FC2ブログ


タイトル画像

鎌倉大仏ハイキング 2

2019.05.31(13:32) 1710

鎌倉大仏ハイキングの続きです。

640IMG_5381.jpg
 △ ▽ 長谷寺
640IMG_5308.jpg

640IMG_5315.jpg

     480IMG_5329.jpg

640IMG_5305.jpg

640IMG_5344.jpg

640IMG_5345.jpg

640IMG_5280s.jpg
 △ 煙の木

640IMG_5287.jpg

640IMG_5289.jpg

640IMG_5356.jpg
 △ ▽ 紫陽花は咲き始め
640IMG_5372 (2)
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

鎌倉大仏ハイキング

2019.05.31(12:56) 1709

いきがい大学ハイキングクラブの行事で鎌倉大仏さまに会ってきました。5/23(木)
何年ぶりになるのだろうか。思い出せない。

鎌倉駅に集合し徒歩で長谷寺から鎌倉大仏殿高徳院、由比ヶ浜を散策し鎌倉駅にもどる。
鎌倉駅近くまできたら、もうヘトヘトで鶴岡八幡宮まで行く元気はありませんでした。
駅前でお土産に鳩サブレを買って帰路につく。
約、20,000歩。疲れましたが心地よい疲れです。

640IMG_5217sn.jpg
 △ 午前11時ごろ、ドアに影ができて不思議な模様  モノクローム

640IMG_5260.jpg
 △ 爽やかな色の家

640IMG_5271 (2)
 △ 目立ちます

640IMG_5226.jpg
△ 銭洗弁財天 ここの清水で硬貨やお札を洗うとご利益があると言われている

640IMG_5252.jpg

640IMG_5299.jpg

640IMG_5311.jpg

     480IMG_5317長谷観音
      △ 長谷観音

     480IMG_5367.jpg

640IMG_5350.jpg

640IMG_5421.jpg
 △ 「大仏様は美男でござる」

640IMG_5438.jpg

     480IMG_5443.jpg
       △ 大仏様のご胎内

640IMG_5314.jpg
 △ 異国のお坊さま  自撮り棒を持っていた

640IMG_5332仏足石
 △ 仏足石

640IMG_5468.jpg
 △ 由比ヶ浜

640IMG_5496.jpg
 △ 鎌倉トンビ  手に持っている食べ物を狙ってくる

りんむうフォトダイアリー



いきがい大学校友会 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ブラシの木の花

2019.05.30(07:50) 1708

ブラシの木に花が咲いています。
真っ赤な花で瓶を洗うブラシにそっくりです。
たぶん人間はこの花の形を見て瓶洗いのブラシを思いついたのでしょう。

蒲桃(ふともも)科。オーストラリア原産。
明治中期に渡来。暖地に栽培される。

実は、枝にずらっとついて並ぶ。翌年の花はその上部に咲き、
実は次々と何年も残っていく。
その後もずっと大きくなりつづけ、7~8年は枝についていて発芽能力も持ち続ける。

この木は、乾燥地が原産地のため、極端な乾燥や山火事のときに、
パァーンと実が開いて 中の細かい種子が風に飛んで散布される、という仕組みになっている。
山火事でまっさらな土地になったところにすばやく芽を出して、
その土地一帯の優占種になるのが目的らしい。(ユーカリの木も同じ)。 季節の花300より

640P5277085.jpg

640P5277106.jpg

     480P5277164.jpg

     480P5277130_201905290732393c2.jpg

     480P5277083_20190529073237951.jpg

     480DSC_1514_20190529073236123.jpg

     480DSC_1499_20190529073234433.jpg

640DSC_1541.jpg

ブラシの木

ブラシの木2

ブラシの木3

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

与野公園の薔薇

2019.05.29(07:50) 1707

与野公園の薔薇です。 5/24
名残りのバラでした。
やはり薔薇は花の女王さまです。
部屋の中に薔薇が一輪あるだけでも幸せ気分になります。

640P5246857 - コピーs (2)

640IMG_5536.jpg

640P5246757.jpg

640IMG_5526.jpg

     480P5246806s.jpg

     480P5246772.jpg

640P5246776.jpg

640P5246856 - コピーs

640P5246952レッドデビル
 △ 銘 レッドデビル

与野公園ばら

640P5246997s.jpg
 △ 宴の後

世代交代
 △ 世代交代

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

与野公園ばらまつり

2019.05.28(15:24) 1706

「与野公園ばらまつり」がありました。 5/18(土)
埼京線与野本町駅から歩いて15分ぐらいです。
土曜日のせいかもしれませんが混んでいました。
暑くもなく寒くもない陽気で綺麗な薔薇の花に囲まれ楽しんできました。

64014DSC_1345sハイディクルムローズs
 △ 銘 ハイディクルムローズ

640DSC_1319 ムーンシャドウs
 △ 銘 ムーンシャドウ

640DSC_0890s (2)s

640DSC_0968.jpg
 △ 浦和レッドダイアモンズの公式薔薇

640DSC_1048.jpg

640DSC_1056.jpg

640DSC_1269 (2)

640DSC_1331スーパースターs
 △ 銘 スーパースター

与野ばらまつり
与野公園ばらまつり2
64002DSC_1029s

64005DSC_1224s 私も踊りたい
64008DSC_0994s.jpg

640DSC_1145n読めないよ~

640P5186749.jpg

640P5186739s天祖神社の金の鯉
 △ 天祖神社の金の鯉

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 

2019.05.26(18:24) 1704

 次のような記事がありました。

肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 改善は運動、食事から「医療新世紀」
その他 2019年5月21日 (火)配信共同通信社
 生活習慣病である2型糖尿病は「太った人の病気」とのイメージが強いが、それは間違いらしい。日本を含むアジア人では、痩せた人でも欧米人より発症リスクが高いことが、各国の研究で分かってきた。体重や体格だけでは分からないリスクと、取るべき予防策について専門家に聞いた。

 ▽人種差

 2型糖尿病は進行はゆっくりだが、神経障害や腎臓病、目の網膜症など合併症が起きやすい。脳梗塞や狭心症、心筋梗塞のリスクも高まる。

 2型患者では、膵臓(すいぞう)から出て血糖値を下げるホルモン「インスリン」が不足したり、インスリンは出ているのに血糖値を下げる反応が悪くなる「インスリン抵抗性」が起こったりする。

 インスリン抵抗性は肥満や遺伝、運動不足、高脂肪食などによって高まるが、国立国際医療研究センターの植木浩二郎(うえき・こうじろう)糖尿病研究センター長は「そのメカニズムは複雑で、詳細はよく分かっていない」と言う。

 ただし、植木さんによると欧米人とアジア人で糖尿病発症率の違いが知られている。1960年代に米ハワイ州で白人より日系人の方が発症率が高いことが分かり、米本土の日系2世でも同様の傾向が明らかになった。

 脂肪のたまり方に差があるらしい。植木さんは「欧米人は皮下脂肪が厚いがインスリンの分泌も多く、多少太ってもインスリン抵抗性が低い人が多い。一方、アジア人は普通の体格や痩せた人でも同程度の体格の欧米人より発症リスクが高いとの見方が有力だ」と話す。

 ▽メタボ予備軍

 太っていない人の糖尿病の仕組みを研究している順天堂大代謝内分泌内科・スポートロジーセンターの田村好史(たむら・よしふみ)准教授らは、体格指数(BMI)が25未満である非肥満の日本人男性94人の協力を得て、全身のインスリンの効きを詳細に調べた。インスリンが正常に働けば、血液中の糖は筋肉に取り込まれて急減するが、健康と思われた人にもその働きが悪い人が多数いることが分かった。従来の「肥満によってインスリン抵抗性が表れる」という考え方とは異なる結果だ。

 効きの良い人と比べると、悪い人は「体脂肪率が高め」「皮下脂肪や肝臓の脂肪が多め」に加え「中性脂肪が多め」「脂肪を多く取る」「日常生活の活動量が少なめ」といった特徴が判明。肥満でなくても、メタボリック症候群の予備軍と言える状態になっていた。

 田村さんによると、近年はBMIに加えて、全身で筋肉や脂肪の割合を調べることが、糖尿病リスクを判断する上で重要だと指摘されている。

 ▽目指せ3キロ減量

 「運動不足などで血糖の多くを受け入れる筋肉に脂肪がたまると、インスリン抵抗性が起こる。これが続くと膵臓が酷使され、インスリンの分泌自体が悪くなる悪循環に陥りやすい」。こう話す田村さんは、太っていなくても筋肉に脂肪がたまった人は糖や脂質の代謝異常が起きやすいこと、痩せた女性では、筋肉が少なく脂肪がたまった人ほど高血糖のリスクが高いことなどの研究も発表している。

 植木さんは「親族に糖尿病の人がいるなど遺伝的背景がある人は特に気を付けたい。若い頃と比べて10キロ以上体重が増えた人も要注意」と話す。そういう人は、どう予防したらいいのか。植木さんが推奨するのは「まず3キロの減量を目指す」。若い頃の体重まで戻す必要はないそうだ。

 「皮下脂肪は"定期預金"、肝臓や筋肉の脂肪は"普通預金"です。たまりやすいが、取れやすい」。食事の改善と、日常の活動、運動を組み合わせるのが望ましい。歩数計の利用や、毎朝の体重測定も、やる気を維持するのに有効だという。

640P2143475.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

睡蓮

2019.05.26(18:12) 1705

 睡蓮が咲いています。
蓮(ハス)に似た花。ハスは、葉や花が水面から立ち上がるが、
睡蓮は、葉も花も 水面に浮かんだまま。
(「熱帯睡蓮」は、花が水面から立ち上がります)
花の色はさまざま。

エジプトでは、ナイル川のそばにたくさん咲いていることから
 「ナイルの花嫁」と呼ばれ、国花になっている。
 エジプトの他、インド、タイ、バングラデシュ、の国花。  季節の花300より

カメラはニコン一眼レフ D7200 を使用。

640DSC_1382.jpg

640DSC_1360.jpg

640DSC_1367.jpg

640DSC_1375.jpg

640DSC_1396.jpg

640DSC_1418.jpg

640DSC_1450_201905261800195aa.jpg

640DSC_1470.jpg

640DSC_1400.jpg

640DSC_1378.jpg

 ▽ 以下3枚はコンパクトデジカメ(オリンパスTG5)で撮影。
640P5277014.jpg

640P5277009.jpg

     480P5277025.jpg

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発

2019.05.22(11:17) 1703

次のような記事がありました。

膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発 佐賀県工業大賞
大学 2019年5月21日 (火)配信佐賀新聞
 産業機械メーカーの大神(だいしん)(佐賀市)と佐賀大学が、特許技術を基に共同開発を進めてきた膝関節診断装置が第8回佐賀県工業大賞(県工業連合会主催)最高賞の知事賞を受賞した。屈伸時に軟骨が出すわずかな接触音を基に関節の不具合を数値化する新しい装置で、痛みが出る前に異常の進行具合が分かるなど活用が期待される。今後、医療や健康福祉分野での実用化を目指す。

 大神と佐賀大学の先端融合工学専攻のイスラム・カーン理工学部准教授、人工関節学の井手衆哉医学部准教授が研究を進めてきた。膝の周りに音を測るセンサーをつけて数回屈伸し、発生する音の大きさなどを数値化する。高齢化やスポーツで酷使して軟骨がすり減るなど異常が進むほどに数値が大きくなり、痛みを感じる前の初期段階でも“患者予備軍”が分かる。

 イスラム・カーン准教授は2012年から研究に取り組み、初期型に続き、県中小企業団体中央会の17年度補正ものづくり事業補助を活用して2号機を制作。角度をどれだけ曲げた部分で異常があるかや、センサーを6~8カ所につけて異常箇所を立体的につきとめる研究も進め、MRIやレントゲン画像と一致するまでに精度を上げることができたという。

 膝の診断には数億円のMRIなど高価な機材が必要だが、新技術の装置は1千万円程度で、さらに安価にできる見込み。放射線や電磁波を使わないため妊婦も診断でき、持ち運びして健診会場などでも使える。

 X線診断による膝関節症患者は2400万人といわれ、さらに増加が予想される。今後、医療用機器の認定を目指すと同時に、福祉施設やスポーツクラブなどでの幅広い活用を視野に入れている。大神の吉村正(ただし)社長は「痛みを感じる前に分かり、医療費削減にもつながるなど、社会貢献できるはず」と新技術に期待を寄せる。

640DSC_0971.jpg

りんむうフォトダイアリー



健康 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

エゴの木の花

2019.05.21(16:57) 1702

 エゴの木に花が咲いています。
花期は短く一週間ぐらいです。
白のほかピンクもあります。

640DSC_0667.jpg

640DSC_0735n.jpg

640DSC_0670n (3)

640DSC_0686n.jpg

640DSC_0696.jpg

640DSC_0698.jpg

640DSC_0708_201905211638588c8.jpg

640DSC_0730.jpg

640DSC_0817.jpg

640DSC_0835.jpg

     480P5126298s.jpg

     480DSC_0586 (3)

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

たんぽぽ

2019.05.20(09:00) 1700

誰でも知っているタンポポ。
綿毛(冠毛)の様子を撮影しました。

640P5025690.jpg

640P5035769.jpg

640P5025710 (2)

640P5025700 (2)

640P5025701 (2)

640P5035740.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

薔薇

2019.05.19(19:10) 1701

 ご近所に咲いているバラの花です。

古代から、繁栄と愛の象徴とされた。
ギリシャ時代には、 ビーナスに結びついて、「愛と喜びと美と純潔」を象徴する花とされ、
これが、花嫁が結婚式にバラの花束を持つ風習につながったとされる。

ローマ人は、 一輪のバラを天井につるしてその下でした話は 一切秘密にする、
という約束を守ったので、「バラの下で」という言葉が「秘密に」という意味になって今に残っている。

イギリス王室の紋章である ”チュードル・ローズ”は、王位継承をめぐってランカスター家とヨーク家の間に
起こった「バラ戦争」(14世紀)のあとで両家が結ばれて赤バラと白バラを組み合わせた紋章となったもので、
このバラがイギリスの国花となった。  季節の花300より

     480P5166446.jpg

640IMG_5191.jpg

640IMG_5195.jpg

640P5015577.jpg

640P5055843.jpg

640P5055906.jpg

640P5126227.jpg

640P5166478.jpg

640P5166481.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

小判草

2019.05.19(12:40) 1699

 小判草の実です。
ヨーロッパ原産。稲科。
名前のとおり小判のような実がなる。
金色(茶色?)に輝き、 ユニーク。 季節の花300より

640IMG_5053小判草の若い実
    △ 若い実

640IMG_5085.jpg

640IMG_5087.jpg

640P5106180.jpg

640P5106171.jpg

640P5106203.jpg
640P5106186小判草

640P5106191.jpg
 △ つつじの下草のように植えてありました

640P5106198.jpg

640P5106199.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

いろは紅葉の花と実

2019.05.18(16:26) 1698

 いろは紅葉の花と実が高い木の上で咲いていました。。
花の咲かない木もあるとのこと。
ずーと探していました。
以前、本土寺で撮ったことがあります。
今年も出かけようかなと思っていたら、ご近所に花の咲いている木を見つけました。
5メートル以上の木で 300mm レンズでやっと撮りました。
プロペラ状の花の中に種が入っている。
これとは違った形の花もあるとのこと。

640DSC_0363.jpg

640DSC_0455.jpg

640DSC_0460.jpg

640DSC_0611.jpg

640DSC_0620 (2)

640DSC_0223.jpg

640DSC_0294.jpg

640DSC_0322.jpg

640DSC_0332.jpg

640DSC_0347.jpg

640DSC_0622.jpg

640P5085977s.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

シラー・ペルビアナ開花

2019.05.14(11:25) 1697

シラーが咲いています。 百合科。
いろいろな種類があり、これはペルビアナという種類です。
蕾から徐々に開花していく様子が面白い。

     480P5055903.jpg

     480P5055901.jpg

     480P5085994.jpg

640P5085996.jpg

640P5086006.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

すずらん

2019.05.12(20:56) 1696

鈴蘭が咲いています。
「ドイツスズラン」は、最もポピュラーな鈴蘭。
まさに”鈴”そのもの。名前もそこから。ただし蘭科ではなく、ゆり科。
フィンランドの国花。
とても美しいが有毒。
牛や馬に食べられずに残るため、牧草地に群生していたりする。
実は緑色から赤に変わる。
別名
「君影草」(きみかげそう)「谷間の姫百合」(たにまのひめゆり)。 季節の花300より

     480P5055896.jpg

     480P5055897.jpg

     480P5126251.jpg

     480P5126252.jpg

     480P5126258.jpg

りんむうフォトダイアリー



夏の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

カラー

2019.05.10(16:02) 1695

 カラーが咲きました。
黄色やピンク、オレンジ色もあります。
しかし、白が一番素敵です。

     480P5085924.jpg

     480P5085923.jpg

     480P5085919.jpg

640P5085921.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

白いつつじ

2019.05.09(14:34) 1694

 白いつつじが咲きました。
近くの遊歩道の植え込みにたくさん咲いています。
通学路にもなっています。
連休掛け初日の午前7時30分頃に撮影。

今年の5月連休は10日間と長かったですね。
普段の生活時間が乱れてお疲れモードです。
近くの医院に通院しています。
内服薬を多めに処方してもらったり、いざというときの対応方法を考えたりと気配りが必要。
怪我をしないように普段より気をつけて過ごしました。
ここが若い人との違いです。まあ、平等に年はとるのですが。

640P5015626.jpg

640P5015628.jpg

640DSC_0054.jpg

640DSC_0077.jpg

640DSC_0083.jpg

640DSC_0088.jpg

640DSC_0120.jpg

640DSC_0141.jpg

640DSC_0144.jpg
 △ 多重露光

640P5015648.jpg
 △ おまけ  ピンクのつつじ

640DSC_0048.jpg
 △ ▽ 小学生の登校時間帯と重なる

640DSC_0199_2019051408000089a.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

黄菖蒲が咲きました

2019.05.08(09:00) 1693

 黄菖蒲が咲いています。黄色でとても目立ちます。

黄菖蒲(きしょうぶ)
5月上・中旬頃に咲く。
湿地に生える。花色は黄色。
葉っぱは細長く、縦に筋(突起した脈)がある。

     480P5055811.jpg

     480DSC_0182.jpg

640P5055806.jpg

640DSC_0184.jpg

640DSC_0180.jpg

     480P5055809.jpg

     480DSC_0171.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

クレマチスが咲きました

2019.05.07(21:09) 1692

クレマチスが咲いています。

古くから茶花に使われるなどの和風のイメージと、今風の洋風のイメージの両方をもつ。
花びらの枚数が
6枚のものは 「鉄線」(てっせん)、
8枚のものは「風車」(かざぐるま)と 呼ばれるようだ。 「クレマチス」はこの2つの総称。
「鉄線」は、つるが細くて丈夫で 針金のようであることから。
中国原産。 「風車」は花の形から。日本原産。 季節の花300より

640P5055846.jpg

640P5055851.jpg

640P5055854.jpg

640P5055855.jpg

640P5055856.jpg

640P5055857ハイパス
          △ ▽ 蕾
     480P5055848ハイパス

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ネモフィラが咲いています

2019.05.06(11:05) 1691

 ネモフィラが咲いています。
はぜりそう科。
北アメリカ西部原産。草丈は低い。
4~5月頃、青、白、紫などの色の花が咲く。青い色のものをよく見かける。

640P5055890.jpg

     480P5055880.jpg

     480P5055870.jpg
      △ ▽ このような色の品種もあります

640P5055873.jpg

640P5055887s.jpg

640P5055889s.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

芍薬が咲いています

2019.05.05(07:51) 1690

 芍薬もそろそろ終わりに近づきました。

Paeonia (パエオニア、ペオニア)は、ギリシャ神話の ”医の神”「Paeon」の名に 由来する(ペオンさん)。
「Paeon さん」は、オリンポス山から取ってきた シャクヤクの根によって、黄泉(よみ)の国王 「プルートー」の傷を治した。
シャクヤクは死者の国の王の病も治すほどの万能薬ということで、漢方薬の中でも極めて重要な植物の一つ。

中国原産。
牡丹(ぼたん)とそっくり 牡丹は”樹木”、芍薬は”草”に分けられる。
牡丹が咲き終わるのを待つようにして咲く。

漢名の「芍薬」を音読みして「しゃくやく」。「芍」は味がよい、の意味。

「立てば芍薬、

  座れば牡丹、

   歩く姿は百合の花」

”シャクヤクのように風情があり、牡丹のように華麗で、百合のように清楚”
という、女性の美しさを形容することば。  季節の花300より

640P4285267.jpg

     480P4285262.jpg

     480P4285277.jpg

     480P4285270.jpg

     480IMG_4975.jpg

640P4305348_20190505073237519.jpg

640P4305389.jpg

640P4285302.jpg

640P4305410.jpg

640P4285284.jpg

640P4285266.jpg

640P4305387.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

オダマキが咲きました

2019.05.04(10:45) 1689

「令和」になりました。

オダマキが咲いています。小田巻ともいう。金鳳花(きんぽうげ)科。
別名
 「糸繰草」(いとくりそう)。
花言葉は、「断固として勝つ」(苧環)

「しづやしづ
  賎(しづ)のおだまき
  繰り返し
  昔を今に
  なすよしもがな」
   義経記 静御前       季節の花300より

640P4305464.jpg

640P4305470.jpg

640P4305473.jpg

640P4305438.jpg

 色は青紫色が多いですが、白、ピンク、黄色などがあります。

りんむうフォトダイアリー



未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

藤の花

2019.05.02(18:02) 1687

フジの花が咲いています。
周りをクマバチがブンブン飛び回っています。
写真を撮るどころではないですね。
刺されないとは言われていますが。

日本原産。
紫色の花が、幹の方から先端に向かって咲き進む。
蔓(つる)は他の木などに「右巻き」に巻きつく。
(「山藤(やまふじ)」は「左巻き」に巻きつく)
2mぐらいの長さの蔓になることもある。
蔓はとても強く、古墳時代の巨大な石棺も、木ぞりに載せてこの藤縄で運んだらしい。
季節の花300より

640DSC_9936.jpg

640DSC_9891n.jpg

640DSC_9896 (2)

640DSC_9928.jpg

640DSC_9452.jpg

640DSC_9875.jpg

640DSC_9884.jpg

640DSC_9885.jpg

640DSC_9954.jpg

640DSC_9956s.jpg

640P4224995.jpg

640P4224996.jpg

640DSC_9931.jpg

640DSC_9940.jpg

     480DSC_9935.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

花水木 ピンク

2019.05.02(10:00) 1688

 ピンクの花水木が咲いています。
花水木は白花が多いです。真紅の花水木もあります。

640DSC_0002.jpg

640DSC_0004.jpg

640DSC_0011.jpg

640DSC_0013.jpg

640DSC_9987.jpg

640DSC_0016.jpg

640DSC_9988.jpg

640DSC_0017.jpg

640DSC_9996.jpg

640DSC_9994.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

花水木 2

2019.05.01(15:25) 1686

 花水木が咲いています。

     480DSC_9404.jpg

640P4174980nn.jpg

640P4285248n.jpg

640P4285241.jpg

640P4154944 (2)

640P4134931.jpg

640IMG_4991.jpg

640DSC_9792_20190501152001779.jpg

640DSC_9774.jpg

640IMG_5005.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

花水木

2019.05.01(15:19) 1685

 花水木が咲いています。

北アメリカ原産。水木の仲間で、花が目立つのでこの名前に。
秋につける赤い実と、紅葉も見事。
花水木は、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した御礼として、
1915(大正4)年にアメリカから贈られたのが最初。
その後、全国に普及した。
別名
「アメリカ山法師(やまぼうし)」。
アメリカから渡来したときに、日本の山法師に似ているのでとりあえずこの名前がつけられた。季節の花300より

640DSC_9801.jpg

640DSC_9778.jpg

640DSC_9776.jpg

640DSC_9400.jpg

640DSC_9386.jpg

640P4154951 (2)

640P4134938s.jpg

640P4134929.jpg

640P4134902.jpg

640IMG_5012.jpg

640P4154978 (2)

640P4285221.jpg

640P4174979n.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

芽吹きの季節

2019.05.01(14:42) 1684

 芽吹きの季節です。
個人が管理している場所で山菜が芽を出しています。 4/30
力強い感じがします。

640P4285339.jpg

     480P4285335.jpg

     480P4285340.jpg

     480P4285322.jpg

     480P4285331.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2019年05月
  1. 鎌倉大仏ハイキング 2(05/31)
  2. 鎌倉大仏ハイキング(05/31)
  3. ブラシの木の花(05/30)
  4. 与野公園の薔薇(05/29)
  5. 与野公園ばらまつり(05/28)
  6. 肥満でない糖尿病に注意 肝臓、筋肉の脂肪が影響 (05/26)
  7. 睡蓮(05/26)
  8. 膝関節診断装置に最高賞 軟骨の音で異常数値化 大神と佐大が共同開発(05/22)
  9. エゴの木の花(05/21)
  10. たんぽぽ(05/20)
  11. 薔薇(05/19)
  12. 小判草(05/19)
  13. いろは紅葉の花と実(05/18)
  14. シラー・ペルビアナ開花(05/14)
  15. すずらん(05/12)
  16. カラー(05/10)
  17. 白いつつじ(05/09)
  18. 黄菖蒲が咲きました(05/08)
  19. クレマチスが咲きました(05/07)
  20. ネモフィラが咲いています(05/06)
  21. 芍薬が咲いています(05/05)
  22. オダマキが咲きました(05/04)
  23. 藤の花(05/02)
  24. 花水木 ピンク(05/02)
  25. 花水木 2(05/01)
  26. 花水木(05/01)
  27. 芽吹きの季節(05/01)