FC2ブログ


タイトル画像

スマホ残して死ねますか デジタル終活

2017.11.29(16:38) 1421

 次のような記事がありました。
スマホ残して死ねますか デジタル終活、遺族のために  朝日新聞
稲垣大志郎2017年11月28日22時35分

寺の住職や弁護士らが集まって開かれた「関西デジタル遺品シンポジウム」。デジタル遺品によって起こり得る問題について議論された=神戸市須磨区

 スマートフォンやパソコン(PC)などのデジタル機器でメールやLINE、写真・文書の保存、ネット取引などをしている人は増えています。もし自分の身に何かあったとき、機器内にのこされたやりとりやデータはどうすればいいでしょうか。

 「みなさんはパソコンやスマホをのこして死ねますか?」

 11月中旬、大阪市であった「デジタル終活セミナー」。講師を務めた日本デジタル終活協会代表理事の伊勢田篤史弁護士(34)の問いかけに、参加者の一人で、兵庫県三田市の野間和美さん(48)は「死ねない」と思った。

 野間さんは、ブログやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を日常的に使っている。「デジタルデータは形はないけど、のこってしまう。自分に何かあったとき、データがどうなるのか気になっていた」と参加した理由を明かす。デジタル機器内には個人情報も多く、「誰かに気軽に頼めるものではない」。

 9月下旬には神戸市で関西デジタル遺品シンポジウムが開かれ、弁護士や司法書士、寺の住職ら約30人が参加。講演した一般社団法人「デジタル遺品研究会ルクシー」代表理事の古田雄介さん(40)は、「機器の持ち主が何の準備もしていないと、遺族はものすごく大変なんです」と語った。

 近年は、持ち主以外がパソコンやスマホなどを使えないようにするロック機能が強化され、機器の中のどこに、どんなデータがあるのかも、持ち主以外が把握するのは難しい。「デジタル遺品は、遺族から『見えない』のが最大のネック」だという。

 では、どうすればいいか。

 ログイン前の続き伊勢田弁護士は、デジタル終活セミナーで参加者に「デジタル世代の引き継ぎノート」を書いてもらっている。

 ノートには、機器の保管場所やフェイスブックなどの使用状況、メールアドレス、ログインするためのパスワードなどのほか、自分に何かあったとき、デジタル機器やデータをどうしてほしいか、希望を書く欄もある。

 まずは、デジタルデータにどのようなものがあるかを把握し、「のこしたいもの」と「隠したいもの」とに分ける。

 たとえば、仕事関係の資料は、引き継げるようにしておかないと、同僚や取引先に迷惑をかけてしまうこともある。また、株やFX(外国為替証拠金取引)などお金が絡む取引をしている場合も、家族に伝えられるようにしておきたい。

 一方、家族にも知られたくないデータは、家族が関心を持たなさそうな名前のフォルダーに入れるなどしておく。これは、必要なデータだけを家族に取り出してもらった後、データ復旧ができないよう、機器自体を破壊処理してもらうように頼んでおくことが前提だ。

 生きている間にノートを家族に見られたくない場合は、銀行の貸金庫に預けるか、そこまでできない場合は封筒に入れ、封印しておく。伊勢田さんは「のこされる人に余計な手間をかけないためにも年齢を問わず、デジタル終活を考えてほしい」と話す。

パスワード解除、依頼増加
 全国でPCに関するトラブル解決をしている「日本PCサービス」(大阪府吹田市)は昨夏から、故人のデジタル機器の問題に対応する「デジタル遺品サポートサービス」を始めた。

 ネットバンクやフェイスブック、ツイッターなどのアカウント削除方法を案内する「SNSアカウント削除支援パック」は1万2500円(税別)、パスワードロックのかかったPCの「パスワード解除パック」は2万円(同)などだ。

 対応件数は、直近の1年間(2016年9月~17年8月)は143件と、前年同時期(64件)から倍以上に増加。最多は、「パスワード(PW)がわからず故人のPCを開けない」という依頼だ。実際、PW解除により、亡くなった20代の娘のPCから思い出の写真を取り出すことができた母親から喜ばれたこともあったという。

 サービス提供には、故人と依頼者との関係確認などのため、戸籍謄本や死亡診断書を提示してもらうなどしているという。同社の担当者は「今後はトラブルを未然に防ぐサービスも検討していく必要がある」と話す。(稲垣大志郎)

デジタル遺品に関する相談先など

・一般社団法人デジタル遺品研究会ルクシー https://www.lxxe.jp/
サイト内の問い合わせフォームから相談できる。無料(法人は除く)。

・日本デジタル終活協会  http://digital-shukatsu.net/
デジタル終活セミナー(有料)を開催。予定はサイトで告知。

・日本PCサービス
フリーダイヤル0800・555・0049(午前9時~午後9時、年中無休) https://www.4900.co.jp/service/memento.php
故人のパソコンのパスワード解除などの対応を有料で行う。

640R6300038ss.jpg
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

秋の夕景 11/25

2017.11.25(22:10) 1420

 この頃は夕景が綺麗です。
今日 11/25 の夕景です。
ついでにウォーキングをしています。

640IMG_2657.jpg

     480IMG_2650.jpg

     480IMG_2658.jpg

     480IMG_2665.jpg

     480IMG_2673 (2)

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

紅葉が始まりました

2017.11.21(14:07) 1419

 ご近所の紅葉が色づいて来ました。
急に寒くなり桜の葉はだいぶ落ちてしまいました。
桜の紅葉は期待薄ですね。
これから、イロハモミジや楓などは色づくと思います。
関東南部の今の紅葉の状態です。

   480IMG_2351.jpg

   480IMG_2379.jpg

640IMG_2310.jpg

640IMG_2303.jpg

640IMG_2321.jpg

640IMG_2323.jpg

640IMG_2361.jpg

640IMG_2362.jpg

640IMG_2368.jpg

640IMG_2375.jpg

640IMG_2376.jpg

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ピラカンサスが実をつけています

2017.11.18(22:39) 1418

 ピラカンサスが真っ赤な実をつけています。
近くに大きな木があります。
青空に真っ赤な実が映えていました。

   480IMG_2401.jpg

   480IMG_2396.jpg

   480IMG_2391.jpg

640IMG_2463.jpg

640IMG_2407.jpg

640IMG_2393.jpg

640IMG_2412.jpg

640IMG_2411.jpg

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

減塩の大切さの講演会

2017.11.18(15:36) 1417

 タイトルは「糖尿病性腎症の重症予防プログラム」
三郷文化会館で11/3 講演会がありました。
講師は平井愛山Drです。
塩分を摂りすぎることでの身体へのリスク
血圧上昇・高血圧  腎不全  心肥大  腎結石
動脈硬化  心筋梗塞  胃がん  脳卒中など。

一日の食塩摂取目標量
男性 8g未満
女性 7g未満
高血圧・糖尿病性腎症の方 6g未満

塩分は知らず知らずのうちに摂ってしまうので、工夫が必要。
手軽な方法は、
大塚食品から発売されている、レトルト食品「マイサイズ」を利用するのも一方法。

講演内容はわかりやすく、面白かった。
現在、減塩には気をつけていますので、今より徹底しようとは思いませんが、
少しずつ減塩していこうとは思っています。

480IMG_2184 (2)HDR
 △ 二階より俯瞰

640IMG_2167.jpg

640IMG_2160.jpg

640IMG_2165.jpg
 △ 文化会館周辺の紅葉状況

640IMG_2206.jpg

640IMG_2190.jpg

640IMG_2188.jpg
 △ 夕方の空の様子

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

おっくうな年賀状を年内に出し終えるには

2017.11.15(17:17) 1416

 次のような記事がありました。
おっくうな年賀状を年内に出し終えるには
アピタル・中島美鈴2017年11月10日06時00分

 ADHDが疑われる「生きるのがつらい女性」、リョウさん(30代前半、独身一人暮らし)のお話を続けていますが、今回はちょっと脱線。きっとこの時期、多くの方が「おっくうだなあ」と感じていらっしゃる、「年賀状作成」の進め方について、認知行動療法の視点で考えてみたいと思います。年内に投函(とうかん)し終えるためのポイントは、リョウさんも苦手な【計画立て】にありそうです。(リョウさんは架空の人物です)

 「年末って忙しいうえに、年賀状まで書かないと・・」

 日々の仕事や家事に加えて、地域の行事や子どもの行事、クリスマスや忘年会など、年末にかけて忙しい時期にさしかかってきました。年賀状の作成が、憂鬱(ゆううつ)の種になっていませんか?

   WS000535.jpg

 ところで、そもそもなぜ年賀状作りはなぜ憂鬱なのでしょう。

 まずは、こちらのリストをご覧ください。このリストの中で、普段のご自分なら、どこから手をつけますか?

やっぱり、今日の夕食の買い物や、お風呂をためること、ゴミ出しではありませんか?

 「だって、今日しなければならないことだし・・・」。そうです。緊急性の高いものは優先して取り組まなければなりません。緊急性がそんなに高くない年賀状作成は、どんどん優先順位を他の物にとって代わられます。

 しかし、これは「おっくう」の大きな原因ではありません。本当の「年賀状のおっくうさ」の正体は、隠れたステップの多さなのです。

 もう一度リストを見てみて下さい。このリスト、すべて同じ難易度、複雑さのものばかりでしょうか?

 違いますね。年賀状だけは格段に、完成までのステップが多いのです。

 試しに、いつもネットプリントで注文している我が家の年賀状作成の手順をご紹介すると、以下のとおりです。

    WS000536.jpg

 おそろしく手順が多いですね。

 こんなに多くの手順をクリアしていかなければならないのに、to doリストでは、たった1つの項目で表現していたのです。

 「おっくう」だなと感じているときは、最初の1歩のハードルが高すぎる可能性があります。以前のコラムでも紹介しましたが、気が乗らない仕事にとりかかるためには、最初の1歩のハードルを下げることが大切です。

 そこで、年賀状作成の多くの手順のうち、最初のステップだけを日々のto doリストに加えてみてはどうでしょうか。

    WS000537.jpg

 これなら、「お、通勤途中の駅前のコンビニで年賀状だけなら買えそう」と、思えませんか? to doリストに「年賀状を作る」と書いていた頃に比べると、とても簡単に思えてきませんか?

 これです。この「大きな仕事を小さなステップに分ける」作業で、おっくうな気持ちを減らすことができるのです。

 次の日にはこんなto doリストはいかがでしょうか?

   WS000538_20171116142656d99.jpg

 ステップは細かければ細かいほど実行可能性を高めますし、何度も達成感を得られます。大きな気の重い仕事は、細かいステップに分解して、日々の日課に落とし込んでいくのです。

 それでもまだ「おっくう」だなと感じるときは、to doリストのステップが大きすぎるのではないかと見直すチャンスです。

 たとえば、「絵柄・写真を選ぶ」ステップには、実は次のような4つもの小さなステップが隠れていました。どおりでおっくうだったわけです。

   WS000539.jpg

 おっくうさは、ステップ分けが大まか過ぎるサインです。

 決して「自分がだらしないから、先延ばししてしまうんだ」と自分を責めずに(責めても得られるものはありません)、その時間をステップ分け&計画の立て直しの時間に使いましょう。

 年内に年賀状を出し終える秘訣は、「小さなステップに分ける」ことです。

 特に、最初の一歩はなるべく小さくすること。

 さらに、つまずいたときには、「隠れたステップ」はないか、よくみてみましょう。

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず)
臨床心理士
1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部、福岡県職員相談室などを経て、現在は九州大学大学院人間環境学府にて成人ADHDの集団認知行動療法の研究に携わる。他に、福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

自分では気づきにくい誤嚥性肺炎に要注意

2017.11.14(19:17) 1415

 次のような記事がありました。
自分では気づきにくい誤嚥性肺炎に要注意 2017年11月14日

 誤嚥を原因とした肺炎で亡くなる高齢者が多いことをご存じですか?誤って気管に入ってしまった異物を、咳などで吐き出す力が弱いことが肺炎につながります。肺炎にかかっていても気づかない場合もあるので要注意です。
 誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで起きる肺炎です。誤嚥とは食べ物や飲み物、唾液や胃液が誤って気管や気管支に入ることをいいます。食べ物だけでなく、嘔吐などで胃液が食道を逆流することが原因となるケースもあります。
 健康な人でも、ふとした拍子に食べ物や飲み物が気管に入って、むせることはあります。その場合、咳をすることで、気管に入った異物を吐き出すのですが、体力の衰えた高齢者は、吐き出す力が弱く、気管に入ったものをうまく出せないことがあります。

 咳をしたり飲み込んだりする力が低下する原因として、脳血管障害の可能性も指摘されています。自分では気づかずに、たまたま人間ドックなどで見つかる無症候性脳梗塞でも、脳梗塞がまったくない人よりも肺炎のリスクが高いといわれます。
 誤嚥性肺炎は、主に嫌気性菌(酸素のないところで発育する菌)を含む口腔内の常在菌が、肺の中で増殖することで生じます。寝ている間に口腔内の細菌が唾液とともに肺に流れ込み、発症している例も少なくありません。

 注意したいのは、通常の肺炎であれば、発熱や咳、痰が出るなどの自覚症状が現れますが、高齢者の場合ははっきりとした症状が出ないことも多いのです。しかし、高齢者にとって誤嚥性肺炎は、ときに命取りにもなる危険な病気です。
 食事中のむせこみ、唾液が飲み込めないなどの症状がある場合は、誤嚥性肺炎を疑ってみる必要があります。また予防策として、日ごろから誤嚥の予防と、口の中を清潔に保つ口腔ケアが重要です。

 まずは誤嚥を防止するために、その人の飲み込む力に合わせた固さや形の食事を用意することから始めましょう。食事はよく噛んでゆっくり食べる、慌てて飲み物を飲まない、食後はすぐに横にならず、2時間くらいは座った状態を保つなどの習慣も大切です。
 就寝中に胃液が逆流しないよう、上半身を少し高くして寝ることも有効な対策とされています。口の中を清潔に保つことで、口腔内の雑菌を減らすことができます。口腔ケアもぜひ意識してください。

 なんとなく元気がない、倦怠感を訴える、食事中にむせこむ、喉がゴロゴロ鳴る、唾液が飲み込めない、食事に時間がかかる、痰が汚いなど、いつもと違う様子があったら、誤嚥性肺炎の可能性があります。早めに医療機関を受診するようにしましょう。
監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子
「ケータイ家庭の医学」2017年6月掲載より (C)保健同人社

640PB110653.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ユッカ蘭 2017

2017.11.12(15:11) 1414

 ユッカ蘭が咲いていました。 10/15撮影。
ご近所に1本だけあります。

季節の花300より
・開花時期は、 5/25 ~ 6/15頃。 (二度咲き→ 9/25 ~ 11/25頃)
・春と秋に二度咲きする。
 秋の花は、9月下旬頃から  咲き出すものと、11月になってから咲き出すものに分かれるようだ。
 (さらにそれが年を越して咲きつづけるものもある)

・アメリカ大陸原産。
 1596年にイギリスに渡り、日本へは明治中期に渡来。
・葉は先端が尖り、固い。
・白い、おわんを逆さにしたような花がたくさん咲く。一つ一つの花が重いため、花柱が倒れてしまうこともある。

・英名は「Spanish dagger」で ”スペインの小刀”の意味。剣状の葉っぱに由来する。
 中国名は「鳳尾蘭」で、「鳳凰」の尾のような形をした蘭、 という意味。

     480PA090405.jpg

640IMG_1985 (2)

640IMG_1986 (2)

640IMG_2000.jpg

640IMG_2023s.jpg

640IMG_2024s.jpg

640IMG_2036 (2)

640IMG_2037.jpg

yukka2.jpg

yukkarenn 1

りんむうフォトダイアリー



秋の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

神経のアンチエイジングで「コグニ」と戦う

2017.11.06(14:39) 1413

 次のような記事がありました。
神経のアンチエイジングで「コグニ」と戦う
2017年11月6日 米井嘉一 / 同志社大学教授
毎日新聞 医療プレミア

 「最近物忘れが多い」「気力がわかない」「生活に張りがない」「寝つきが悪い」「すぐにイライラする」「ストレスに弱くなった」という人はけっこういるのではないでしょうか。これらは神経細胞が死ぬことによる神経の老化症状の表れです。
 神経細胞は他の細胞と異なり、胎児期に作られると生涯ほとんど分裂せずに生きる寿命の長い細胞です。しかし、30歳を過ぎると1日に10万個以上の神経細胞が死滅して、その数は減っていきます。
 神経細胞が死ぬ大きな原因は、糖化ストレスなどによってできた老廃物が細胞内に蓄積することです。また、心身ストレスが過多になることも細胞死の原因になります。神経細胞が死んで、神経ネットワークが壊れていくと、重い認知症になりかねません。神経ネットワークは長い間の経験の積み重ねで作られますから、ネットワークが広範囲に壊れてしまった認知症の治療は極めて困難です。
 今回は「Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック」で「神経年齢」をチェックして読み進めてください。神経の老化も、早めに兆候を見つけて、予防することが大切です。

「コグニ」の三つのタイプ
 せっかく体が丈夫であっても、神経ネットワークが壊れて脳神経システムに狂いが生じると快適な生活が送れなくなってしまいます。認知症とは、記憶や思考、理解力、判断力、言語能力などの認知機能の障害です。認知機能は英語でコグニティブファンクションと言うので、私は認知症のことを「コグニ」と呼ぶことにしています(「認知症」というと手も足も出ない感じがするかもしれませんが、「コグニ」ならば弱そうな感じで、簡単にやっつけられる気になるでしょう)。
 コグニは、アルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型の大きく三つに分けられます。アルツハイマー型と脳血管型が大部分を占めるといわれますが、三つが混在することが多く、臨床的には区別はつきにくいのが実状です。
 アルツハイマー型の原因は、たんぱく質「アミロイドβ」や「タウ」が脳内に異常に蓄積することです。予防方法の一つは、アミロイドβやタウに、ブドウ糖(グルコース)や脂質由来アルデヒドが直接結合して糖化するのを防ぐことです。脳血管型の予防には血管年齢を若く健康に保つことが重要です。レビー小体型については、まだよく分かっていません。
神経は使わないと老化しやすくなる
 では具体的に何をすればいいのでしょう。神経は使わないとなまって老化しやすくなるので、コグニ予防としてはとにかく神経を使うことが原則です。
 国立長寿医療研究センターはコグニ予防のために、運動(エクササイズ)と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた「コグニサイズ」を提唱しています。コグニサイズで紹介されているやり方でなくても、全身運動と細かい手作業の両方を実践すると良いでしょう。細かい手作業というのはゲーム、楽器演奏、絵画、習字、写経、編み物、模型作りなど。そして報酬があるとさらに効果的です。
 報酬はお金に限ったものではありません。いわば自分へのご褒美。1カ月間、何かを頑張った自分を褒めたたえることです。買い物に行く、旅行に行く、ごちそうをいただくなど、励みになればなんでも良いのです。
 努力と報酬については、脳内から分泌されるセロトニンやドーパミンといった「報酬系ホルモン」が関係します。1カ月の努力の期間中は多くのセロトニンが分泌されるため、セロトニン神経が活発化します。そして、良いタイミングで報酬があるとドーパミン神経が活発化してドーパミンが放出され、うれしくて良い気分になるのです。ここで大切なのは、セロトニンが少ないとドーパミンが出にくくなること。両方の神経を活発化させるためには、努力もせずに報酬ばかりおねだりしてはいけません。

生きる目標を持つ
 神経の老化予防に大切なのは生きる目標を持つことです。「いつまでも若く美しくありたい」「趣味のダンスを続けるぞ」「絶対にぼけないぞ」「80歳でもゴルフをやるぞ」「90歳でも旅行にいくぞ」と具体的に設定するのがポイント。女性は仕事をもたなくても、割合に生きる目標を見つけるのが上手なようです。一方で男性は、あまり上手ではない人も多いので、定年になっても隠居せず、できる範囲で身体を動かす仕事を続けると、生きる目標を保つ手助けになるようです。
 生きる目標があっても気力がそがれてしまっては意味がありませんので、なんといっても心身ストレスには要注意です。実は、好きなことでも嫌なことでも、行動の一つひとつが全てストレスになります。1日行動したら疲れますよね。これはストレスによるダメージ。ストレスを蓄積させないために、十分な休養と睡眠で疲労回復に務めましょう。

メラトニンを分泌させて不眠を解消
 睡眠は神経のアンチエイジングで重要な要素です。加齢にともなって、寝つきが悪くなる(入眠障害)▽夜中に目が覚める(中途覚醒)▽朝早く起きてしまう(早朝覚醒)--の症状が表れます。
 就寝前にぬるめの湯に入ると、神経が静まり寝付きが良くなります。また、高齢期の不眠は「メラトニン」と呼ばれるホルモンの分泌不足が主な原因です。そして、メラトニンが、糖化したたんぱくの分解を助けることも最近分かってきました。起床時に明るい光を浴び、長い昼寝を避け、良い寝具を選ぶなど、メラトニンが分泌されやすい生活を心掛けましょう。

感情バランスを整え、神経年齢を若く
 神経年齢を若く保つためには、「喜怒哀楽が豊かで夢と想像力にあふれている」、そんな状態が理想です。大事なことは感情バランスを整えることですが、ストレスが過剰になると感情バランスが乱れます。怒りや悲しみを我慢しすぎるのは問題ですから、時には気心の知れた仲間に「毒」を吐き出すのもいいでしょう。また、心のバランスを整えるための音楽療法も提案されています。
米井嘉一教授が監修し、ビクターエンタテイメントが発売している「アンチエイジングミュージック-音楽の処方箋」。音楽で感情のバランスを整える
 「自分はネクラだから、感情バランスを整えるのは難しい」と諦めてしまう人もいるかもしれません。そういう人は、ネアカな人と一緒に過ごしてみてはいかがでしょう。明るいムードメーカーは、世話好きが多いもの。前向きになるための手助けをしてくれるかもしれませんよ。

米井嘉一
同志社大学教授
よねい・よしかず 1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。89年に帰国し、日本鋼管病院(川崎市)内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

Dr・米井のアンチエイジング・セルフチェック
↑ クリックして挑戦してみてください

640IMG_0199.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

すすきと夕景

2017.11.02(16:07) 1412

 この頃は安定した晴れが続いています。
ススキも穂を出し見頃ですね。
夕景とコラボしました。

     480PA310528.jpg

640PA310507.jpg

640PA310521 (2)

640PA310525 (2)

640PA310523.jpg

640PA310543.jpg

640PA310548.jpg

りんむうフォトダイアリー



自然現象 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
2017年11月
  1. スマホ残して死ねますか デジタル終活(11/29)
  2. 秋の夕景 11/25(11/25)
  3. 紅葉が始まりました(11/21)
  4. ピラカンサスが実をつけています(11/18)
  5. 減塩の大切さの講演会(11/18)
  6. おっくうな年賀状を年内に出し終えるには(11/15)
  7. 自分では気づきにくい誤嚥性肺炎に要注意(11/14)
  8. ユッカ蘭 2017(11/12)
  9. 神経のアンチエイジングで「コグニ」と戦う(11/06)
  10. すすきと夕景(11/02)