FC2ブログ


タイトル画像

化粧の効用心にも

2011.08.25(17:18) 491

次のような記事がありました。「なるほど」です。

アンチエイジング 化粧の効用心にも  2011年8月23日 提供:読売新聞

「メークボランティアです。お化粧していきませんか」。
宮城県石巻市の避難所。かづきれいこさんが、女性たちに声をかけた。
かづきさんは、やけどや傷痕などをカバーする「リハビリメーク」で知られる化粧の専門家。
70代の女性が声に誘われてイスに座った。クリーム、ファンデーション、おしろい、口紅……。
かづきさんたちが手際良く化粧を施す。

様々な年代の女性たちから「いらいらがおさまった」
「心も体も疲れ切っていたのに、気分が楽になった」などの言葉がもれた。
不思議に感じた。皆、口紅をつけたとたんにかわいらしくなる。空気も華やぐ。
年齢は関係ない。お化粧の効用、確かにあるようだ。

石巻市への化粧ボランティアの前に、かづきさんの話を聞いた。年を取ることを、こう表現した。
「鏡を見て、今日はきれいだな、と思う日が若い時には週4日あった。
でも50代になると2週間に1回ぐらい。
きれいだと思う回数が減っていくのが、年を取るということなんです」

だからと言って放置してはいけないという。
「化粧をすると気持ちがしゃんとする。人に会おうっていう気になる。
それが女性を若々しくするんです」

私もかづきさんにお化粧をしてもらった。印象的だったのは、化粧前の「土台」作り。
顔をマッサージして引き締め、肌のツヤを良くする。年齢とともに、この土台作りが重要になる。
粘土をぺたぺたと形作るように、かづきさんは手のひらで私の顔をマッサージした。
ちょっと痛かったが、出来上がった顔は、普段よりすっきりしているように感じられた。

石巻市の避難所の話に戻る。
被災地ボランティアはこの日で3回目。これからも続けるつもりだ。
「化粧?」と、けげんな顔もされるが、終わった時に、皆笑顔になるのがうれしい。

ウエブフェードすすき
パンパスグラス
スポンサーサイト

りんむうフォトダイアリー



身辺雑感 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<芙蓉 | ホームへ | 風船葛>>
コメント
りんむうさん
化粧ボランティアをされているのですか?かづきれいこさんの化粧に随分前に興味を持ち何回か池袋の東武デパートで彼女の化粧品を買っていました。
りんぱマッサージだったかしら?
本当に(^◇^)が活き活きしてくるのよね。今度教えて下さい。
【2011/08/31 16:53】 | cyaia #gYE3XcXo | [edit]
cyaia さん、コメントをありがとう。
「かづきれいこさん」は、傷跡修復化粧を実施されているので、1年ぐらい前に知りました。
習ったわけではありません。
ボランティアもやっていません。
この記事は新聞からのコピー&ペーストです。
手抜きをしないで顔のマッサージをやっていこうと思います。
【2011/09/01 23:12】 | りんむう #834Ul4QE | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する