FC2ブログ


タイトル画像

上手に他人の力借りて 香山リカのココロの万華鏡

2017.01.31(23:00) 1278

次のような記事がありました。

上手に他人の力借りて 香山リカのココロの万華鏡
その他 2017年1月31日 (火)配信毎日新聞社
香山リカのココロの万華鏡:上手に他人の力借りて /東京

 いきなり個人的な話題になるが、私の母親は、北海道小樽市でひとり暮らしをしている。もう高齢で持病もあり、定期的に内科に通院している。先日、私も東京から戻って診察に付き添った。

 はじめて会う内科の医師は、年齢は私よりも少し下という感じ、にこやかな男性だった。母親が「体力がなくて」と言うと、やさしく「食事はちゃんとなさってますか?」ときく。それに対して母親は、「ごはん、あまり食べたくないんですよね」という答え。これが家での私との会話だったら、つい「食べてないなら体力がつかなくたって仕方ないじゃない。もっとがんばって食べてよ!」などときつい口調で言ってしまいそうだ。

 しかし、内科医は笑顔のまま、「それは困りましたね。ごはん茶わん半分くらい? もう少し食べましょうよ」などとアドバイス。それには母親も、「そうですね、がんばってみます」とうなずいている。

 診察は万事、そんな調子で進み、最後に医師はこう言った。「娘さん、東京で仕事してるんでしょう? 忙しいと思うので、ふだんの通院には来なくて大丈夫ですよ。何かあったらこちらから連絡しますから」。私は逆に、「どうしてひとり暮らしなんかさせてるんですか? 娘なら同居すべきでしょう」などと怒られるのではないか、と思っていたので、そのひとことに思わず涙が出そうになった。母親もいっしょにうなずいていた。

 母娘など家族だとお互いワガママが出たり甘えが出たり、つい相手を責めたり文句を言ったりしてしまう。そこに誰か第三者のプロが介入するだけで、こんなに気持ちがなごんだり素直になれたりするものなのだ。

 いまの時代、「ひとに頼るのはよくない、自分たちだけでなんとかしなきゃ」と緊張し、家族の中の圧力がどんどん強まってしまうことがある。そうなると、それぞれが心にもないひどい言葉を口にしたり、相手を憎く思う感情が高まったりする。

 それよりは、上手に他人の力も借りながら、思いやりややさしさを失わないだけの余裕をキープしておいたほうがよい。

 「じゃ先生、これからもお願いします」と私たち母娘は笑顔で診察室をあとにした。

 私も東京に戻ったら、診察室で患者さんの家族に「ムリしすぎないで。私たちにおまかせください」と言ってあげられるようにしなきゃ、と思ったのだった。(精神科医)

     640DSC_3647.jpg
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

臆せず、踏み込んだ報道を 月刊誌「創」編集長の篠田博之さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」

2017.01.31(12:06) 1277

次のような記事がありました。

臆せず、踏み込んだ報道を 月刊誌「創」編集長の篠田博之さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」
その他 2017年1月30日 (月)配信共同通信社
 犯罪は世相を映す。米国のトランプ現象が象徴する「排外主義」が世界的に高まり、日本でもヘイトスピーチのような現象が広がっている。相模原の事件は、これらと地続きのように感じられる。困難な議論をはらむ事件だが、メディアは臆することなく踏み込んだ取材をし、社会に問題提起しなければならない。

 かつてメディアでは障害者などへの差別的な表現が横行し、1980年代を中心に関係団体から激しく糾弾された。その際、差別語を「言い換える」ことで逃れ、差別を巡る本質的な議論が深まる方向に進まなかった。

 「無理解か、及び腰のどちらかだ」。知的障害者事件の第一人者で2014年に亡くなった副島洋明(そえじま・ひろあき)弁護士は、障害者が関わる事件報道をこう評した。当初は大騒ぎし、容疑者が精神障害との情報が出た途端、報じなくなる―。14年の「アンネの日記」破損事件のようなケースにずっと疑問を感じていた。

 パラリンピックや「24時間テレビ」に特徴的な「感動をありがとう」という文脈で定型化した障害者像を伝える一方、犯罪や差別といったテーマは回避する。メディアは本来立ち止まって議論すべき事を、機械的に処理してきたように思う。

 そんなあいまいにしてきた部分に、相模原事件の容疑者はいきなり手を突っ込んだ。事件があぶり出す社会の問題点を解説する報道が十分なされない背景には、こうしたメディアの弱さがある。

 「障害者は生きる価値がない」という容疑者の主張は、絶対に許容できないものとして戦後教育で封印されてきた発想だ。だが「共生」という建前に賛同しつつも、人々の本音には「実は隣には来てほしくない」という意識が潜んでいた。

 今回の事件は、それまで何となくふたをしてきた事を表に出してしまったのだ。容疑者への共感をインターネット上で表明するだけでなく、電話や手紙で障害者の関連団体に伝えてきた人までいたと聞き、事態の深刻さに驚く。

 警察は「遺族の要望」として犠牲者全員の氏名を公表していない。遺族が名乗り出られず、口を閉ざしたのは、差別が厳然と存在するこの国の現状を表している。

 だが犠牲者の情報がほとんど報じられないのはやはり異常だ。それは記者たちが遺族ら関係者に肉薄できていない結果でもある。報道する側の覚悟が問われている。当事者に寄り添い、本質に踏み込み、考えるべき問題をすくい上げることがジャーナリズムの使命だ。

   しのだ・ひろゆき 51年、茨城県生まれ。81年から「創」編集長。「ドキュメント死刑囚」など著書多数

640DSC_3497s.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

社会の底が抜けてしまった 作家の高村薫さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」

2017.01.29(00:11) 1276

次のような記事がありました。

社会の底が抜けてしまった 作家の高村薫さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」
その他 2017年1月27日 (金)配信共同通信社
 元来、人間は手前勝手で多くの負の感情を持つ存在だ。それを意思の力で抑え込む「良識」によって秩序を保ってきた。だが今はヘイトスピーチのように、一昔前ならば絶対に許されないことが公然と語られている。そして政治家の問題発言も見過ごされる。たがが外れ「赤信号もみんなで渡れば怖くない」という状況だ。社会の底が完全に抜けてしまった。

 相模原事件の容疑者は、障害者の存在を否定するような主張をしていたとされ、実行にも移した。決して容認できないし、特異な人格だと思う。一方で、彼の言動には社会の変化が密接に関わっていると考えざるを得ない。

 高度成長の時代、未来は明るいと思っていた。1970年の大阪万博の頃だ。米ソ冷戦や公害などがあり状況は必ずしも良くはなかったが、それでも多くの人たちが豊かさを享受し、暮らしがある程度安定した中産階級ができた。人々には社会通念を守り育てる余裕があり、障害者や高齢者のために税金を充てる社会福祉国家を選び取った。

 だが大きな人口のかたまりが下層へと転落し、格差は拡大した。いくら働いても、結婚生活を送るだけの賃金さえも得られない。今はそんな諦めや絶望に社会が直面している。目の前のことに手いっぱいで、自らに良識を課すことができなくなり、負の感情を隠さなくなった。会員制交流サイト(SNS)のように、好きな時に指を動かすだけで発信できる簡便なツールもあり、本性がむき出しになっている。

 資本主義に基づくシステムがうまくいかなくなったと痛感する。代替策がない以上、格差も貧困も広がり続ける。世界中で同じ現象が起きており、明るい兆しはない。時代は完全に変わった。そのことをしっかりと認識する必要がある。われわれは非常に悪い条件の中で障害者らに向き合わざるを得なくなっている。

 まずすべきことは、今までより強い意思を持ち、自らを律することだ。不規則発言は、聞こえないふりをせずに止める。社会の合意として厳しく対処するためには罰則のある法整備も必要だ。人を傷つける発言に言論の自由は認められない。

 一方、福祉政策として正しかったのかと疑問に思うことは、障害者や高齢者をへき地や施設に隔離し、姿を見えなくしてきたことだ。私たちの普段の世界に存在しない「異物」にしてしまえば、負の感情は増していく。彼らと地域で共に暮らす社会につくり直さなければいけない。


 たかむら・かおる 53年、大阪市生まれ。93年「マークスの山」で直木賞。近著に農村で暮らす年老いた男を描いた「土の記」。

640DSC_3626早咲きの梅

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

肺炎球菌ワクチン効果 65歳以上で27%減少

2017.01.25(18:35) 1275

次のような記事がありました。

肺炎球菌ワクチン効果 65歳以上で27%減少
臨床 2017年1月25日 (水)配信長崎新聞
 高齢者に多い肺炎球菌が引き起こす肺炎に有効な予防ワクチン(23価ワクチン)を接種した65歳以上の人は、肺炎球菌による肺炎が27%減少するとの効果を、長崎大熱帯医学研究所(熱研)の有吉紅也教授(臨床感染症学)らの研究グループが解析した。グループは、国内の65歳以上の人全員が同ワクチンを接種すれば、年間に約10万人の肺炎患者を減らせると試算している。

 世界中で使用され、国内でも2014年に65歳以上を対象に定期接種が始まった23価ワクチンの予防効果を詳しく解明したのは初めて。研究成果は24日(日本時間)、英国の医学誌「ランセット・インフェクシャス・ディジージズ」電子版で発表した。

 15年、国内では肺炎で約12万人が死亡し、死因の第3位。死者の約95%が65歳以上。肺炎の原因微生物は肺炎球菌が最多で約3割を占める。肺炎球菌は血清の型で分類すると約90種類あり、23価ワクチンは特に肺炎を引き起こすことが多い23種類に対応する。

 グループは11年から3年間、北海道、千葉、高知、長崎の4病院で受診した65歳以上の肺炎患者約2千人から検体を採取。熱研が開発したシステムで肺炎球菌の種類を迅速に分類することに成功し、ワクチンを接種していた人の割合から予防効果を算定した。その結果、ワクチンを接種すれば23種類の肺炎球菌による肺炎は34%減少し、ほかの血清型を含めた全種類の肺炎球菌による肺炎も27%減少すると判明した。

 グループの鈴木基助教は「ワクチンの効果は患者数や費用とのバランスなどさまざまな指標を考慮して評価するが、23価ワクチンは大きな効果を上げていると考えていい」と評価している。

640IMG_2333 (2)s

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

オンリーワン ご近所のお医者さん 医事雑感

2017.01.18(23:07) 1274

次のような記事がありました。

(滋賀)オンリーワン ご近所のお医者さん 医事雑感
その他 2017年1月18日 (水)配信毎日新聞社
ご近所のお医者さん:/410 医事雑感/148 オンリーワン /滋賀

 ◇誰しもが大切な存在 堀泰祐さん(県立成人病センター緩和ケアセンター長)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 昨年末にSMAPが解散し、紅白歌合戦にも出演しませんでした。私のような芸能界音痴でも、少し寂しく感じました。

 数あるヒット曲の中でも、一番心に残るのは「世界に一つだけの花」という人が多いのではないでしょうか。私もこの歌に励まされた一人です。「ナンバーワンにならなくても、オンリーワンであればよい」というメッセージは、何かに追い立てられ、成果を求められているときに、大きな慰めとなります。

 私が20代後半から50代の頃には、医学の分野で先端を走ることや技術を磨くことで、他人から認められたいという気持ちが強く働いていました。60歳を過ぎて、ある程度は医学の限界も分かり大きな病気を経験すると、自分らしく生きることが何よりも大切と思えるようになりました。

 スポーツ競技などの勝負事では、金メダルを取ることや日本一になることが目標であり、勝たなければ称賛されません。しかし、ナンバーワンとなって栄誉に輝くのは、ごく一部のエリートだけです。大部分の選手は頂点に立つことなく、一般人として平凡な生涯を送ることになります。

 オンリーワンというのは、その人が独特の個性があって目立っているということではありません。人と異なる特技があったり、芸術的な才能があったりすれば、他人からもオンリーワンと認められるでしょう。私は、優れた個性がなくても、人は生きているだけでオンリーワンといえると思います。花屋に並ぶような立派な花でなくても、道ばたに咲く雑草の花でも、貴いのです。

 障害があっても、認知症になっても、家族もなく孤独に暮らす人でも、人の存在価値に差はありません。虚勢を張らず、背伸びをせず、自分らしく生きることが大切なのです。

 若い人たちには、目指すべき目標やそのための競争も必要かも知れません。しかし、挫折したり壁に突き当たったりしたときに、自分をオンリーワンの大切な存在と認めることができれば、励まされるでしょう。

640DSC_5723ss.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

せめて夢のある話を 香山リカのココロの万華鏡

2017.01.17(20:53) 1273

次のような記事がありました。

せめて夢のある話を 香山リカのココロの万華鏡
その他 2017年1月17日 (火)配信毎日新聞社
香山リカのココロの万華鏡:せめて夢のある話を /東京

 トランプ次期米大統領が記者会見を開くというので、日本時間では深夜だったが、がんばって起きて見ることにした。会場は自分が所有するニューヨークのトランプタワー1階で、大勢の取材陣が集まっている。

 もし、自分だったら最初はどんな話からするだろうと、眠気をおさえるために考えた。その前日にはオバマ大統領の最終演説があったので、まずその内容をほめるかもしれない。そして「彼のあとを継いで私もアメリカの平和と自由を守るためにがんばります」などと決意を述べて、それからだんだん自分の政策の話をするのでないか。とにかく、何か夢のある話から始めようとするに違いない。

 そんなことを考えていたら、トランプ氏が登場した。そしてマイクの前に立ち、口を開いてまずはじめに語ったのが、なんとマスコミ批判だった。自分が当選した後、ずっと記者会見を開かなかったのは、ニセのニュースを流す報道機関があるからだ、といった話を始めたのだ。それからしばらくの間、ロシアがトランプ氏の個人的な情報を取得しているといった情報が流れているがそれはウソだ、とそのことを報道したテレビ局などを厳しい言葉で批判し続けた。

 ネットでそれを見ている日本の人たちの反応をチェックしたら、「よく言った、デマとは徹底的に戦うべきだ」という肯定的な意見と、「なにこれ? 大統領になる人がメディアの悪口を言うなんてがっかり」という否定的な意見とに極端に分かれていた。私自身は、あまりに夢のない話が続くので、悲しい気持ちになっていった。

 その後は「アメリカに雇用を増やす」「オバマ大統領とは違う健康保険の仕組みを作る」といった前向きな話も出てきたが「もしそれを少しでも批判したら“ニセのニュースだ!”と厳しく否定されるのかな」と思うと、夢のある気持ちにはもうなれなかった。

 世界のどの国であっても、リーダーが話す言葉には重みがあり、それが励みになったり失望につながったりすることもある。とくに日本と関係の深いアメリカの大統領となれば、その言葉の影響は決して小さくはない。

 いまはメディアに対して怒っているトランプ氏も、大統領になったら気持ちが変わり、多くのアメリカ国民に夢を与える話をして、それを実現する政策を実行してくれるのだろうか。それを願いつつ、私もなるべく診察室では患者さんを励まし、希望を与える話をしよう、と心に決めたのだった。(精神科医)

640IMG_2337.jpg

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

夕景 1/13

2017.01.14(15:39) 1272

自宅から30分以上歩き(正確に計っていません)中川まで夕景を撮りに行きました。
土手の上は風が強く寒い。ウォーキングをする人もまばらです。
若者が走っていました。

正月太りで体重が増えその対策です。太るのは簡単なのですが痩せるのは根気がいります。

     480P1134357s.jpg

     480P1134367s.jpg

640P1134347s.jpg

640P1134363s.jpg

640P1134392s.jpg

640パノラマ1中川3000
     △ パノラマ写真

640P1134342s.jpg

640P1134346s.jpg

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

浅草寺合同撮影会

2017.01.13(22:54) 1271

合同撮影会がありました。 1/11(水)
総勢10名の参加です。

仲見世周辺は混んでいました。外国人がとても多いです。
「え~ここは日本?」
浅草も様変わりですね。日本中どこに行っても同じような光景です。
雷門周辺では車夫さんが幅を利かせていました。

若い女性は和服を着て人力車に乗るのを楽しんでいます。
やはり、外国の方が多いです。時々日本人がいました。
着物の着こなしで一目瞭然。

撮影に行ったのですがテーマを見つけるのに一苦労。
撮影対象はたくさんあるのでしょうが、街撮りは特徴を出すのが難しいです。

640IMG_2361 (2)

640IMG_2403.jpg
△ 「男性ギャラリーに囲まれて」  女性は「我、感知せず」という構図。
女性、男性でこんなにも目線が違うのですね。当たり前かな。(笑)♪

640IMG_2440.jpg

640IMG_2451.jpg

640IMG_2526aa.jpg
 △ 伝法院通りにて  一部をカラーにしています

640IMG_2535.jpg

640IMG_2555.jpg

640IMG_2639 (2)

640IMG_2768.jpg

     480IMG_2558 (2)a
     △ フレアーがたくさん出ました

     480DSC_3421 (2)


     480IMG_2643.jpg
      △ スターの手形

640DSC_3313a.jpg
 △ 楽しそうに懐かしそうにウィンドーを長い時間見つめていました

640DSC_3360 (2)

640IMG_2316.jpg

640IMG_2333 (2)s

640IMG_2352 (2)

縁起物
 △ 縁起物が空に浮かんでいました

浅草寺3

雷門3

お祈り
 △ いつもよりお線香の量が多いです。

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

1/7 夕景

2017.01.08(21:05) 1270

1/7 久しぶりにきれいな夕景を見たように思います。
きれいな夕景はあったのでしょうが、その時間に見られなかっただけかもしれません。
鳥さんが群れていました。

640P1074267.jpg

640P1074244.jpg

640P1074253.jpg

640P1074279.jpg

りんむうフォトダイアリー



未分類 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

初撮りは水仙

2017.01.05(22:40) 1269

初撮りは水仙でした。
いつもの年よりは早く咲いているように思います。
年末年始が暖かかったせいかもしれません。

     480DSC_3126.jpg

     480DSC_3221.jpg

     480DSC_3128.jpg

640DSC_3122.jpg

640DSC_3146.jpg

     480DSC_3219加工
        多重露光風に加工しました

りんむうフォトダイアリー



冬の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

新年のご挨拶

2017.01.03(10:59) 1268

新年のおよろこびを申し上げます
今年も「りんむうフォトダイアリー」をよろしくお願いします。

2017新年の挨拶

昨年、撮影に行った場所です。

りんむうフォトダイアリー



ごあいさつ トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2017年01月
  1. 上手に他人の力借りて 香山リカのココロの万華鏡(01/31)
  2. 臆せず、踏み込んだ報道を 月刊誌「創」編集長の篠田博之さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」(01/31)
  3. 社会の底が抜けてしまった 作家の高村薫さん 「検証・相模原殺傷事件 識者に聞く」(01/29)
  4. 肺炎球菌ワクチン効果 65歳以上で27%減少(01/25)
  5. オンリーワン ご近所のお医者さん 医事雑感(01/18)
  6. せめて夢のある話を 香山リカのココロの万華鏡(01/17)
  7. 夕景 1/13(01/14)
  8. 浅草寺合同撮影会(01/13)
  9. 1/7 夕景(01/08)
  10. 初撮りは水仙(01/05)
  11. 新年のご挨拶(01/03)