FC2ブログ


タイトル画像

薔薇

2019.05.19(19:10) 1701

 ご近所に咲いているバラの花です。

古代から、繁栄と愛の象徴とされた。
ギリシャ時代には、 ビーナスに結びついて、「愛と喜びと美と純潔」を象徴する花とされ、
これが、花嫁が結婚式にバラの花束を持つ風習につながったとされる。

ローマ人は、 一輪のバラを天井につるしてその下でした話は 一切秘密にする、
という約束を守ったので、「バラの下で」という言葉が「秘密に」という意味になって今に残っている。

イギリス王室の紋章である ”チュードル・ローズ”は、王位継承をめぐってランカスター家とヨーク家の間に
起こった「バラ戦争」(14世紀)のあとで両家が結ばれて赤バラと白バラを組み合わせた紋章となったもので、
このバラがイギリスの国花となった。  季節の花300より

     480P5166446.jpg

640IMG_5191.jpg

640IMG_5195.jpg

640P5015577.jpg

640P5055843.jpg

640P5055906.jpg

640P5126227.jpg

640P5166478.jpg

640P5166481.jpg
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

小判草

2019.05.19(12:40) 1699

 小判草の実です。
ヨーロッパ原産。稲科。
名前のとおり小判のような実がなる。
金色(茶色?)に輝き、 ユニーク。 季節の花300より

640IMG_5053小判草の若い実
    △ 若い実

640IMG_5085.jpg

640IMG_5087.jpg

640P5106180.jpg

640P5106171.jpg

640P5106203.jpg
640P5106186小判草

640P5106191.jpg
 △ つつじの下草のように植えてありました

640P5106198.jpg

640P5106199.jpg

りんむうフォトダイアリー



春の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2019年05月19日
  1. 薔薇(05/19)
  2. 小判草(05/19)