FC2ブログ


タイトル画像

本土寺のさくら 2018

2018.03.31(15:35) 1486

 さくらの本土寺に行ってきました。 3/29
午前10時ごろまでは空いていました。
その後は中高年の方々で賑わってきます。
外国人は少なかったですね。
ちょうど満開でした。ラッキー!
桜の時期に来たのは約9年ぶりでした。
歩数は9,000歩。少しの疲れあり。

     480IMG_6156 (2)

     480P3290058 (2)

     480IMG_6189 (2)

640P3290041 (2)


640IMG_5833 (2)

640IMG_5935 (2)

640IMG_6154 (2)

640P3290036 (2)

640IMG_5986s (2)

640IMG_5958.jpg

honndoji3.jpg

honndoji2.jpg

honndoji1.jpg

640P3290031s (3)
 △ 昔風のガラス窓への写り込み

640IMG_6045 (2)
 △ 渡り廊下 未開放

追記
菖蒲田を俯瞰してきました。
やはり、昨年と同様4分の1ぐらいは花菖蒲がありませんでした。
受付で伺うと「今のところは未定です」とのこと。

IMG_6015 (2)文字
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

榎戸公園 伝右川のさくら

2018.03.31(13:38) 1485

 榎戸公園、伝右川(でんうがわ)に桜の撮影に行ってきました。 3/27
東川口駅北口から徒歩10分ぐらいです。
北口すぐ近くに信号機つき横断歩道があります。
銀行や大型スーパーの脇を通り道なりに行くと、左側に榎戸公園、そのまま進むと伝右川に突き当たります。

川の両岸に染井吉野が植えられていて見ごたえがあります。
橋の上から楽に撮影が出来ます。ちょうど満開でした。
途中の歩道からの撮影は柵があり写しにくいです。
人もまばらで思わぬ穴場かも知れません。

     480DSC_6134 (2)

640DSC_6131 (2)

640DSC_6125 (2)
 △ 上3枚は榎戸公園

640DSC_6198s (2)

640DSC_6148 (2)

640DSC_6274 (2)

640DSC_6147s (2)

     480DSC_6384 (2)

     480DSC_6249 s(2)

     480DSC_6153 (2)

     480DSC_6149s (2)

640DSC_6365 (2)

640DSC_6295 (2)

     480DSC_6259s (2)
      △ 民家の庭先に咲いています

紫木蓮

640DSC_6465 (2)
 △ ユキヤナギが護岸の小さな穴の中で頑張って咲いていました

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ユキヤナギ 2018

2018.03.31(12:57) 1483

 ユキヤナギが真っ白に咲いています。
ユラユラ揺れる姿が優雅です。

     480DSC_5243.jpg

640DSC_5296.jpg

640DSC_5210.jpg

640DSC_5207.jpg

640DSC_5098s.jpg

640DSC_5757.jpg

ヤナギ1
ヤナギ2
ヤナギ3
ヤナギ4

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

六義園のしだれ桜

2018.03.30(15:11) 1484

 六義園にしだれ桜の撮影に行ってきました。 3/23
ちょうど八分咲きぐらいでした。
ところが、大混雑でした。

接写も出来ませんでした。
「桜にさわらないでください」と注意を受けます。触ってはいないのですがその様に見えるのでしょう。
と、いうわけで桜の上の方を主に撮影しました。
それにしてもお見事なしたれ桜です。ライトアップも予定されているとのこと。

640IMG_5694 (2)
 △ 「六義園のしだれ桜」として親しまれています

     480P3230056 (2)

     480IMG_5719 (2)

     480IMG_5701.jpg

6402六義園P3230096 (3)

6401六義園P3230093 (2)

640P3230096 (3)

640P3230093 (2)

640IMG_5730.jpg

640IMG_5808.jpg
 △ この時期だけの出店

     480P3230065.jpg
      △ 卒業式の帰りらしいお嬢さん  髪飾りが桜花

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

赤花ミツマタ

2018.03.30(13:40) 1482

 赤花ミツマタが咲いています。3/25
建物の北側に咲いているので遅めの開花です。
日本銀行券の原料になるとのことです。

640P3190294.jpg

640P3190272.jpg

640P3190264.jpg

640DSC_5652.jpg

640DSC_5644.jpg

640DSC_5642.jpg

ミツマタ3

ミツマタ2

ミツマタ1

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

梅の花 2018

2018.03.26(11:46) 1481

ご近所の梅の花です。
咲き始めから咲き終わりまで撮りました。
春の花NO1ですね。

     480P3150036.jpg

     480P3150037.jpg

640P3060238s.jpg

640P3150044 (2)

640P3180034s.jpg

640P3180050ss.jpg

640P3180115.jpg

640P3180204.jpg

640P3180200.jpg

ume3.jpg

ume2.jpg
 △ 多重合成

ume1.jpg

ume4.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

寒緋桜が咲いています

2018.03.24(20:39) 1480

 寒緋桜が咲きました。 3/11
染井吉野に先駆けて咲きますが、淡い色ではなく情熱的な赤です。
ご近所に6本ぐらいの木があります。
下向きに咲くので撮影しにくいです。

     480IMG_5427s (2)s

     480IMG_5471s (2)

     480P3190125.jpg

     480P3190132.jpg

640IMG_5398.jpg

640IMG_5429 s(4)

640P3120008.jpg

640P3120012.jpg

640P3120022.jpg

640P3120013.jpg

640P3190120.jpg

640P3190117.jpg

640P3190112.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

皇居東御苑 Ⅱ

2018.03.20(10:58) 1479

 皇居東御苑に行ってきました。 3/14
椿寒桜が目的でしたが、満開すぎでした。残念!
それでも何とか見ることが出来る状態で、人気 NO1 でした。
HPで調べたり昨年の情報を見て出かけましたが、ちょうど良い時期に出会うのは至難の業。

ミツマタ、椿、ギブシ、寒緋桜、梅「想いのまま」が咲いていました。
梅「想いのまま」は人気 NO2 でした。白い花と赤い花の咲分けの品種です。
梅林坂に1本だけあります。

ラッキーだったのは馬車の練習をしているところを見ることが出来ました。
ほんの2~3分の出来事でした。

歩数は11,000歩。膝の痛みは少なかった。

     480IMG_5489.jpg
      △ ▽ 椿寒桜
     480P3140049椿寒桜

640IMG_5533_20180320104159f90.jpg

640IMG_5522.jpg

640IMG_5659梅想いのまま (4)
 ▽ △ 梅 「想いのまま」
640IMG_5659梅想いのまま (8)

640P3140152.jpg
 △ 二の丸庭園

640P3140205s.jpg

640P3140234s.jpg

     480P3140228修正

640P3140234モノクロ加工

mitumata2.jpg
 △ ミツマタ

tubaki1.jpg
 △ 椿

gibusi3.jpg
 △ ギブシ

tatemono4.jpg

marumado5.jpg

640P3140016 (2)
 △ ▽ 馬車行列の練習中
640P3140017 (2)

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

香山リカのココロの万華鏡:人間ならではの医療を 

2018.03.11(17:00) 1463

 次のような記事がありました。
香山リカのココロの万華鏡:人間ならではの医療を /東京
その他 2018年2月6日 (火)配信毎日新聞社

 医者である私も病気になる。カゼも引けば湿疹も出るし、転んで腰を痛めたこともある。そういうときにはどうするか。いちばん手軽なのは、勤務している病院の内科や整形外科の先生に相談し、クスリなどを出してもらうことだ。立ち話で「くしゃみが止まらなくて」「カゼですね。何か処方しておきますよ」「どうも」と用が足りることもある。

 でも私は、体調がよくないとき、なるべく他の病院を受診するようにしている。理由の一つは患者さんの気持ちを理解するためだ。「ああ、検査結果の説明を待ってるときは不安なものだな」と、その立場になって初めてわかることもある。

 そしてもう一つは、他の病院で処方してもらうクスリのほうがきく気がするから、なのである。どこから出してもらうクスリもそれほどの差はないのだが、診察室の椅子に座り、丁寧に触診、聴診をしてもらって「では、こういうクスリを出します」と説明されると、それだけでありがたくて病気の半分は治ってしまう気がする。“気の持ちよう”であるが、とても大事なことだと思っている。

 これからAIがどんどん発展し、人間の医者よりも正確に診断し、より適切なクスリの処方ができる“ロボット医師”も登場間近なのだという。たしかに、人の目だと見逃すような小さな病変を見つけたり、膨大なデータと照らし合わせてよりその人にぴったりのクスリをアレンジしたりするという点においては、ロボット医師にかないそうにない。

 ただ、「はい、お口をあーんとあけて。ああ、喉が赤くなってますね。これでは食べものものみ込みにくいでしょう」と理解してくれたり、「だいじょうぶです。いまはいいクスリがあるので必ずおさまりますよ」と励ましてくれたり、といったことはやっぱり人間の医者にしかできないのではないだろうか。

 「いやいや、ロボット医師に教え込めば、不愛想な医者よりよほど適切な言葉を患者さんに掛けることができますよ」と言われそうだが、それでいいのか。もし、私の勤務先に優秀なロボット医師が導入されたら、私も他の病院を受診せず、ロボット先生に症状を伝え、クスリと励ましのメッセージをもらおうとするだろうか。

 いや、その前に「ウチのメンタル科はロボット先生にお願いするので、もう来てもらわなくてけっこうです」と言われるかも。そうならないように、人間ならではの医療をこれからもがんばって行いたい。(精神科医)

   640P3100027s.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

新橋駅周辺ビル群と東京駅

2018.03.06(14:48) 1478

 新橋駅周辺ビル群と東京駅近くを撮影しました。
合同撮影会の帰りに行きました。

     480IMG_5357.jpg
      △ 写り込み

     480P3020202.jpg

640P3020037.jpg

640P3020040.jpg
 △ ▽ 見上げて撮っています
640P3020196.jpg

640P3020199.jpg
  △ 新橋駅前のビル群

     480IMG_5353東京駅構内天井
      △ 東京駅構内の天井

640P3020214東京駅前パノラマ
 △ 東京駅前パノラマ写真

640P3020221 (2)サイケデリックなカフェ
 △ 色彩豊かなカフェ

りんむうフォトダイアリー



街の撮影 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

浜離宮恩賜庭園合同撮影会

2018.03.05(16:31) 1477

 浜離宮恩賜庭園合同撮影会に行ってきました。 3/2(金)
参加人数 14名。
新橋駅から歩いて行きましたが、高層ビルがそびえ立っています。
空が分断されているような感じがしました。
浜離宮恩賜庭園までは工事をしている場所が多かったです。

2時間ほどそれぞれに撮影しました。
風が強い予報でしたがそれほどでもなく良かった。
菜の花、白梅、紅梅が咲いていました。

640P3020142.jpg

640P3020144.jpg

640P3020150.jpg

640P3020164.jpg

     480IMG_5242 (2)

640IMG_5222.jpg

640IMG_5344s (2)
 △ ソフトフォーカス風に加工しています

640IMG_5387nikmonokuro.jpg
 △ モノクロームに加工

640P3020129 (2)

640P3020140.jpg

640P3020055.jpg
      △ ゆりかもめ

640P3020203 明るく

     480P3020211.jpg
      △ 太陽はマジシャン

     480P3020070 (2)空を分断

640IMG_5309.jpg
      △ 三百年松

浜離宮恩賜庭園2

浜離宮恩賜庭園4

浜離宮恩賜庭園3

浜離宮恩賜庭園1

新橋駅からの行き方
烏森口に下車。
ゆりかもめ駅と新橋駅前ビル2号館の間の道を真っ直ぐ進む。(信号のある横断歩道)
10分ぐらい歩くと案内板があるので信号を渡ってから右折する。
工事中なので道なりに進む。
間もなく到着です。徒歩15分ぐらい。

りんむうフォトダイアリー



タイトル画像

健康に暮らす百寿者に学ぶ バランス健康術!

2018.03.01(14:14) 1473

次のような記事がありました。

健康に暮らす百寿者に学ぶ バランス健康術!

糖化・酸化ストレスから体を守るメラトニン
2018年2月8日 米井嘉一 / 同志社大学教授

ホルモンの話【3】
 今回は、脳の松果体という部分から夜間に分泌されるホルモン「メラトニン」についてお話しします。メラトニンは体温を下げて眠りを誘発するなどの作用があり、睡眠と覚醒の周期に関係しています。また、抗酸化作用があり、脳の毛細血管が持つバリアー「血液脳関門」を通過して脳内に入り込んで、脳神経細胞を酸化ストレスによる傷害から防御する役割を担っています。

昼夜の分泌量の差が重要
WS000654.jpg

 メラトニンは、昼間の明るい時は分泌が停止状態にあり、目覚めてから10~12時間が経過した夕暮れ時から分泌が始まって睡眠中に活発になります(図1)。昼間と夜間の血中濃度の差をメラトニン振幅といい、体内時計の調整に深く関与します。加齢に伴いメラトニン総分泌量は減り(図2)、メラトニン振幅は減少します。メラトニン分泌の低下によって入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒といった睡眠の質の低下が起こります。
WS000655.jpg


米井嘉一著「抗加齢医学 入門」慶應義塾大学出版会(第2版)」より引用、一部改変

 認知症高齢者には時に、昼間に眠って夜に活動する「昼夜逆転」や夜に歩き回る「夜間徘徊(はいかい)」が表れることがあります。このような方はメラトニン振幅が著しく減少しているか、ほぼ消失しています。

メラトニン振幅の復活方法
 メラトニン振幅を復活させる方法に「高照度光照射療法」があります。老人ホームでよく用いられています。入居者に朝、何十万ルクスという明るい照明の部屋で食事を取ってもらい、メラトニン分泌をピタッと止めて、夜になってから再びメラトニン分泌が始まるように生活リズムを整えるのです。

 個人向けには、耳の穴からの光照射機器も開発されています。高齢者だけでなく若い人にも、メラトニン振幅の調整や時差ぼけの解消に用いられています。

生活習慣病と睡眠の関係
 近年、睡眠の質の低下が、さまざまな生活習慣病の症状の悪化と関連があることが分かってきました。

 特に、糖化ストレスが強い糖尿病や脂質異常症といった疾患と深く関わっています。糖化ストレスとは「糖や脂肪、アルコール由来の有害物質、アルデヒドの値が高い状態」です。体のたんぱく質と反応して、強い毒性を持ち老化を進める終末糖化産物(AGEs)を生成します。メラトニンはAGEsの分解を助ける働きがあり、分泌が減って睡眠の質が低下している人は症状が悪化しやすいのです。

ストレス対策にも重要な睡眠
 ストレス対策にも睡眠は重要です。ストレスが過度になるとストレスホルモンのコルチゾールが増え、高血圧や高血糖を引き起こします。良質な睡眠は過剰なコルチゾール分泌を緩和する効果があります。メラトニン分泌を低下させないようにして、良質の睡眠を目指すことが大切です。

 また、人間が光を検知するのは目だけではありません。夜間に眠っている乳児を背負ってコンビニエンスストアのような明るい所に行くと、体が光を検知してメラトニン分泌を停止させてしまうので注意してください。

免疫監視機構を強化?
 盲人は、体の中で最も敏感に光を検知する網膜が機能しないので、メラトニン分泌の制御がかかりにくく、血中メラトニン濃度は昼間でも健常者に比べて高く保たれています。

 この影響と考えられるのが、盲人のがん発症率の低さです。特に乳がんの発症率は極めて低値です。がん化した細胞が増殖するのを抑える免疫監視機構がメラトニンによって強化されているのでしょう。

若い女性はメラトニン低下に要注意
 これまでお話しした成長ホルモンとIGF-I、DHEAの分泌は30代を過ぎてから緩やかに下がる傾向がありますが、メラトニン分泌は10~20代から個人差が大きいのが特徴です。

 特に大学生は自宅通学者と下宿生活者で、メラトニン分泌量の差が顕著です。生活リズムが乱れがちな下宿生活者はメラトニン分泌量が低くなります。

 若い女性は、メラトニン分泌低下が長い期間続くと、卵巣機能が低下します。メラトニンは抗酸化作用を発揮して酸化ストレスから生殖機能を守る働きがあります。また、女性ホルモンの分泌、卵子の成育、排卵にも関係しており、分泌低下によって生理不順や妊娠に支障を来すことがあります。

メラトニン分泌を良好に保つには
 生活習慣を改善して、メラトニン分泌を良好に保つ方法を教えましょう。


 第一に、部屋を真っ暗にして寝ること。アイマスクを使うといいでしょう。明るい部屋で眠ると、光がまぶたを通過してメラトニン分泌が抑えられてしまいます。

 第二に、夜間のカフェインの摂取を避けること。私は午後6時以降はコーヒーを飲まず、ハーブティーを飲んでいます。

 第三に、寝る前にスマホートフォンを使うのをやめること。スマホ画面の光はエネルギーが大きく、メラトニン分泌を止める作用が強いため、睡眠の質が大きく低下します。

 食べ物からメラトニンを取ることもできます。白菜や(ケールの)青汁、バナナにはメラトニンやその前駆物質が多く含まれています。夕食時や食後に摂取するといいでしょう。また、アンチエイジング診療を実践するクリニックでメラトニンの処方を受けることもできますので、医師に相談してみましょう。

米井嘉一

同志社大学教授

よねい・よしかず 1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。89年に帰国し、日本鋼管病院(川崎市)内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2018年03月
  1. 本土寺のさくら 2018(03/31)
  2. 榎戸公園 伝右川のさくら(03/31)
  3. ユキヤナギ 2018(03/31)
  4. 六義園のしだれ桜(03/30)
  5. 赤花ミツマタ(03/30)
  6. 梅の花 2018(03/26)
  7. 寒緋桜が咲いています(03/24)
  8. 皇居東御苑 Ⅱ(03/20)
  9. 香山リカのココロの万華鏡:人間ならではの医療を (03/11)
  10. 新橋駅周辺ビル群と東京駅(03/06)
  11. 浜離宮恩賜庭園合同撮影会(03/05)
  12. 健康に暮らす百寿者に学ぶ バランス健康術!(03/01)