FC2ブログ


タイトル画像

Happy Halloween!(ハッピー・ハロウィン!)

2017.10.31(15:30) 1411

 今日は 10/31 ハロウィンの当日です。
商店街に買い物に行ったら近くの保育園の園児達が、ハロウィン行事をしていました。

「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」

商店街のおじさんにお菓子を貰っていました。
微笑ましく可愛らしいですね。
周りにいたみなさんが笑顔でした。

もう、日本の行事になっています。
もともとは、古代ヨーロッパの中部や西部に住んでいた、古代ケルト民族のお祭りだったとのこと。
古代ケルト民族の世界では、10月31日が1年の終わりの日でお祭りの日だったのです。
そうは言ってもイマイチ私にはピンときません。
若い人たちは仮装を楽しんでいます。
それはそれで良いのでは。なにしろ平和でなければ出来ないことなので。

640IMG_2144.jpg

640IMG_2143.jpg

640IMG_2146.jpg

640IMG_2147.jpg

640IMG_2148.jpg

640IMG_2152.jpg

640IMG_2153.jpg

640IMG_2154.jpg

640IMG_2156.jpg
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

認知症予防のために肉食高齢者になろう

2017.10.31(13:35) 1406

 次のような記事がありました。

認知症予防のために肉食高齢者になろう
2017年10月23日 工藤千秋 / くどうちあき脳神経外科クリニック院長

 近年、高齢化の進展に伴う認知症患者の増加が懸念されています。病気は遺伝要因と環境要因が絡み合って発症すると考えられており、認知症も例外ではありません。遺伝要因は克服できるものではありませんが、食事や運動、喫煙の習慣などの環境要因は、個人の努力である程度発症リスクを抑えることができます。そこで今回は、食事の点から認知症発症リスクを下げるヒントをお話ししたいと思います。

脳にも栄養バランスの取れた食事が必要
 私たちが健康に生きていくためには、5大栄養素として知られる炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルが必要です。脳でも、これら全てが重要な役割を果たします。
 炭水化物が分解されてできたブドウ糖は脳細胞のエネルギー源となります。たんぱく質と脂質は脳細胞の構成成分になり、ビタミンとミネラルは脳での代謝を調整します。
 最近、糖質制限ダイエットが流行し、炭水化物の摂取を減らそうとする人がいます。でも、脳の健康を保つという観点からは炭水化物の過度な摂取制限は好ましくないことがお分かりいただけるでしょう。

認知機能低下リスクが2~3倍に
 また、東京都健康長寿医療センター研究所のチームが、群馬県と新潟県に住む70歳以上の男女を4年間追跡した興味深い調査結果を報告しています。4年間追跡できた682人について、追跡調査を行った時点で認知機能が低下していた人の要因を調べたのです。すると、栄養状態と認知機能低下との関係が明らかになりました。
 チームは、血中の▽鉄分(ミネラルの一つ)の状態を示す赤血球数▽脂質の状態を示すコレステロール値▽たんぱく質の状態を示すアルブミン値--について、それぞれ「高い」「普通」「低い」の三つのグループに分けて分析しました。その結果、全ての値について、「低い」グループの人は「高い」グループの人に比べ、認知機能低下のリスクが約2~3倍高くなることが分かったのです。
 要は、栄養バランスの取れた食事が、認知症の予防につながるということです。

栄養三色運動と合言葉を生かす
 では、バランスの良い食事とは何でしょうか。第二次世界大戦後の食料不足の時代から飽食の現代まで、国民の食生活改善の指導を実践してきた、一般社団法人栄養改善普及会の近藤とし子さん(故人)らが推進した「栄養三色運動」が参考になります。
 これは栄養素を大きく三つに分類し、信号の赤、黄、緑の3色でグループ分けする考え方です。毎食3色を食べるとバランス良く栄養が摂取できます。赤色は血や肉になるたんぱく質、黄色はエネルギーとなる炭水化物や脂肪、緑色が体の調子を整えるビタミンとミネラルです。
 栄養改善普及会は、具体的にはどのような食材を食べたらいいのかを表す合言葉も作っています。それは「マゴタチワヤサシイ」です。食材の頭文字を取ったもので、「マ」は豆類・大豆製品、「ゴ」はごま・種実類、「タ」は卵、「チ」は牛乳・乳製品、「ワ」はわかめなどの海藻類、「ヤ」は野菜・果物、「サ」は魚などの魚介類と肉類、「シ」はしいたけなどきのこ類、「イ」はいも類を意味します。前述の3色分類では赤色が「マ」「タ」「チ」「サ」、黄色が「ゴ」「イ」、緑色が「ワ」「ヤ」「シ」です。主食+「マゴタチワヤサシイ」がバランスの取れた食事になるのです。
「ニ」を加えて脳が喜ぶ食事に
 脳のことを考えて、私はこれに肉類の「ニ」を加えて「マゴタチニワヤサシイ」を勧めたいと考えています。「サ」には魚介類と肉類が含まれますが、あえて分けて「ニ」を加えたいと思う理由は二つあります。
 一つは栄養面からです。生物の体を作るたんぱく質は20種類のアミノ酸の組み合わせでできています。このうち脳内で神経伝達物質を作るために使われるメチオニン、フェニルアラニン、トリプトファンを含む9種類はヒトの体内で作ることができません。これらは「必須アミノ酸」と呼ばれ、食品から摂取しなければならないのです。また、必須アミノ酸以外のアミノ酸の中のアスパラギン酸、グルタミン酸、グリシンは、そのものが神経伝達物質として働きます。
 この必須アミノ酸やアスパラギン酸、グルタミン酸、グリシンは、牛や豚の赤身肉、鶏のモモ肉、ムネ肉の方が、日本でよく食べられている魚であるサケ、マグロ、サンマ、ブリ、アジより可食部100g当たりの含有量が多い傾向にあることが分かっています。
 つまり肉は脳にとって非常に重要な栄養源なのです。

肉食への誤解
 もう一つの理由は、「肉食は避けた方が良い」という誤解が少なからず広がっているためです。
 日本では、1951~80年までの30年間、脳血管疾患が死亡原因の第1位でした。その中で、肉食中心の「食の欧米化」を戒める風潮が広がりました。確かに、脂質の多い肉食が中心になり過ぎると、体内で悪玉コレステロールが増えて動脈硬化につながり、これが脳血管疾患の発症を招きます。また、認知症予防の観点からは、過ぎた肉食が認知症発症のリスクを高めるとの報告もあります。
 そこで、「肉食中心になり過ぎてはいけない」という警告を専門家が発したのです。しかし、これが「肉はなるべく食べない方が良い」という誤ったメッセージに変換されて、なんとなく一般に浸透してしまっているように思えます。
 私は1日1食、なるべく脂質の少ない肉を食べることをお勧めします。量は手のひら大程度がいいでしょう。

肉が大好きな日野原重明さん
 脂質の少ない肉食の良さを実感した出来事があります。
 みなさんは、今年7月に105歳で亡くなった聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生をご存じだと思います。100歳を超えても精力的に講演などの活動を続けていらっしゃいました。
 私が以前、ある場所で日野原先生にお会いした際に「そこまでお元気でいられるコツは何ですか?」と尋ねたことがあります。日野原先生は「私はお肉が大好きだからでしょうか」と笑いながらおっしゃっていました。ちなみにこの時は「ただし、お肉の脂身は食べませんけどね」と付け加えていました。

楽しみながらバランスの取れた食事を
 「マゴタチニワヤサシイ」を実践するのは難しいと考える方は少なくないはずです。もちろんこれら全ての食品を1回の食事で取ることはかなり大変です。私は3日ぐらいでこれらをまんべんなく食べられれば良いと思っています。
 ですから、食事を作る人も食べる人も、変に肩に力を入れず楽しみながら実践しましょう。「昨日の夕食は『マ』『ニ』『ヤ』を使ったから、今日の夕食は『ゴ』『サ』『ワ』で作ろうかな?」とか、外食時でも「この食材は『タ』だ」とか、食べた食品と食べていない食品の両方を探し出す遊びと考えれば良いのです。
 栄養バランスの取れた食事は認知症予防だけでなく、健康のためにも多くのメリットがあります。今日から早速始めてみてはいかがでしょう。【聞き手=ジャーナリスト・村上和巳】

WS000534.jpg

工藤千秋
くどうちあき脳神経外科クリニック院長
くどう・ちあき 1958年長野県下諏訪町生まれ。英国バーミンガム大学、労働福祉事業団東京労災病院脳神経外科、鹿児島市立病院脳疾患救命救急センターなどで脳神経外科を学ぶ。89年、東京労災病院脳神経外科に勤務。同科副部長を務める。01年、東京都大田区に「くどうちあき脳神経外科クリニック」を開院。脳神経外科専門医であるとともに、認知症、高次脳機能障害、パーキンソン病、痛みの治療に情熱を傾け、心に迫る医療を施すことを信条とする。 漢方薬処方にも精通し、日本アロマセラピー学会認定医でもある。著書に「エビデンスに基づく認知症 補完療法へのアプローチ」(ぱーそん書房)、「サプリが命を躍動させるとき あきらめない!その頭痛とかくれ貧血」(文芸社)など。

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

花水木の紅葉と赤い実

2017.10.30(14:45) 1410

 花水木の赤い実が綺麗です。葉の紅葉も…。
この頃は台風などで雨の日が多く外に出るのも億劫です。
当然、写真も撮れません。
ご近所で撮った秋の花水木です。
ほとんど赤い実が落ちています。

今日(10/30)は北風が強いですね。関東地方は木枯らし1号との事。
あまり寒くはないのですがそのように言うそうです。

     480IMG_2104.jpg

     480IMG_2108 (2)

640IMG_2102_20171030143959eaa.jpg

640IMG_2106 (2)

640IMG_2105.jpg

640IMG_2107 (2)

640IMG_2111 (2)

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

香山リカのココロの万華鏡:一度で診療が終わる医者

2017.10.25(12:53) 1408

 次のような記事がありました。
香山リカのココロの万華鏡:一度で診療が終わる医者 /東京
その他 2017年10月24日 (火)配信毎日新聞社   

 秋は精神医学の学会が全国のあちこちで開かれ、私もいくつかに参加した。学会とは、学問や研究にかかわる人が研究成果を発表する場のことだ。日ごろ不勉強な私は、若手の精神科医の発表からとくに学ぶことが多い。

 30代と思われるドクターが、医療の対象になる「病」かどうかを客観的に決められるか、という基本的な問題について発表した。私など、診察室に「つらいんです」と言ってやって来る人がいれば、とにかく「よし、なんとかしましょう」と言って、訴えや生活についてくわしく聞き、必要ならクスリを出す。そして、「また来週おいでください」と次の約束もする。

 しかし、そのドクターが言うには、病院に来る人の中には必ずしも治療が適している「病」ではない人もいる、というのが近年の考え方だそうだ。イギリスの病院ではすべての来院者の話を総合窓口で聞き、場合によっては「医療を受ける必要はないですね」と言うのだという。

 総合窓口では、慢性の腰痛を訴える人に対して、「まずボランティアをやってみてはどうですか」と体を動かすことをすすめる場合もある。もちろん、明らかに腰に病気がある場合は整形外科の受診手続きをするのだが、その手前で「病ではないと思いますよ」と伝え、生活指導や運動などで解決することも少なくない、という。

 本人にとっても「深刻な病気かもしれないから専門医による診察や検査を受けましょう」と言われるより、「わざわざ医者にかからなくても、ストレッチで良くなりますよ」と助言されたら、うれしいし時間やお金の節約にもつながるのではないか。そのドクターの発表を聞いてから、私は初めて来る患者さん数人に「継続的な治療は必要ありません」と言ってみた。

 「眠れないのですね。不眠症かもしれませんが、誰もが一時的に経験する普通の眠りづらさかもしれません。寝る直前までお酒を飲むのはやめて、晩酌をしても酔いがさめてから寝る方が、睡眠の質がよくなりますよ。それでもダメだったらまたどうぞ」

 一回で終わり、クスリも出ない診察に「これだけ?」と不安そうな人もいるが、ほとんどは「安心しました。では深酒は控えてみます」と笑顔になる。

 症状らしきものがあっても「病」とは限らない。生活の改善やリラックスで軽くなるならそれでよいではないか。「一度で診療が終わる医者」として腕をみがきたい、と思っている。(精神科医) 

640IMG_0556 (2)

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

防災袋に入れておきたい持病の薬とサプリ

2017.10.21(11:38) 1394

次のような記事がありました。

防災袋に入れておきたい持病の薬とサプリ
2017年9月28日 丁宗鐵 / 日本薬科大学学長
 もしも、突然の災害で避難所生活をすることになったら、命を守るために必要なものは何でしょうか。水、食料、そして薬も大事なものの一つでしょう。2011年3月11日の東日本大震災では、被災地にあった製薬工場が壊滅的な被害を受け、処方薬の製造供給が止まるという一大事が起きました。自然災害は、なかなか避けられないもの。日本に住んでいる以上は、地震も避けては通れません。災害時は思わぬ事態や影響が発生し、それが薬ということもあるのです。いざという時のために対策を考えておきましょう。

東日本大震災で薬の供給がストップ
 東日本大震災によって生産が止まったのは、チラーヂンS(一般名レボチロキシンナトリウム)という甲状腺ホルモン薬です。震災後、二つの大きな問題が起きました。
 一つは、福島県いわき市にあった製造工場が被害を受けたことで、薬を製造できなくなったこと。もう一つは、この薬の薬価が比較的低かったことで製造販売をする会社が1社だけとなり、ほぼすべての薬がいわき市の工場で生産されていたことです。そのため、震災によって全国に薬を供給できなくなり、甲状腺機能低下症の患者のための薬が足りないという事態になったのです。
 被災地に医師がいて大病院があっても、治療薬がなければ人の命を救うことはできません。東日本大震災では、被災地の方々が被害を受けただけでなく、全国の患者さんに波及する問題が起きていたことも知ってほしいと思います。

日ごろから意識しておきたい薬の対策
 災害時、薬が命に直結するのは、治療中や持病がある人、高齢者などでしょう。東日本大震災の出来事を教訓に、自分にできる対策をしておきたいものです。どのようなことが備えになるか解説しましょう。
(1)薬名を理解し、外出時はお薬手帳を携帯
 処方された薬の名前を覚えておくことは、大切なことです。薬の情報は、処方箋やお薬手帳に記載されています。外出時にお薬手帳を携帯すると、出先で突然災害に見舞われた時に役立ちます。
(2)ジェネリック医薬品の注意点を知っておく
 医師が処方する医薬品には、「先発医薬品」と「後発医薬品」があり、後者は「ジェネリック医薬品」とも呼ばれています。ジェネリック医薬品は、有効性や安全性が先発医薬品と同じで、薬の価格が低く抑えられています。生活習慣病や慢性的な病気の患者さんは、薬を長期間使用するためこちらを選択する場合があります。
 ジェネリック医薬品は、複数の製薬会社が製造しているので種類が多く、薬の名前や形状はさまざまです。高齢になると薬の種類が増えて、覚えられないということがあります。そのような時は、薬局で薬と一緒に渡される薬の説明書を非常持ち出し袋に入れておくと、備えになります。
(3)薬の置き場所を決める
 処方薬は、患者さんの命にかかわるものです。ふだんから薬の置き場所をきちんと決めておくと、いざという時すぐに持ち出すことができます。また、薬の残量がどのくらいかを把握していると理想的です。

災害時の食料事情を想定し、サプリの備えも検討
 災害が起きると、生活環境の急変に加えて精神的に不安定になり、健康な人でも体調を崩すことが少なくありません。避難所では、トイレの使用を控えようとして水分を制限したり、じっとして動かなかったりすることで、エコノミークラス症候群や生活不活発病(動かないことで心身の機能が低下し、動けなくなる)を発症することが問題になっています。このような健康2次被害は災害関連死につながるため、十分に注意する必要があります。
 また、災害時は食事にも問題があります。幸い食料には困らなかったとしても、食欲が低下して食べられなくなったり、エネルギーの確保に重点が置かれたものが多く、新鮮な野菜などをなかなか取れなかったりします。栄養が偏って、体調を崩しやすくなるのです。
 非常時であっても、できるだけバランスの取れた食事に近づけることができれば、体力の消耗を防ぎ、抵抗力や気力を維持することができます。災害時に取りにくいビタミンやミネラルは、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントで備える、という考え方もあるのではないでしょうか。被災状況が落ち着くまでの栄養補助として、自分の健康を守るのに役立つと思います。【聞き手=医療ライター・阿部厚香】

丁宗鐵
日本薬科大学学長
てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。

640IMG_1640 (2)

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

台湾ホトトギスが咲いています

2017.10.16(16:56) 1404

 台湾ホトトギスが地味な様子で咲いています。
北側のあまり日の当たらない場所でも頑張っていますね。

この頃は雨続きで寒いし引きこもり気味です。
今日、クリニックに雨が降っているため、カッパを着て自転車で行ってきました。
歩いて行こうかとも思いましたが、30分位かかるので自転車にしました。
安全運転です。転んだら大変ですので。
左膝のトリガーポイントに注射をしました。
変形性膝関節症です。
少しずつは良くなっているのですが、思わしくない。
希望して漢方薬を処方してもらいました。
ツムラ 18  桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)  関節痛の痛み止めです。
2週間服用してみることにしました。

640IMG_1731s (2)

480IMG_1433 s(2)

640IMG_1710s (2)

640IMG_1574.jpg

tsiesnn1.jpg

640IMG_1478.jpg
 △ 蜘蛛の巣に水玉がついて輝いていました

640IMG_1462 (2)

640IMG_1445 (2)

640IMG_1472s_20171016164225ce3.jpg

640IMG_1439 (2)

640IMG_1434 (2)

480IMG_1844.jpg

640IMG_1837.jpg

640IMG_1849.jpg

640IMG_1850.jpg

ysiesnn2.jpg

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

秋明菊が咲きましたⅡ

2017.10.13(17:26) 1403

 秋明菊は花期の長いお花です。
秋の寒い気温にも耐えて咲いています。

640IMG_1606.jpg

640PA090365.jpg

640PA090371.jpg

640PA090361.jpg

640IMG_1622.jpg

640IMG_1512s (2)

640IMG_1501s.jpg

640IMG_1502.jpg

640IMG_1481 (2)
⇒秋明菊が咲きましたⅡの続きを読む

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

満月は「雨」 月は見えず

2017.10.07(00:28) 1400

 10/6は満月、しかし、雨が降っています。
雲が厚く月は見えません。残念でした。
前日に撮った写真がありますので掲載します。

月齢カレンダーを時々見ますが、旧暦での生活ではありませんのでピンときません。
昔の方々は「月」に親しんでいたのですね。
月に関する言葉が多くあります。

640DSC_3837 ss

640DSC_3837 (2)ss
 △ 前日に撮った雲の写真と月を合成しました

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

香山リカのココロの万華鏡:政治家から学ぶ健康法

2017.10.04(15:38) 1397

次のような記事がありました。

香山リカのココロの万華鏡:政治家から学ぶ健康法
その他 2017年10月3日 (火)配信毎日新聞社/東京

 テレビは選挙のニュース一色。その中身はともかく、テレビで政治家を見ていて思うのは、「みんな若いなあ」ということだ。ほとんどの政党の党首は60代、「若手」と言われる人でも50代後半。中には70代後半の人もいるが、みな大声で話し、新聞記者を従えてスタスタ歩いている。

 精神科の診察室にはいろいろな職業の人がやって来るが、「政治にかかわっています」という人にはこれまでほとんど会ったことがない。各自治体まで入れると政治家と呼ばれる人は相当数いると思うが、その人たちは不眠症やうつ病になりにくいのだろうか。

 かつて、引退した政治家がこう教えてくれたことがあった。

 「政治家というものは出世したい、大臣になりたい、次の選挙でも必ず当選したい、という欲がものすごいんです。人間、欲を失わなければ心にもハリが出るものですよ」

 「政治家は有権者のために働く人」というイメージが強かった私はその言葉にちょっとがっかりしたが、同時に「なるほど」と納得もした。「私ってダメかも」と自分を責めてクヨクヨすることなく、「私こそ大臣になるのにふさわしい人間」と信じて、選挙では「何とぞ私を当選させてください」と演説をする。そこで「ちょっと自信はありませんが、よかったら票を入れてください」などと弱気なことを言ったら、とても当選はできないだろう。

 「自信」や「欲」は若さと元気を保つコツと言えるのだろうか。とはいえ、あまりに自信満々、欲がいっぱいでは、自分はよくてもまわりの人に迷惑をかけてしまう。誰もがそういう状態では、すぐに激しい競争やケンカが起きて、会社も家庭もあっという間に崩壊するだろう。

 しかし、ときどきは政治家をまねてもよいかもしれない。あまり謙虚になりすぎず、「私は必ず社会の役に立てる人間です。私をどうぞよろしくお願いします」と思ってみたり、小さな声でつぶやいてみたりするのだ。選挙カーの上で笑顔で手を振るところを想像してみてもよいかもしれない。そうするとなんとなく自信が出てきて、背筋がすっきりと伸びるのを感じられるのではないか。

 もちろん、本物の選挙に臨む候補者たちは真剣だ。ただ、私たちが心の健康を保つために、こっそり“選挙のマネ”で笑顔の練習をするくらいは許されるはず。政治のニュースを見て心の健康法を学ぶ、というのはいかがだろう。(精神科医)

640PA030295 (2)

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

血管年齢を若返らせる「三育」とは

2017.10.02(15:38) 1396

 次のような記事がありました。

血管年齢を若返らせる「三育」とは
2017年10月2日 米井嘉一 / 同志社大学教授

三大死因のうち二つは動脈硬化が原因
 日本人の三大死因はがん、心臓病、脳卒中。がん以外の二つは動脈硬化が原因です。動脈硬化は血管老化の結果、起こります。血管を早い段階から若く健康に保つ努力をすれば、心臓病や脳卒中は確実に減らすことができるでしょう。近年、死因として肺炎の割合が増えているのがその証拠。男性では脳卒中を抜いて、3位に上がってきました。これは血管年齢の老化予防・若返り対策の成果というべきです。
 血管の老化は30代から始まる人も多いので、若くても油断は禁物です。初めは自覚症状が少ないので、自分の「血管年齢」を把握すること、特に自分の暦年齢に比べて血管老化の兆候が表れていないか知ることが大切です。
 今回も本題に入る前に、dr米井のアンチエイジングセルフチェックで、あなたの機能年齢を測ってみてください。そして「血管年齢」の結果を見ながら、読み進めてください。

動脈硬化の危険因子解消が第一歩
 水道管にたとえて説明してみましょう。水道管の内腔(ないこう)が50%くらい狭くなって(狭窄<きょうさく>して)も水流はほとんど影響を受けないので、蛇口をひねって水を使っている人はその変化になかなか気づきません。しかし狭窄の度合いが70~80%になると水流の勢いが失われ、さらに狭まるとチョロチョロとした弱い流れになります。つまり「流れの悪さ」に気付いた時には、狭窄は相当進行した状態です。ここまで至ると、何かの拍子に完全に詰まってしまうでしょう。
 血管年齢を算出するには「指尖(しせん)加速度脳波計」「脈波伝搬速度計(PWV)」「心臓足首血管指数計(CAVI)」といった機器を組み込んだ「動脈硬化測定装置」を使います。「指尖加速度脳波計」は簡単な検査で、いすに座って息を整え、左手の人さし指を装置に差し入れれば、約1分で測定は終了。簡単、安全な上、検査機器も小型で安価なので、地域検診や企業健診にぜひ取り入れてほしい機器です。
 血管年齢を若く保つアンチエイジングの基本は、動脈硬化の危険因子の作用機序を理解し、一つひとつ解消することです。四つの主な危険因子として、糖尿病(糖化ストレス)、高血圧、喫煙(酸化ストレス)、脂質異常症(高LDLコレステロール血症)が知られています。

640WS000512.jpg

血管が硬くなる仕組み
 その仕組みを詳しく見ると、まずLDLコレステロールが糖尿病や喫煙の影響で、糖化したり、酸化したりすると「修飾コレステロール」となり、血液中のマクロファージがこれを老廃物と認識して貪食(どんしょく=のみ込むこと)します。食べ過ぎてマクロファージが泡だらけになったのが泡沫(ほうまつ)細胞。この細胞が死滅して血管壁にへばりついて血管内にどろどろした「かゆ」のような状態の物質「アテローム(粥状硬化巣)」が形成されます。これがアテローム性動脈硬化です。
 一方、高血圧は血管壁に対して強い圧力をかけること(圧負荷)により、血管壁自体の線維化を促します。血管壁にはコラーゲン線維が豊富ですが、糖化によりこの線維が橋を架けるように結合する「架橋形成」が起き、線維同士が固定されて自由に動けなくなります。そして(四大危険因子には含まれていませんが)、血液中にあるアミノ酸の一種「ホモシステイン」が過剰になると、コラーゲン線維の質の低下を招きます。さらに慢性的なカルシウム不足が続くと、骨以外の体の部位に骨と同様の結晶が沈着する「異所性石灰化」があちこちで生じ、血管壁にもカルシウム沈着が生じます。これらが総合的に作用して血管壁の硬化が起こるのです。これらの作用によって血管が広がりにくくなるとともに、血管内皮(血管の内側の壁)が抜け落ちたりはがれたりする部位では血小板が凝集して血栓ができやすくもなります。
 動脈硬化はこれらの作用が合わさって起こります。危険因子の中で突出しているものがあれば、それを重点的に是正してください。特に高血圧と糖尿病は疾病として厳格な管理が必要です。糖尿病は糖化ストレスが強い疾患の代表的なものですが、糖尿病ではない人でも普段から糖化ストレスをできるだけ減らすよう心がけることが肝要です。

サプリでたばこの害は減らせる?
 そして、喫煙は酸化ストレスを起こす最たるもの、元凶です。酸化ストレスもできるだけ減らすことが肝要ですが、たばこをやめたくないからと言って、たばこを吸いながら、酸化ストレスを軽減する抗酸化サプリメントを摂取するとどうなるでしょうか。サプリメントの材料となる抗酸化物質は、それ自体が酸化されることによって他のものを酸化させにくくする効果(抗酸化作用)を発揮します。そのため、酸化したものが安全であることが前提です。抗酸化サプリメントでよく使われている抗酸化物質、ビタミンEは酸化するとビタミンEラジカルになります。これは比較的安全な部類に属します。それでもたばこをやめずにビタミンE摂取を続けると、過剰になったビタミンEラジカルによる障害が生じます。喫煙者の肺がん発症頻度は、ビタミンE摂取によってかえって悪化することが知られています。

 次に、脂質異常症ですが、前述のように高LDLコレステロール血症が一番問題です。適切な血中LDLコレステロールの値については、その人が(1)病気の治療の一環(補助治療)としてコントロールする必要があるのか、(2)健康増進のためにコントロールするのか、によって基準が異なります。

 虚血性心疾患(心筋梗塞<こうそく>や狭心症)や脳卒中の既往がある方、頸(けい)動脈エコーでアテロームが重なって硬くなったプラークが厚く形成されていると診断された人は、薬物療法でLDLコレステロールを130mg/dL以下に厳格に管理する必要があります。現在、動脈硬化の兆候がなく、主に健康増進が目的の場合は、もう少し基準を緩めても良いと思います。生活習慣の改善なしに薬物療法に頼り過ぎると新たな健康問題を生じる可能性があり、注意が必要です。

「食育」「体育」「知育」で血管を若く健康に
 食事療法「食育」の観点では、塩分の過剰摂取、カルシウム摂取不足、糖質過剰摂取に注意する必要があります。ホモシステインを下げるにはビタミンB6、ビタミンB12、葉酸が不足しないように注意しましょう。

 運動療法「体育」の観点からの注意点としては、とにかく怠けないこと。運動不足を防ぎ、運動まではできないという人も身体活動量が低下しないように注意しましょう。散歩やウオーキングは有効な有酸素運動です。ウオーキングによって血圧が健常な状態に近づくことがわかっています。血圧が高めの人は下がる方向に、低血圧の人は上がってきて「いい感じ」になります。血圧が高めでも、低めでも大丈夫。このあたりが薬物療法との大きな違いです。

 そしてもっとも重要なのは「知育」、すなわち精神心理的手法です。まずは目的意識を持って、やる気を出すこと、これが運動や食事についても実際に行動する原動力になります。ストレス対策、良質な睡眠も「知育」に含まれます。病は気から、血管の若さも気からです。決してなげやりにならないで、あきらめないで、血管を若く健康に保つ努力を続けましょう。

米井嘉一
同志社大学教授
よねい・よしかず 1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。89年に帰国し、日本鋼管病院(川崎市)内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

640IMG_9924s (2)

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年10月
  1. Happy Halloween!(ハッピー・ハロウィン!)(10/31)
  2. 認知症予防のために肉食高齢者になろう(10/31)
  3. 花水木の紅葉と赤い実(10/30)
  4. 香山リカのココロの万華鏡:一度で診療が終わる医者(10/25)
  5. 防災袋に入れておきたい持病の薬とサプリ(10/21)
  6. 台湾ホトトギスが咲いています(10/16)
  7. 秋明菊が咲きましたⅡ(10/13)
  8. 満月は「雨」 月は見えず(10/07)
  9. 香山リカのココロの万華鏡:政治家から学ぶ健康法(10/04)
  10. 血管年齢を若返らせる「三育」とは(10/02)