FC2ブログ


タイトル画像

皇居東御苑 梅林坂の梅

2017.03.01(11:34) 1291

皇居東御苑 梅林坂の梅を撮影しました。2/25(土)
地下鉄大手町 C13 a 出口から歩いて5分ぐらいです。月曜、金曜日は休み。
地下鉄の通路は現在工事中で目的の出口に行くまでテクテク歩きます。
わかりにくいです。当方、方向音痴気味のせいもありますが。

9時30分頃着きました。
まだ、人は少ないです。
だんだん人が多くなり、外国人も多くいました。
日本人のほうが少ないように感じます。

まず、椿寒桜の様子を見に行きました。
ちょうど八分咲きぐらいでした。「メジロさん」が蜜を吸いにやってきていました。
撮影しましたが動きが早く苦労をしました。連写でも追いつかないぐらい。

梅林坂は梅の種類も多く見ごたえがあります。木に名札がついているのでわかりやすい。
咲きぐあいも満開少し前、枝ぶりも芸術的でした。

都道府県の木の場所は工事中。
富士見多聞は一般公開されていました。

尚蔵館に寄ったり、休憩所でコーヒーを飲んだりのんびり過ごしました。
この時期に来ることが出来幸せです。3年ぶりぐらいですので。

640DSC_4230椿寒桜A3

640DSC_4207 (2)s[a

     480DSC_4242椿寒桜s
     △ 上記3枚は椿寒桜

梅21

640DSC_4254琉球寒緋桜

640DSC_4366s.jpg

640DSC_4297梅(白加賀)A3

梅20

梅22

梅25

640DSC_4440.jpg

640DSC_4401.jpg

640DSC_4194s (2)

640DSC_4389s皇居正門石橋旧飾電燈
△ 皇居正門石橋旧飾電燈
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

千鳥ヶ淵緑道の修善寺寒桜

2017.03.01(10:37) 1290

千鳥ヶ淵緑道の桜の様子を見に行きました。2/22(水)
まだまだです。
修善寺寒桜が合計5本咲いていました。
インド大使館近くに2本、ボート乗り場付近に3本。
人もまばらで閑散としていました。

480DSC_4105s.jpg

480DSC_4108.jpg

480DSC_4076s.jpg

シュゼンジカンザクラ

480DSC_4140.jpg

480DSC_4164.jpg
△ インド大使館前の修善寺寒桜

640DSC_4053s.jpg

640DSC_4100s.jpg

640DSC_4141.jpg
△ 桜の時期には両岸の木が一斉に花をつけます

640IMG_4654.jpg
△ 今日の武道館での催し物はなし

640DSC_4067sA3jpg.jpg
△ 雀さんが集団で餌探しはセずに、さえずっていました

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

3月、ゆっくり過ごす月に 香山リカのココロの万華鏡

2017.03.01(08:22) 1289

次のような記事がありました。

3月、ゆっくり過ごす月に 香山リカのココロの万華鏡 /東京

その他 2017年2月28日 (火)配信毎日新聞社
 今年も東日本大震災が起きた3月11日が近づいてきた。
 あれから6年、だいぶ記憶が薄れていると思っていても、この季節の風や気温からふと「ああ、あのときもこんな感じだった」と思い出してしまう人もいるのではないか。からだが強烈にそのときの状況を記憶しており、何かのきっかけでそれがよみがえりつらくなる。精神医学ではそれを「命日反応」とか「記念日反応」と呼ぶこともある。

 あの年からずっと岩手、宮城、福島の各県自治体で働く人たちの電話相談を仲間と続けている。被災者を支え、復興を担いながら、自らもまた被災したり家族を亡くしたりした自治体職員の疲れや心の傷は深刻で、いまだに相談日には「勇気を出してはじめてかけてみました」といった方からの電話がある。

 被災地の方々はもちろんだが、あのとき全国の人たちが「日本でもこんな大きな災害が」と大きなショックを受けた。津波の犠牲者の家族に心を寄せ、いっしょに涙を流した人たちも多かった。また、原発事故の恐怖をリアルに感じ、眠れぬ夜をすごした人もいる。誰もが心に傷を負った、それが3月11日なのだ。

 それでなくても、3月はストレスの多い月だ。入試の発表や卒業、異動で引っ越しをする人もいる。うれしい変化もあるが、不本意な変化を経験しなければならない人も多い。

 私は、とくに日本では、この3月を「ゆっくりすごす月」にすればいいのに、といつも思う。あの大震災を思い、犠牲者のために祈り、さまざまな変化を迎える人たちもあわてずにその準備をする。年度末だからと追い立てられることなく、むしろこれまでの1年を振り返って自分をいたわり、ねぎらう月とする。

 そんなことを言ったら、金融機関で働く友人に笑われた。「なに言ってるの? いまがいちばん忙しい時期、昇進の発表もあるこの時期に、ペースダウンしてすごすなんて夢のまた夢だね」

 もちろんそうかもしれない。しかし、だからこそ「あえてゆっくり、あえて静かに」と心がけるのだ。先に世を去った人たちに心を寄せ、いま生きている人たちと喜びを分かち合う。いままだ困難にある人のためには自分が何ができるのか、と考える。今年の3月11日もそんな気分で迎えたい。「ゆったりとすごす3月」、あなたもいっしょにどうだろう。そうしているうちに桜の季節もやって来るはずだ。(精神科医)

640DSC_4297梅(白加賀)A3

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年03月01日
  1. 皇居東御苑 梅林坂の梅(03/01)
  2. 千鳥ヶ淵緑道の修善寺寒桜(03/01)
  3. 3月、ゆっくり過ごす月に 香山リカのココロの万華鏡(03/01)