市民センターに集まり、9時45分頃出発。
約3kmを歩きました。
歩くのはゆっくりペースです。物足りないような距離とペースでした。

瑞沼市民センターに戻り、5,000km達成者などの表彰式がありました。
レクリェーションもあり、歩いたり頭を使ったりと楽しみました。
市のマスコット「かいちゃん」も参加。
参加者はシニアの方が多く「かいちゃん」にはあまり興味を示しません。
写真を撮ったり握手をしたりして、ハイテンションになっているのは私ぐらいでした。

約60名の参加。
私の5,000km達成が出来るのは何時のことやら。

640IMG_1697.jpg

640IMG_1698.jpg
 △ 調整池の水鳥の中に「カイツブリ」がいるというのですが、どれがそうなのかはわかりません。

     480IMG_1708.jpg

     480IMG_1706.jpg

     480IMG_1721.jpg
     △ 誰にもかまってもらえず寂しそうな「かいちゃん」
       子ども向けイベントの時は大人気なのですが。

     480IMG_1719.jpg
     △ 冬バージョンで帽子とマフラーを着けた「かいちゃん」
「かいちゃん」=市のマスコットキャラクター、水鳥の「カイツブリ」がモデル

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

イルミネーションを手持ちで撮影

2016.12.02(23:36) 1254

今日(12/2)、午後整形外科を受診しました。
左膝の痛みがあり3か月前から通っています。
膝に注射をして湿布の処方箋をいただきました。
待ち時間が長いです。帰りは真っ暗。

駅前の広場のイルミネーションが綺麗。
コンパクトデジカメを持っていたので、撮ることにしました。
キャノンパワーショットG7XマークⅡです。
シーンモードの「手持ち夜景」で1回シャッタを押すと連写で5枚撮ります。
すると「合成しています」の文字が出て、しばらくすると撮影した画面が表示されます。
「取説」に詳しい説明はないのですが、カメラ内で合成されています。
帰宅後PCの大きな画面で見るとやはり手ブレはあります。
ブログやインスタグラムなら支障はない手ブレの程度です。
やはり、イルミネーションなどは三脚が必要と痛感しました。

640IMG_1653.jpg

640IMG_1647.jpg

640IMG_1652.jpg

     480IMG_1685.jpg

640IMG_1676.jpg

640IMG_1678.jpg

640IMG_1692.jpg

うっかり設定ミスをしてしまいました。
露光量が±0のままになっていました。-にしなかったので白飛びをしています。

りんむうフォトダイアリー



街の撮影 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

本土寺の紅葉 2016

2016.12.01(16:53) 1253

 本土寺の紅葉撮影に行ってきました。11/29 (火)
8時から17時まで開門です。
8時30分ごろに着きました。人もまばらでのんびり撮影。
ところが10時ごろになったら続々と入場してきます。

じつは、ビューポイントがあるのです。
10時30分頃の光がちょうど良い建物です。その時間まで粘りました。
1枚目の写真がそうです。
この写真を撮ってさっさと帰りました。
やはり、人気の場所なのですね。
一番元気なのはシニアの女性です。見習いたい。
紅葉はちょうど良い時期でしたが腕前はイマイチ。

640DSC_2310 (2)s
 △ 10時30分頃の光がちょうど良い写真。 昔の小学校の校舎のようです。

     480DSC_1972s.jpg
     △ 本土寺のシンボル 五重の塔

     480DSC_2370.jpg

     480DSC_2253.jpg

     480DSC_2218.jpg

     480DSC_2120.jpg

640DSC_1994.jpg
 △ ご本堂

640DSC_2163.jpg

640DSC_2089っs

640DSC_2171ss.jpg

640DSC_2181.jpg

640DSC_2228.jpg

640DSC_2226.jpg

640DSC_2446.jpg

640DSC_2441.jpg

640DSC_2368.jpg

640DSC_2198ss.jpg

640DSC_2104ss.jpg

本土寺2
本土寺1
本土寺3
本土寺5
本土寺4
本土寺8
本土寺6
本土寺9
本土寺7

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2016年12月
  1. ご挨拶(12/31)
  2. ビールの苦みにアルツハイマー予防効果!?(12/27)
  3. 今日(12/27)の朝焼け(12/27)
  4. 患者塾 医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 真実の正しい把握から(12/22)
  5. ひたむきに生きて:病院づくり 来年も、天野篤・順天堂医院院長(12/21)
  6. ススキ(12/16)
  7. 高尾山へ忘年登山(12/11)
  8. 駅前のイルミネーション(12/11)
  9. 東漸寺の紅葉(12/11)
  10. 雲海に浮かび、朝の光に輝く 兵庫・竹田城 動画(12/07)
  11. 三郷でみかん狩り(12/05)
  12. 本土寺の紅葉 2016 YouTube(12/04)
  13. ICウォーキングイベント(12/03)
  14. イルミネーションを手持ちで撮影(12/02)
  15. 本土寺の紅葉 2016(12/01)