FC2ブログ


タイトル画像

白飛び写真の調整方法 Elements13使用

2015.09.07(22:10) 1041

せっかく撮った写真をPCで確認したら「白飛びしてた~」ということがありますよね。
これでは印刷ができません。
PhotoshopElements6以降なら調整できます。お試しください。
ここでは Elements13を使っています。

使うサンプル画像はこちらです。

     640白飛び前後
                        白飛びが改善されています

エレメンツを開く。「エキスパート」を使います。古いバージョンでは「編集」になっています。
     WS000004sirootbi (4)sirotobi

調整する画像をウィンドウに表示させてください。
編集メニューバーにある「画質調整」→「ライティング」→「シャドウ・ハイライト」を選択します。すると、「シャドウ・ハイライト」のダイアログが開きます。

「プレビュー」にチェックを入れた状態で、「シャドウを明るく」を「0%」、「ハイライトを暗く」を「60%」にします。(量はご自分で調節してください)これで、白飛びをした花の部分にある程度の濃度が付きます。
「プレビュー」のチェックを外すと補正前の写真を確認できますので、効果を確認して、それで良ければ「OK」をクリックします。
最後にメニューバーの「ファイル」→「別名で保存」を選択し、ファイル名を入力して「保存」ボタンを押してください。

     WS000004sirootbi (5sirotobi)

部分的に白飛びをしている場合は、その部分を範囲選択してから白飛びの調整をしてください。
白飛び写真の調整方法 範囲選択をする場合


知って得するテクニック
白飛びしている部分に濃度を加えようと思っても、できない場合があります。その判断基準をご紹介しておきます。
編集メニューバーの「ウィンドウ」→「情報」を選択すると、「情報」のダイアログが表示されます。白い花部分にポインタを置くと情報のR、G、Bにそれぞれ数値が表示されます。この数値が「250」以上になっていたら、濃度を加えることができません。その場合は補正をあきらめてください。

     WS000004sirootbi (1)


参考にした記事
白飛びを補正する
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



画像加工 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<見沼代用水西縁散策 | ホームへ | 終のすみか 養老孟司さん>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する