FC2ブログ


タイトル画像

富士山宝永火口ハイキング 

2016.08.03(15:03) 1188

いきがい大学蕨学園18期校友会ハイキングクラブで、富士山宝永火口に行ってきました。 7/28(木)
五合目の駐車場にバスで着いた時は霧で何も見えません。
濃霧の中、準備体操をしてから出発。
ひたすら黙々と歩きます。
やはり、最初の5分間は息苦しくゆっくりペースで歩きました。
霧があり身体も濡れます。写真を撮る気も失せました。

火口底で昼食。
暫くして「何も撮らないより標識でも撮っておきましょう…」と思い、カメラを取り出していると急に霧が晴れました。
雄大な景色に驚きました。
「え~、今までこんな素晴らしいところに居たんだ~」山のお天気は急変するといいますがびっくりです。
写真をたくさん撮りました。ついでに動画も。
霧の流れが面白かった。

帰りの五合目駐車場に下山したのは15時30分。
酸素不足にもならず無事下山する事が出来ました。
ハイキングクラブの皆さんとガイドさんのおかげです。お世話になりました。

歩数は約10,000歩。思ったより少ない歩数です。
下山の時、瓦礫をすり足で歩いたせいかもしれません。
次の日の疲れも少なかったです。
ただ、いつもとは違う場所に力を入れたせいか、膝の裏の傷みがありました。

憧れの富士山宝永火口に行くことができて幸せ。 \(^o^)/

640IMG_0404ssかすみ
      △ 宝永山を望む


   
640IMG_0321.jpg
     △ ここから登山開始

640IMG_0419 (2)

640IMG_0357ss.jpg

640IMG_0378s.jpg

640IMG_0448s.jpg

640IMG_0453 (2)

640IMG_0457s.jpg

640IMG_0478s (2)s

宝永火口1

640IMG_0469 オンタデ(2)
      △ オンタデが元気に咲いています

640IMG_0471 (2)

宝永火口2

宝永火口3
    
640IMG_0512 (2)
     △ 親子連れの鹿がいたとの情報あり

480IMG_0500 (2)
     △ 樹林帯を下山中

640IMG_0525 (2)
△ 荷物運び用ブルドーザー  ブル道をベテラン運転手が走るとのこと

480IMG_0536.jpg
△ 持ち帰った空のペットボトルが気圧の関係で凹んでいました
スポンサーサイト



りんむうフォトダイアリー



<<写真クラブ展示会 2016 | ホームへ | 富士山宝永火口ハイキング 霧の動きのYoutube>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する